頑固なスライスに効く練習法とは?
ステップ打ちでカット軌道を矯正しよう

アプリ限定

ステップ打ちをマスターし、マキロイのようなスイングを身につけよう
ステップ打ちをマスターし、マキロイのようなスイングを身につけよう【写真:ロイター/アフロ】

 課題別のワンポイントレッスンをゴルフスイングコンサルタントの吉田洋一郎が解説する。今回は頑固なスライスを直すために、練習場でできるドリルを紹介する。

ヘッド軌道をインサイドアウトにする

 スライスの要因は、目標に対してボールの右回転が強くなっていること。それを生み出しているのはヘッドの軌道だ。ボールと目標を結んだ飛球線に対して、インパクト前後でヘッドがアウトサイドインのカット軌道で動いてしまうと、ボールの右回転が強くなる。この右回転を左回転に変えることができれば、打ち出したボールは左にゆるやかに切れていくドローの弾道になる。

吉田洋一郎
吉田洋一郎

シングルプレーヤーを目標達成に導くゴルフスイングコンサルタント。世界で最も有名なゴルフインストラクター、デビッド・レッドベターから世界一流のレッスンメソッドを直接学ぶ。毎年数回ゴルフ先進国アメリカやヨーロッパに渡り、PGAツアー選手を指導する一流インストラクターに直接学ぶなど、心技体のゴルフ最新理論に関する情報収集と研究活動を行っている。実際に教えを受けた著名ゴルフインストラクターの数は100名を超える。監修した書籍「ゴルフのきほん」は30,000部のロングセラー。ゴルフ雑誌、スポーツ新聞にて連載を3つ持ち、世界のゴルフティーチングに関する情報発信を行っている。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント