IDでもっと便利に新規取得

ログイン

走れ宮市亮! ケガする前よりも速く
引退危機からの復帰、充実のシーズン

「なんか違う」と感じて3度目の手術回避

じん帯断裂からの復帰で苦労するのは「感覚を戻すこと」。今季試合に出続けてようやく元に戻った
じん帯断裂からの復帰で苦労するのは「感覚を戻すこと」。今季試合に出続けてようやく元に戻った【Getty Images】

 それにしても、本当に3度目の前十字じん帯損傷を免れたのは幸いだった。


「僕自身、3度目の手術はすごく難しいと聞いていましたからね。移植した筋を、もう一度取り除いて、とにかく複雑らしくて。もしそうだったら完治まで1年どころじゃないし、キャリアのことも考えないといけなかった。ただ、現地のドクターは切れているという判断だったのですが、僕自身は、切れていた1、2回目とはなんか違うなとも感じていたんです。ひざの状態も日を追うごとに、良くなっている気がしていたし。それで『今回は切れてないんじゃないか』と思って、『少し考えさせてほしい』とクラブに伝えて、日本に戻ってもう一度検査してもらったら、やっぱり切れてなかった。日本に戻る前はすぐにでも手術した方がいいということだったので、ホントに良かったです」


 過去2度の大ケガがこんな形で生かされるとは思っていなかっただろうが、もし早急にメスを入れてしまっていたらと考えると、少しゾッとする話でもある。


 それでも3度目は救われたが、2度の前十字じん帯断裂からの復帰には苦労も多かったはず。決して他人が共有できるものではない。何が一番キツかったのだろうか。


「術後の痛みはヤバいですからね。3カ月くらいは歩けないし、松葉杖をつかなければいけない苦しさもあります。ただ、一番はリハビリをして歩けるようになってピッチに戻った後のギャップです。なんか自分の体じゃないみたいな感覚で、それを戻していくのが本当につらかったというか。そのときは『これでサッカー選手、やっていけるかな?』って思うくらい体が動かなかったり、ボールが足につかなかったりして、ピッチに入っても感覚がなかなか戻らないんです。そこを埋めていく作業が大変ですし、ケガが治っても、そこに倍くらいの時間がかかる。今季も試合に続けて出られて、ようやく元に戻ったところ。だからこそ、やっぱり来季の自分に期待しちゃうんです」

「あれこそ宮市」というプレーを見せたい

ザンクトパウリとの契約を2021年まで延長。クラブやファンの期待に応えたい
ザンクトパウリとの契約を2021年まで延長。クラブやファンの期待に応えたい【栗原正夫】

 ケガが癒え、サッカーができる喜びをいままで以上に感じているという宮市。復帰には多くの人の支えもあったというが、ザンクトパウリもその1つだろう。所属クラブによっては、故障を負った選手に厳しい判断が突きつけられることもあるが、ザンクトパウリは宮市との契約を2度目のじん帯を痛めたばかりの17年夏に2年延長すると、この春にもさらに21年まで延ばしている。その期待に、宮市も応えたいと意気込む。


「クラブには感謝しています。2年前は、本当に契約が終わるってときにケガしてしまったのに、そこで契約を延長してくれて。もし契約がなかったら、どうなっていたのか……。もちろん、クラブだけじゃなく、ファンの方々からはこんな状況にもかかわらず、僕のことを信じてくれて、SNSなどを通じてたくさんのメッセージをいただきました。それは、綺麗事じゃなく、心の支えになりました。だからこそ、もう一度、局面を1人で打開するくらいの『あれこそ宮市だよね』ってプレーを見せたいし、応援してくれたクラブやファンの方々に恩返しがしたい。ただ、まずは先を見るよりも一歩一歩。ケガなく毎日の練習をして、一日一日を積み重ねていくことが大事だし、それが来季につながると思っています」


<後編に続く>

栗原正夫

1974年生まれ。大学卒業後、映像、ITメディアでスポーツにかかわり、フリーランスに。サッカーほか、国内外問わずスポーツ関連のインタビューやレポート記事を週刊誌、スポーツ誌、WEBなどに寄稿。サッカーW杯は98年から、欧州選手権は2000年から、夏季五輪は04年から、すべて現地観戦、取材。これまでに約60カ国を取材で訪問している

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント