巨人・陽岱鋼、数々の逆境と反骨精神
「勝負しないと成長につながらない」

 さらに上のステージを目指し、2016年オフにプロ野球生活の礎を築いた北海道を離れ、伝統ある球団へ移籍する道を選んだ。巨人移籍後の2シーズン、ここまで自らが思い描いた活躍は見せられていない。それでも、陽岱鋼は前を向く。どんな試練に立たされても、31歳の挑戦者の胸に沸き立つ闘志の火が消えることはない。

骨折乗り越え100号アーチ

9月17日の中日戦で通算100号本塁打を記録した巨人・陽岱鋼。メモリアルアーチとなったが、いつものように両手を天に掲げるおなじみのポーズでホームを踏んだ
9月17日の中日戦で通算100号本塁打を記録した巨人・陽岱鋼。メモリアルアーチとなったが、いつものように両手を天に掲げるおなじみのポーズでホームを踏んだ【写真:BBM】

 最近沈みがちだった陽岱鋼が、久しぶりに人懐っこい笑顔を見せた。9月17日の中日戦。8回に代打で打席に立つと、祖父江大輔の甘く入ったスライダーを振り抜いた打球はぐんぐんと伸び、バックスクリーン左へ飛び込んだ。今季10本目のアーチは通算100号本塁打だった。ゆっくりとダイヤモンドを回ると、目の前で十字を切り、両手を天に掲げるおなじみのポーズでホームを踏んだ。


「ホームランバッターじゃないから意識したことはないけど、自分にとって素晴らしい記録。自分自身を褒めてあげたいですね」。そう言ってはにかみ、続けた。「最近打席に立てていない中、いつもどおり準備を続けてきました。チャンスをいただいて、結果を出さなければいけないと思っていました」。責任感が強い男の心の中には、メモリアルアーチのうれしさより、チームに貢献できていない悔しさが上回っていた。


 巨人は昨季、広島に200得点の差をつけられたため、今春のキャンプでは攻撃陣にハードなメニューが課せられた。7〜8カ所のティー打撃を各12〜15分ずつ、約2時間ぶっ続けでバットを振り続ける。苦しさに思わず声を上げる若手に混じって、陽の姿もあった。マメがつぶれて皮のむけた手を見ながら、「こんなに振ったのは久しぶり」と汗をぬぐう。プレシーズンの激しい外野争いを勝ち抜き、開幕スタメンに名を連ねた。


 そんな陽に悲劇が襲ったのが、開幕4戦目、4月3日の中日戦だった。1回、柳裕也の投球が左手を直撃。検査の結果、左手甲骨折と診断された。


 体は元気なのにバットを握れない日々が続く。今季こそ1年を通してチームに貢献することを誓っていただけに、長く続くリハビリ生活にやるせなさが募った。医師の指示より前に骨を固定する器具を取り外し、バットを握ってみたこともあった。「治ってから打ち始めたら遅い」と、痛みが完全に消える前から打撃練習を始めた。


 3軍→2軍戦と実戦を重ね、5月下旬に1軍へと復帰。6月中旬、打率は一時、3割2分6厘まで上昇した。だが、好調は長くは続かなかった。大卒3年目の重信慎之介の台頭もあって、8月に入ってからはスタメンを外れる試合が増えた。打席を重ねる中で調子を上げていく右打者は、代打や途中出場でなかなか結果を残せない。通算100号のメモリアルアーチは、9月に入って2本目の安打だった。

思わぬハプニングを経て日本ハムへ

2005年の高校生ドラフト1位で日本ハムが陽の交渉権を獲得。一度はソフトバンクが獲得したと勘違いされたこともあり、会見では複雑な表情を見せながらも気丈に振る舞った
2005年の高校生ドラフト1位で日本ハムが陽の交渉権を獲得。一度はソフトバンクが獲得したと勘違いされたこともあり、会見では複雑な表情を見せながらも気丈に振る舞った【写真は共同】

 陽岱鋼(陽仲壽から09年に改名)は台湾・台東市出身。幼稚園のころから野球と触れあったのは、家族の影響が大きかった。叔父の陽介仁は日本の社会人野球でもプレーした下手投げ投手。阿部企業(山形)に所属し、86年の日本選手権ではチームの決勝進出に貢献して敢闘賞も受賞した。91年からはプロ野球がスタートした台湾でプレーし、台湾プロ野球史上初となるノーヒットノーランも達成。台湾球界を代表する投手だった。


 スタンドでその雄姿を見守り、あこがれの思いを抱いていた陽は、小学3年から少年野球チームで本格的に練習するようになる。小学6年の時には台湾代表としてもプレーし、「日本を破ってアジア代表としてアメリカに渡り、アメリカ、プエルトリコを破って優勝したんです。本当に素晴らしい経験をしました」。日本との交流戦も多く、日本の野球は常に意識する存在だった。「同世代の選手たちのレベルの高さにいつも刺激を受けていた」。中学卒業後、野球留学で次兄の耀華(後に品華に改名)も通っていた、福岡第一高の門をたたいた。


 親元を離れての異国での寮生活は苦労の連続だった。「言葉にも苦労しましたし、日本の文化、上下関係なども最初は全く分からなかった」。それでも、ひとたびグラウンドに立てば、高い能力を発揮した。50メートル6秒0の俊足に遠投110メートル超と身体能力は抜群で、2年時からは打撃も力強くなり、高校通算39本塁打もマークした。


 甲子園には縁がなかったが、その魅力にほれ込んだスカウトが試合に訪れるようになった。「最初は自分のチームのエースを見に来ているんだろうと思っていたんです。チームメートはみな『アピールしてやろうぜ』と言っていたけど」。当時のあこがれはMLBのメッツで活躍していた松井稼頭央(現埼玉西武/今季限りで引退)。攻守走の三拍子そろった選手として、日本プロ野球界で活躍することを夢見るようになっていた。


 05年秋のドラフト会議は、高校生と大学・社会人を分離する新制度が採用された。2球団競合の末に巨人入りした150キロ左腕で大阪桐蔭高の辻内崇伸を筆頭に、高校生に逸材ぞろい。陽も注目の1人だった。だが、思わぬハプニングに巻き込まれることとなる。


 北海道日本ハムと福岡ソフトバンクから1巡目で重複指名された陽は、監督ととともに、抽選の様子をテレビの前で見守った。クジを開いたソフトバンクの王貞治監督(現会長)がガッツポーズをつくると、陽の表情が思わず緩んだ。「学校が福岡で、福岡しか知らなかった。故郷だと思っていた」。会見の席上、何度もハンカチで目頭を押さえた。


 ところが、実際には“交渉権確定”の当たりクジを見誤ったもので、正式に交渉権を獲得したのは日本ハムだった。そのことを聞かされた瞬間、陽の表情はこわばり、いったん退席して会見は中断。15分後、再び会見場に姿を現し、「うれしい」と気丈に振る舞った。「縁がある、縁がないというのはあると思う。北海道に縁があるから日本ハムに入ったんだと思うようになりました」。05年12月14日、札幌市内のホテルで行われた新人選手の入団発表会見の席に陽の姿があった。

週刊ベースボールONLINE

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント