鷹詞〜たかことば〜
リベンジのCSだ! 2年連続の逆転日本Sへ
ソフトバンクの鍵はブルペンと“熱男”

「1対0」が多かった対楽天

2位でペナントレースの順位が確定したソフトバンク。まだ3連連続日本一の旅路へ、道が閉じたわけではない。逆転の日本シリーズ進出へ、楽天とのCSファーストステージに挑む
2位でペナントレースの順位が確定したソフトバンク。まだ3連連続日本一の旅路へ、道が閉じたわけではない。逆転の日本シリーズ進出へ、楽天とのCSファーストステージに挑む【写真は共同】

 福岡ソフトバンク球団初となる3年連続日本一への旅路。タカは再び翼を広げて、高々と飛翔する。


 まずは10月5日に開幕する「2019 パーソル クライマックスシリーズ ファーストステージ」だ。対戦相手は東北楽天に決まった。今季レギュラーシーズンでの対戦成績は13勝12敗とほぼ互角。しかも、全25戦を振り返ると1点差ゲームが11度もあった。

 5月3日のヤフオクドームでの12対11という大乱打戦(延長12回にデスパイネがサヨナラ打を放ちソフトバンクの勝利)もあったが、特筆すべきは「1対0」が3試合もあったという点だ。


 今季のプロ野球公式戦全体の試合結果を調べ直すと、「1対0」のゲームは14試合あった。同一カードで3つというのはこのソフトバンク対楽天のみ。また、ソフトバンクは今カードを含めて5試合(3勝2敗)、楽天はさらに上回る6試合(2勝4敗)があった。


 そして両チーム直接対決の「1対0」ゲームはソフトバンクの2勝1敗。工藤公康監督が常々掲げる「1点を確実に取って、無駄な失点を減らす」野球がいかに体現できるか。千賀滉大や高橋礼、復調により頼れる存在となったバンデンハークといった先発陣への期待はもちろんだが、守護神の森唯斗を中心にモイネロ、甲斐野央、高橋純平といったリリーフ陣につないで守りきるのがソフトバンクの必勝パターンだけに、ブルペンの出来がファーストステージのカギを握るのではなかろうか。

投手の注目は?

ルーキーながら65試合に登板した甲斐野。CS開幕までの期間で疲労を回復させたい
ルーキーながら65試合に登板した甲斐野。CS開幕までの期間で疲労を回復させたい【写真は共同】

 特に甲斐野には注目したい。新人ながら65試合に登板。これは球団の大卒新人記録だ。28ホールドポイントを挙げて、必勝パターンに欠かせない存在となった。しかし、9月は勢いが失速。月間防御率8.68と苦しい投球が続いている。しかも大事な試合で抑えられなかった。


「気持ちの切り替えはできています」


 周りの先輩たちからも気にかけてもらえる“いじられキャラ”で、そのサポートにも感謝をしているという。体力面の不安は、シーズン閉幕からCS開幕までの空白期間がプラスに働くはず。


 リベンジ投球だ。


 振り返れば、昨年のCSファーストステージでは涙のリベンジがあった。セットアッパーの加治屋蓮が第2戦の同点8回に北海道日本ハムの大田泰示、近藤健介に痛打を浴びて敗戦を喫した。だが、続く第3戦で同じような場面を任されると、再び大田、近藤と対峙(たいじ)して見事に抑え、ベンチに戻るときに堪えきれずに泣いたのだった。


 一投一打が天国と地獄を左右する超短期決戦。それがCSだ。一瞬に心揺さぶられるシーンが生まれる戦いに、チームもファンも心を熱くする。

田尻耕太郎
田尻耕太郎

 1978年8月18日生まれ。熊本県出身。法政大学在学時に「スポーツ法政新聞」に所属しマスコミの世界を志す。2002年卒業と同時に、オフィシャル球団誌『月刊ホークス』の編集記者に。2004年8月独立。その後もホークスを中心に九州・福岡を拠点に活動し、『週刊ベースボール』(ベースボールマガジン社)『週刊現代』(講談社)『スポルティーバ』(集英社)などのメディア媒体に寄稿するほか、福岡ソフトバンクホークス・オフィシャルメディアともライター契約している。2011年に川崎宗則選手のホークス時代の軌跡をつづった『チェ スト〜Kawasaki Style Best』を出版。また、毎年1月には多くのプロ野球選手、ソフトボールの上野由岐子投手、格闘家、ゴルファーらが参加する自主トレのサポートをライフワークで行っている。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント