「クロスハンド素振り」で安定性を高める
左右に球を曲げたくない時の対処法

アプリ限定

体と腕の一体感が優れたスイングは、ジャスティン・ローズがお手本となる
体と腕の一体感が優れたスイングは、ジャスティン・ローズがお手本となる【写真:ロイター/アフロ】

 課題別のワンポイントレッスンをゴルフスイングコンサルタントの吉田洋一郎が解説する。今回はゴルフラウンド中に球筋が安定しない時や、狭いホールなどでショットを曲げたくない時の対処法を紹介する。

腕の使いすぎを抑える

 コースレイアウトやスコアの状況で、どうしても曲げたくないショットがある。そう思っているホールほど、ボールが左右に散ってしまうことはないだろうか。その原因は腕の使いすぎだ。


 曲げたくないと意識すると、もっとも動かしやすい腕や手といった末端の小さな筋肉を使ってフェース面をコントロールしようとする。必要以上に手や腕を積極的に使うと、クラブが適切な動きにならないことが多い。さらにズレたクラブポジションを修正するためにフェースの開閉量が多くなる場合もある。これは主にボールに当てるためにアジャストする動きだ。

吉田洋一郎
吉田洋一郎

シングルプレーヤーを目標達成に導くゴルフスイングコンサルタント。世界で最も有名なゴルフインストラクター、デビッド・レッドベターから世界一流のレッスンメソッドを直接学ぶ。毎年数回ゴルフ先進国アメリカやヨーロッパに渡り、PGAツアー選手を指導する一流インストラクターに直接学ぶなど、心技体のゴルフ最新理論に関する情報収集と研究活動を行っている。実際に教えを受けた著名ゴルフインストラクターの数は100名を超える。監修した書籍「ゴルフのきほん」は30,000部のロングセラー。ゴルフ雑誌、スポーツ新聞にて連載を3つ持ち、世界のゴルフティーチングに関する情報発信を行っている。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント