プレミア「ビッグ6」の“勝ち組”は?
英国人記者が厳しくジャッジ

アプリ限定

それまでほとんど動きのなかったアーセナルが、8月に入って立て続けに大きな取引を成立させた。移籍期限最終日には、ライバルのチェルシーからD・ルイスを引き抜いて驚きを提供
それまでほとんど動きのなかったアーセナルが、8月に入って立て続けに大きな取引を成立させた。移籍期限最終日には、ライバルのチェルシーからD・ルイスを引き抜いて驚きを提供【Getty Images】

 プレミアリーグの移籍マーケットがリーグの開幕に合わせて、他の主要リーグより一足早く8月8日にクローズした。覇権やチャンピオンズリーグ出場権を争ういわゆる「ビッグ6」は、それぞれどんな夏を過ごしたのか。狙った選手を獲得できたかどうかはもちろん、余剰戦力の整理、取引価格の妥当性といった側面にも目を向け、リーグに精通した英国人ジャーナリストが各クラブの今夏の動きを評価する。

マンチェスター・シティ 現地ジャーナリストの採点:70点

右SBはダニーロを整理できたうえに、“本命”カンセロ(写真)を手中に。多額の出費を伴ったが、ユーベとの粘り強い交渉の末にトレードを実現した
右SBはダニーロを整理できたうえに、“本命”カンセロ(写真)を手中に。多額の出費を伴ったが、ユーベとの粘り強い交渉の末にトレードを実現した【Getty Images】

 今夏の3つの大きな目標のうち、2つを達成した。


 最大の補強ポイントだったアンカーには、アトレティコ・マドリーからロドリを獲得。一昨年から続いていたフェルナンジーニョ(34歳)の後釜探しが、これでようやく決着を見た。


 ロドリは現在23歳。クラブ史上最高額の6300万ポンド(約80億円)で迎えたスペイン代表は、“ブスケッツ2世”との呼び声高く、ジョゼップ・グアルディオラ監督が理想とするアンカー像に近い。これまでジョルジーニョ(チェルシー)、フレンキー・デ・ヨング(今夏にアヤックスからバルセロナに移籍)などターゲットをことごとく取り逃がしてきたが、回り道をしたかいがあったかもしれない。


 右サイドバック(SB)の強化も、ほぼ目論見どおりの形で実現した。同じポジションのダニーロ(+金銭)とのトレードで、ユベントスから人気銘柄のジョアン・カンセロをゲットしたのだ。


 3つの強化ポイントの中で、唯一補強がかなわなかったのがセンターバック(CB)だ。バンサン・コンパニがプレーヤーマネジャーとして古巣アンデルレヒトに戻り、グアルディオラ監督はその代役を欲していた。しかし、狙っていたハリー・マグワイアはレスターの要求額が高すぎ、クラブは手を引かざるをえなかった(マグワイアは7830万ポンド=約99億4400万円でマンチェスター・ユナイテッドへ)。8月4日のコミュニティシールド(国内スーパーカップ)でレロイ・ザネが重傷を負った前線とともに、CBには一抹の不安が残る。


 近年のシティは以前に比べて、移籍マーケットでうまく利益を出している。今夏もファビアン・デルフやドウグラス・ルイス、マヌ・ガルシアらを適正額で換金。余剰人員の整理にも成功した。


 移籍期限ギリギリにガンバ大阪から加入した食野亮太郎は、今年1月に契約した板倉滉(入団して即フローニンゲンへレンタル)と同じように、まずは他のクラブで武者修行か。


【2019年夏の主な移籍】

●加入

ロドリ(MF/スペイン代表) ← アトレティコ・マドリー

ジョアン・カンセロ(DF/ポルトガル代表) ← ユベントス

アンヘリーニョ(DF/スペインU-21代表) ← PSV

食野亮太郎(FW/日本) ← ガンバ大阪


●退団

ダニーロ(DF/ブラジル代表) → ユベントス

バンサン・コンパニ(DF/ベルギー代表) → アンデルレヒト

ファビアン・デルフ(MF/イングランド代表) → エバートン

ドウグラス・ルイス(MF/ブラジルU-23代表)* → アストン・ビラ

マヌ・ガルシア(MF/スペイン)* → スポルティング・ヒホン

※情報は2019年8月12日現在。*=昨季は他のクラブにレンタル

リチャード・ジョリー

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント