IDでもっと便利に新規取得

ログイン

獲ったら負け(?)のネイマール争奪戦
バルサとマドリーの「引けない事情」とは

アプリ限定

「パリSG残留」という選択肢は、もはやネイマールには残されていないようだ。バルサ復帰か、マドリーへの移籍か。夏の移籍マーケット終盤戦を盛り上げるホットな話題だ
「パリSG残留」という選択肢は、もはやネイマールには残されていないようだ。バルサ復帰か、マドリーへの移籍か。夏の移籍マーケット終盤戦を盛り上げるホットな話題だ【Getty Images】

 もはやネイマールのパリ・サンジェルマン退団は確定的で、その受け入れ先はスペインのビッグ2に絞られたと言われる。事態は刻一刻と変化し、予断を許さないが、しかしそもそも両クラブにとって、最近は故障と問題行動ばかりが目に付くネイマールを獲得するメリットはあるのだろうか。バルセロナとレアル・マドリーの番記者が、対談形式でそれぞれの「引けない事情」を明かしてくれた。

プレシーズンの低調で方針を転換

ミゲル・アンヘル・ディアス(以下M・A・ディアス):そもそもの疑問なんだけど、あれだけの騒動を巻き起こし、しかもボーナスの未払いでクラブを訴えまでして出て行ったネイマールを、いったいなぜバルサは復帰させたいんだい? バルサのオピニオンリーダーであるリコに、きちんとした説明が聞きたいね(笑)。


ミゲル・リコ(以下リコ):昨今のフットボール界において、選手というのは善悪を超越した存在になっている。特にバルサに在籍するようなトッププレーヤーはね。個人的には、ネイマールの復帰はマイナスの側面のほうが大きいと思っているよ。けれど、あれだけの選手が帰ってくるってことは、チームにとってはやはり歓迎すべきことなんだ。2年前、我を通して出て行ったネイマールが、今こうして再び我を通してバルサに戻りたがっている。その事実が重要なのさ。だけどミゲリート(M・A・ディアスの愛称)、マドリーだってとやかく言える立場じゃないだろ? 「ネイマールは必要ない」という当初のスタンスを翻して、横やりを入れてきたわけだから。


M・A・ディアス:状況が変わったのさ。数カ月前の時点では、ネイマールはこの夏にパリ・サンジェルマンを出て行かないと踏んでいた。そして、新シーズンのラ・リーガ開幕を迎えるこの時期には、ジネディーヌ・ジダン監督に全権を託した大型補強の成果が徐々に表れ、チーム状態は上向いているとの確信もあったんだ。


リコ:ところが、その目論見に狂いが生じた?


M・A・ディアス:ああ。プレシーズンマッチで彼らが見せたパフォーマンスは、低迷を極めた昨シーズンまでとなんら代わり映えがしなかった。そうして、チームに対する不安や疑問の声がにわかに大きくなりつつあった時、降って沸いたようにネイマールを獲得するチャンスが到来したんだ。低空飛行を続けるチームにとって、間違いなくカンフル剤となりうるビッグネームで、実際、一部では待望論も叫ばれている。ただ、故障がちな体質やスキャンダルにまみれたプライベートなど、ネイマール自身と彼を取り巻く状況は、なにひとつ変わっていない。そもそも、それが当初、ネイマール獲得を見送るとの結論に至った理由でもあるわけだからね。はたしてジダンが諸手を上げて歓迎するかと言えば、大いに疑問だよ。

ミゲル・リコ&ミゲル・アンヘル・ディアス

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント