長友佑都手記『ありのままの自分』
「なぜ真司がスタメンじゃなかったのか」

アプリ限定

真司との“日本人対決”を終えて

ベシクタシュとのダービーマッチ後、ロッカールームではチームメートの子供たちも一緒に勝利を喜んだ
ベシクタシュとのダービーマッチ後、ロッカールームではチームメートの子供たちも一緒に勝利を喜んだ【写真提供:長友佑都】

 こんにちは。ガラタサライの長友佑都です。


 けがから復帰して3試合目、フィジカル、プレーともに手応えを感じています。試合の体に仕上がったなという感じです。


 ベシクタシュとのダービーマッチは、2−0で勝つことができました。最大のライバルチームであり、また勝たないと優勝できないということもあり、チーム・個人ともに気持ちが入っていた。今回は(香川)真司がいたことで、“日本人対決”になり、日本でも盛り上がることは分かっていたし、負けないぞという気持ちはもちろんあったね。

相手に真司がいたことで、日本でも盛り上がることは分かっていた。負けないぞという気持ちはもちろんありました
相手に真司がいたことで、日本でも盛り上がることは分かっていた。負けないぞという気持ちはもちろんありました【写真:アフロ】

 真司とは、試合前に「楽しみやね。お互い頑張ろう。ガラタサライのホームは特に、すごい熱量だからね」と伝えていました。


 試合前も話していたけれど、なぜ真司がスタメンじゃなかったのかは疑問だった。真司とはサッカーだけでなく、いろいろな話しをしている。試合後は真司自身も「もっと出たかった、勝ちたかった」と言っていたし、ガラタサライの選手も「なぜあんなにクオリティーの高いプレーをする選手が試合に出ないのか」と不思議に思っていたね。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント