IDでもっと便利に新規取得

ログイン

全ての部門で選ばれた唯一のピッチャーは?
プロ野球部門別ランキング・投手総集編

 スポーツナビが実施している「ファンが選ぶ! プロ野球・部門別ランキング」企画。各部門でナンバーワンだと思う選手を、ユーザーの皆様に投票してもらい、その結果を発表してきた。投打の全部門の結果が出そろった中で、改めてその数と理由を振り返りたい。

藤川の「火の玉ストレート」は健在

39歳でも「火の玉ストレート」は健在。藤川は今季、全盛期並みのパフォーマンスと成績を残した
39歳でも「火の玉ストレート」は健在。藤川は今季、全盛期並みのパフォーマンスと成績を残した【写真は共同】

 投手編の最初は「スピードボール部門」。いつの時代も、速いボールを投げるピッチャーは周囲から畏敬の念を持たれる。過去を振り返っても、幾多の大投手たちが自慢のスピードボールで打者をねじ伏せている。


 そして今回、全体の39.78%(4214票)を獲得して最も多くの支持を集めたのが、日本一に大きく貢献した鷹のエース、千賀滉大(福岡ソフトバンク)だった。高校入学当初は120キロ台だった球速を3年間で144キロまでアップさせると、育成契約だったプロ1年目に基礎体力を鍛え直して152キロまで伸ばした。その後も鍛錬を積み、今季開幕戦では1投目、2投目と連続で自己最速となる161キロをたたき出した。“お化けフォーク”が代名詞ではあるが、それが生きるのもこのストレートがあってこそだ。


 2位には全体の15.07%(1596票)を集めた山本由伸(オリックス)が入った。高校時代に最速151キロを計測してプロ入り。身長178センチと決して大柄ではないが、スピードボールを投げることに関しては天賦の才を持つ。2018年に157キロ、そして今年のプレミア12では自己最速の158キロを計測した。150キロを超えるカットボールをストレートだと間違われることも多いが、真っすぐはさらに速く、160キロ台も目前。まだ21歳というから末恐ろしい。


 3位以下では助っ人外国人が中心で、エスコバー(横浜DeNA)、甲斐野央(福岡ソフトバンク)、ロドリゲス(中日)、フランスア(広島)、デラロサ(巨人)と続いた。敬意を送るべきは、8位にランクインした藤川球児(阪神)。今年の7月で39歳となったが「火の玉ストレート」に対するファンの支持はまだまだ厚い。

プレミア12でも輝いた「宝刀」ツーシーム

山崎はプレミア12でも守護神として活躍し、優勝投手となった
山崎はプレミア12でも守護神として活躍し、優勝投手となった【写真は共同】

 続いて、「変化球部門」はどうなったか。変化球の種類の多さも相まって支持が分かれたが、虎の中継ぎエースとして活躍したジョンソン(阪神)のパワーカーブが接戦を制して1位となった。身長188センチから投げ下ろされる、130キロ台のスピードで独特の曲がり方をするウイニングショットが、全体の14.35%(1062票)を集めた。成績的にも、コンディション不良で1カ月近くの離脱がありながらも58試合で40ホールド、防御率1.38をマーク。来季も甲子園のマウンドで見てみたいだけに、残留交渉が長期化しているのはファンも非常に気がかりだろう。


 53票差で惜しくも2位となったのは、山崎康晃(DeNA)の宝刀ツーシーム。世界一となったプレミア12でも威力を発揮した。さらに、千賀と山本の高速カットボールが支持率10%超えで上位にランクイン。千賀はフォークでも8位に入っている。その他、山岡泰輔(オリックス)のスライダーや今永昇太(DeNA)のチェンジアップ、山口俊(巨人)のフォークと、いずれも今季の戦いの中で打者から何度も空振りを奪った勝負球が選ばれた。

ベースボール・タイムズ
ベースボール・タイムズ

プロ野球の”いま”を伝える野球専門誌。年4回『季刊ベースボール・タイムズ』を発行し、現在は『vol.41 2019冬号』が絶賛発売中。毎年2月に増刊号として発行される選手名鑑『プロ野球プレイヤーズファイル』も好評。今年もさらにスケールアップした内容で発行を予定している。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント