プレミア12、韓国代表の現状は?
世代交代が進み始め、東京五輪つかむ

アプリ限定

日本が決勝で対戦する韓国。15日のメキシコ戦で勝利し、東京五輪出場権をつかんだ
日本が決勝で対戦する韓国。15日のメキシコ戦で勝利し、東京五輪出場権をつかんだ【写真提供:WBSC】

 今月初旬から始まった野球の国際大会「プレミア12」。初代王者の韓国は第2回となる今大会で、オープニングラウンドのグループCを3連勝で突破。スーパーラウンドでも初戦のアメリカ戦に快勝し、順調に進んでいくかに見えた。


 しかし、12日に行われた台湾戦に0対7で完敗。厳しい状況となったが、15日の試合で台湾がアメリカに敗れ、韓国はメキシコに勝利し決勝進出が決定した。日本とは当初から予定されていた16日の対戦に続き、17日に決勝戦でも顔を合わせることになった。


 また韓国はアジア・オセアニア地区で台湾、オーストラリアよりも上位となり、東京五輪への出場権を獲得している。

二大エースの一角が日本との決勝登板へ

韓国の二大エースの一角、梁ヒョン種。メガネがトレードマークの左腕だ
韓国の二大エースの一角、梁ヒョン種。メガネがトレードマークの左腕だ【ゲッティ=共同】

 この数年の韓国は代表選手の世代交代がなかなか進まなかった。しかし今回のメンバーは4年前の前回大会、日本との準決勝で決勝打を放った李大浩(イ・デホ/元福岡ソフトバンクほか)らの世代から、後輩たちへとスムーズに移行している。今大会ではその世代の主力選手が故障なく代表入りし、現時点でのベストメンバーで構成された。

 今回の韓国代表の特徴として球界の二大エース、梁ヒョン種(ヤン・ヒョンジョン/KIA)と金廣鉉(キム・グァンヒョン/SK)がともに代表入りしたことがある。

室井昌也
室井昌也

1972年、東京生まれ。韓国プロ野球の伝え手として、2004年から著書『韓国プロ野球観戦ガイド&選手名鑑』を毎年発行。韓国では2006年からスポーツ朝鮮のコラムニストとして韓国語でコラムを担当し、その他、取材成果や韓国球界とのつながりはメディアや日本の球団などでも反映されている。ストライク・ゾーン取締役社長。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント