IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中村憲剛、復活への道
中村憲剛、39歳。試練と向き合う男に密着
前十字靭帯損傷をいかに乗り越えるか

あのプレーは今も後悔はしていない

19年11月2日の広島戦、後半18分に相手選手と接触した中村は負傷。それでも、そのときのプレーに後悔はない
19年11月2日の広島戦、後半18分に相手選手と接触した中村は負傷。それでも、そのときのプレーに後悔はない【(C)Suguru Ohori】

 左膝の前十字靭帯を損傷したのは、39歳になって初めて迎えた試合だった。


 19年11月2日、J1第30節。前半21分に田中碧のゴールで先制した川崎は、1-0のリードを保持して後半に臨んでいた。1点を追う広島は当然ながら反撃に出てくる。川崎は押し込まれる状況が続いていた。トップ下としてゲームメークを担う中村としては、その流れを断ち切り、さらには試合を決める2点目、3点目を奪いたいという考えがあった。


「試合は1-0でリードしていましたけど、あの日、個人の調子としては良くはなかったんです。正直、ミスも多かった。だから、自分としては、守備でチームを助けようという思いが働いたんだと思います」


 攻撃で貢献できないのであれば、守備で尽力する。17年にJ1初優勝、18年にJ1連覇を経験する中で、中村が身につけたひとつの指針でもあった。


「そのときの自分がやれることをやる。攻撃がうまくいかないのであれば、まず守備でリズムを取り、そして攻撃もいいリズムにしていく、というのは、今に始まったことではなく、ここ2年くらいでやってきたことでもあったんです。だから、あのときも、自分のリズムが悪いのであれば、守備から入ろうと思っていたんです」


 だから、中村は言う。


「あのプレー自体は今も、全く後悔はしていない」

何度も、何度もバツ印を出した

ピッチに崩れ落ちた中村は、自らすぐにバツ印を出した。そして担架で運ばれると、そのままピッチを後にした
ピッチに崩れ落ちた中村は、自らすぐにバツ印を出した。そして担架で運ばれると、そのままピッチを後にした【(C)J.LEAGUE PHOTOS】

 後半18分だった。後方からボールをつなぐ広島がボランチに縦パスを入れようとしているのを察知した中村は、猛然とプレスをかける。高い位置でマイボールにすることができれば、流れを変えるどころか好機になる。


 ただ、ボールを受けた相手が前を向こうと振り返った瞬間で、周りが見えていなかったこともあり、タイミングが悪かった。


 前を向こうとした相手と、ボールを奪いに行こうとした中村の膝が接触した。


「当たった瞬間、めちゃめちゃ痛かったんです」


 そのまま左膝を抱えるようにして中村はピッチに崩れ落ちた。


「音がしたんです。ボキボキか、ボコッみたいな感じの。とにかくものすごい音が自分の中に聞こえたんです」


 数年前にも足首を捻挫した経験があり、そのときに聞いた音に近かった。むしろ、体感した音量はそれ以上だった。


「やった瞬間に、これは無理だなって分かりました」


 すぐさまベンチに向かってバツ印を出した。すでに痛みを伴っていたため、必死で自分の腕をたたいてバツ印を表現しようとした。だから、何度も、何度も腕をたたいた。


 スタンドから見ていた妻・加奈子さんは肩をたたいているように見えたため、最初は肩が外れたのではないかと思ったと言う。


「最初はバツ印を出しているとは思っていなかったから、肩を打ったのかなと思ったんですよね。でも、その後もうずくまっている姿を見て、これはただごとじゃないなと思い直しました。あの角度で接触したから、もしかしたら膝かなって……」


 ピッチに倒れ込んでいた本人もまた、接触したときに、一瞬だがあり得ない方向に曲がった膝と、聞いたこともない大きな音に、軽症ではないことを悟っていた。


「痛かったこともあって、それくらいしかピッチでのことは覚えていないんですよね」


 運び込まれた担架に乗ると、中村はロッカールームへと運ばれていった。

中村憲剛(なかむら・けんご)

1980年10月31日生まれ。東京都小平市出身。川崎フロンターレ所属。MF/背番号14。175センチ/66キロ。川崎一筋でプレーし、2020年で在籍18年目を迎える。中央大学を卒業した03年に当時J2だった川崎に加入。ゲームメーカーとして台頭すると、クラブの成長をともに歩む。16年にはJリーグ最優秀選手賞(MVP)に輝き、17年にはJ1初優勝、18年にはJ1連覇を達成。19年はルヴァンカップ優勝に貢献するも、11月2日、J1第30節のサンフレッチェ広島戦で負傷。左膝前十字靭帯損傷のケガを負い、現在、復帰に向けてリハビリに励んでいる。

原田大輔

1977年、東京都生まれ。『ワールドサッカーグラフィック』の編集長を務めた後、2008年に独立。編集プロダクション「SCエディトリアル」を立ち上げ、書籍・雑誌の編集・執筆を行っている。ぴあ刊行の『FOOTBALL PEOPLE』シリーズやTAC出版刊行の『ワールドカップ観戦ガイド完全版』などを監修。Jリーグの取材も精力的に行っており、各クラブのオフィシャルメディアをはじめ、さまざまな媒体に記事を寄稿している。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント