IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ラグビー日本代表に勢いを与えた2人のFW
データで振り返るW杯・ロシア戦

ラピースが見せた2つのビッグプレー

「ラピース」ことラブスカフニの独走トライは日本代表に勇気を与えた
「ラピース」ことラブスカフニの独走トライは日本代表に勇気を与えた【Photo by Yuka SHIGA】

 続いて、ラピースを見ていこう。なおこの試合で80分試合に出たFWはLOジェームス・ムーア、姫野、そしてラピースの3人であり、個人的に選ぶのであればラピースがMOMである。


 ラピースは豊富な運動量とタックル、ジャッカル(タックルで倒れた相手からボールを奪う)で、スーパーラグビーで56試合(うちサンウルブズ7試合)に出場経験のある、結果を残してきたフランカーだ。2013年11月には南アフリカ代表の欧州遠征メンバーに選出されたが、試合出場は叶わなかった。そして、クボタスピアーズでプレーするために来日し、2年前にジェイミー・ジョセフHCから「日本代表になれる可能性がある」と聞かされ、今年6月に日本代表資格を得た。


 日本代表として試合に出る前にリーダーのひとりに任命され、今春、特別編成チーム「ウルフパック」ではキャプテンを務めるほど、ジョセフHCの信頼の厚い選手のひとりで、合宿ではLOムーアと一緒にローマ字で「君が代」を練習し、今では大声で歌う。


 そんなラピースは、この試合2つのビッグプレーを見せた。1つ目は、もちろん5点リードで迎えた後半7分のこと。ラピースは前に出て、相手のボールを強奪し、そのまま55メートルを走り切ってトライを挙げた。「トライができて、とてもうれしいです! ボールを取った後、ゴールラインが見えた。最後まで走り切れました」(ラピース)


 もう1つは、後半16分、相手FWに自陣ゴール前に押し込まれた時にジャッカルを決めて、相手のペナルティを誘ったプレーだ。この2つのラピースのプレーがなければ、日本代表はもっと苦戦し、ボーナスポイントを得ることもできなかったかもしれない。

数字が物語るラピースの仕事量

ラブスカフニ(中央下)はタックルや密集戦など目立ちにくいところでも貢献していた
ラブスカフニ(中央下)はタックルや密集戦など目立ちにくいところでも貢献していた【Photo by Yuka SHIGA】

 ラピースはディフェンス面でのチームに対する貢献も大きかった。タックル回数はHO堀江翔太と同じ20回でチームトップの数字(ミスは1回のためタックル成功率は92.5%)だ。ブレイクダウン(タックル後のボール争奪戦)に参加した回数もLOムーア(29回)、PR稲垣啓太(27回)に次いで26回でチーム3位。相手のラックにも8回入っている。またクリーンアウト(ラックでジャッカルに来る相手をはがすプレー)はダントツの21回。


 ラピースはトライ、ジャッカルと派手なプレーだけでなく、見えないところでも80分間、働き続けていたことがわかる。しかも、TMOの末にトライは認められなかったが、前半25分に松島へラストパスを通したのもラピースだった。


 試合前日、ジョセフHCからニュージーランドのマオリ族に伝わる、強さ、勇気の象徴である斧の形を模した「グリーンストーン」と、全員の名前が入ったジャージが渡されたという。「特別な夜だったし、特別なものをもらいました。『ワンチーム』の象徴だし、このチームでプレーできて感謝しています」(ラピース)


 開幕戦で勝ち点5を獲得したラグビー日本代表は、9月28日、予選プールの2試合目で、現在、世界ランキング1位のアイルランド代表と対戦する。大きな壁だが、壁が高ければ高いほど姫野、ラピースの2人は闘志を燃やすはずだ。2人がロシア代表戦を超えるようなパフォーマンスを見せれば、きっと勝機を見いだせるはずだ。

斉藤健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーとサッカーを中心に執筆。エディー・ジャパンのテストマッチ全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」、「高校生スポーツ」の記者も務める。 学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「世界最強のゴールキーパー論」(出版芸術社)、「ラグビー「観戦力」が高まる」(東邦出版)、「田中史朗と堀江翔太が日本代表に欠かせない本当の理由」(ガイドワークス)、「ラグビーは頭脳が9割」(東邦出版)、「エディー・ジョーンズ4年間の軌跡―」(ベースボール・マガジン社)など著書多数。最新刊は「高校ラグビーは頭脳が9割」(東邦出版/2017年11月刊)。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント