天理大、帝京大の連覇を止める歴史的快挙
「緊張をチームとしては超えていた」

「天理ラグビーとしてプライドを持って」

先制トライを奪うなどの活躍を見せた天理大WTB久保直人
先制トライを奪うなどの活躍を見せた天理大WTB久保直人【斉藤健仁】

 関西王者・天理大が、10連覇を目指した「赤い旋風」をついに打ち破った。

 1月2日、東京・秩父宮ラグビー場でラグビー大学選手権準決勝2試合が行われ、関西3連覇中の天理大が、大学選手権9連覇中の帝京大と激突。開始早々から激しいディフェンスとスクラムでペースを握って29対7で快勝。天理大が帝京大の連覇を止めることに成功した。


 天理大にとって帝京大は2011年度決勝(12対15)、2016年度準決勝(24対42)で敗れている相手だった。今季の夏合宿でも12対14で敗戦。だが試合前、天理大にやや分があるのでは、とも思っていた。昨年度は鬼門となった準々決勝で、大東文化大を30対17で撃破して準決勝を迎えていたからだ。


 昨季の天理大は今季より強かったかもしれないほどのメンバーをそろえていた。だがリーグ戦から1カ月開いてしまった大学選手権の準々決勝で、ピークを合わせてきた東海大に7対33と惨敗。その経験があったからこそ、関西で戦いながら、フィジカルやフィットネスを高めつつ、打倒・東海大、帝京大とイメージしながら「練習では特にプレーの質を意識して常にやっていた」(HO島根一磨主将)


 帝京大と3度目の対戦ということも大きかった。1995年から現職の小松節夫監督は「浮き足立ったり、緊張したりするところをチームとしては超えていた。それは先輩たちが体験、経験してくれた部分なので、天理ラグビーとしてプライドを持って(戦おう)と話をしました。大観衆の中でも、相手が帝京大でも、うちの力が出せた」と言えば、島根主将は「経験がある選手もいるし、たくさんのお客さんが入ることも想定済みだったので落ち着いてプレーできた」と振り返った。

今季から攻撃のシステムを変化

身長167センチと小柄ながら、激しいプレーで前に出た天理大FL岡山仙治
身長167センチと小柄ながら、激しいプレーで前に出た天理大FL岡山仙治【写真:築田純/アフロスポーツ】

 またラグビー面でも、天理大は今季からアタックのシステムを「アタック・シェイプ」から「ポッド・アタック」に大きく変えており、帝京大相手にもトライは取れると思っていた。簡単に言えば、サントリーから神戸製鋼やパナソニックに似た形になった。「夏合宿で明治大、東海大、流経大に対していいアタックができていたことは自信にはなった」と島根主将が言うとおり、シーズンを通して徐々に形になってきた。


 ルーキーイヤーから活躍していたSH藤原忍とSO松永拓朗の2年生ハーフ団もポッドにフィットしていた。「常にアタックの選択肢に誰かいるので、ポッド・アタックは僕からしたらやりやすい」(SO藤原)。そして、ポッドでは「外国人枠」が2人から3人になったことも有利に働いた。


 日本代表2キャップのNo.8ファウルア・マキシ(4年)を筆頭に、LOアシペリ・モアラ(1年)、CTBシオサイア・フィフィタ(2年)の日本航空石川高時代から日本でプレーする3人のトンガ人選手が同時に出場できるようになり、4つのポッド(ユニット)を左右のエッジ(ライン際)と、中央に配置し、効果的にアタック。時にはエッジに2人、3人を同時に並べる形もあり、攻撃力は関西では群を抜いていた。

「一枚のテーブル」をイメージしたスクラム

低く、8人一体となるスクラムで帝京大を圧倒した
低く、8人一体となるスクラムで帝京大を圧倒した【斉藤健仁】

 もう一つ、スクラムでは絶対的な強さを誇る。小松監督と天理高の同級生・岡田明久FWコーチが、「一枚のテーブル」をイメージした低く、8人一体となるスクラムを週に2回ほどみっちり指導。FW第1列で、昨年度から残っていたのは、PR加藤滉紫(4年)だけだったが、FLからHOに島根主将がコンバートし、PR山川力優(3年)、小鍛冶悠太、谷口祐一郎(ともに2年)も成長した。


 2011年度の主将SO立川理道(クボタ)らの活躍を見て、天理大に入学したPR加藤は「昨年度の方が、スクラムは木津(悠輔/トヨタ自動車)さんとかがいて、強かった。強い人たちとスクラムを組めたのが下の代の財産になり、その積み重ねが結果に出ている」と実感していた。

斉藤健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーとサッカーを中心に執筆。エディー・ジャパンのテストマッチ全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」、「高校生スポーツ」の記者も務める。 学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「世界最強のゴールキーパー論」(出版芸術社)、「ラグビー「観戦力」が高まる」(東邦出版)、「田中史朗と堀江翔太が日本代表に欠かせない本当の理由」(ガイドワークス)、「ラグビーは頭脳が9割」(東邦出版)、「エディー・ジョーンズ4年間の軌跡―」(ベースボール・マガジン社)など著書多数。最新刊は「高校ラグビーは頭脳が9割」(東邦出版/2017年11月刊)。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント