IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ラグビー界最高の司令塔、ダン・カーター
来日で「自分自身に試練を与えたい」
  • WOWOW

フラストレーションも「僕が求めていたチャレンジ」

ニュージーランド代表(オールブラックス)で活躍してきたダン・カーターが、今季から神戸製鋼でプレーする
ニュージーランド代表(オールブラックス)で活躍してきたダン・カーターが、今季から神戸製鋼でプレーする【写真提供:WOWOW】

 日本のラグビーファンにとっては、夢のようなプレゼントだ。オールブラックスの司令塔として世界最優秀選手に3度輝き、テストマッチ世界最多得点記録を大幅に更新したダン・カーターが、今季から神戸製鋼に加入。日本でその勇姿が見られることになった。

 2カ月前までフランス「TOP14」で戦っていたカーターに、これから始まるTOP14、そして自身の新しいチャレンジについて語ってもらった。


――トップリーグはもうすぐ開幕(8月31日)ですが、それより早く、25日にフランス・TOP14が開幕します。


 もう開幕するのか。ワオ。そうだな、アレ(がんばれ)・ラシン!


――TOP14のラシン92で3季プレーしましたが、どのようなリーグでしたか。


 3シーズンというか、2シーズン半だね、1シーズン目の前半はワールドカップがあって、フランスではシーズンの半分しかプレーできなかったからね。でも、僕の全般的な経験はグレートだったよ。

 ニュージーランドで長い期間プレーしてきて、新しいチャレンジが必要だった。だから、フランスでプレーすることは、まさにそういうチャレンジだった。リーグの形式からして全く異なるし、新しいコーチ陣、新しいチームメートと、そしてゲームの中身もそれまで経験してきたこととは全然異なっていた。それは、僕にとってはチャレンジングだったよ。時にはフラストレーションも感じた。でも、それ自体が僕が求めていたチャレンジ。だから、僕はTOP14でプレーしたかったんだ。


――フランスで感じたフラストレーションとは?


 トレーニング方法やプレーの進め方が違っていたんだ。ニュージーランドでは、選手自身がチームを引っ張って行くことが大事だと教わってきた。でもフランスでは、チームを引っ張って行くのはコーチの役割で、選手にはあまり発言権が無かった。そういう意味でも、かなり違う環境だったね。そういうことに最初はフラストレーションを感じた。でも、コーチ陣は素晴らしい人たちだったので、僕がいた間に、いくつかの点について変更してくれた。


 新しい環境に入った場合、それまであったすべてを変えてしまうことはできないよね。「ニュージーランドではこうやっていたから、ここでも同じようにやるべきだ」という風にはならない。僕としては、まずフランスのやり方に自分を合わせないといけなかった。

 その上で、僕が自分のキャリアの中で学んだ、あるいは経験から身につけた、チームに役立つと思ういくつかの点については、ラシン92のコーチや選手たちに伝えることができたと思うよ。


――フランスで得たものを教えてください。


 たくさんあったよ。まずは自分自身について。フランスで、どういうプレーをするのかということに向き合えたことだね。フランスのラグビーはそれまで経験していたものとは全く違うスタイルだ。日本やニュージーランドよりも、もっとフィジカルで、もっと格闘技的だった。だから、自分のゲームの運び方を、それに合わせていく必要があったね。


 ゲームはニュージーランドよりも多少スローであり、より戦術的であり、キックが多用されていた。だから、僕としては、自分のオプションのそういう部分をより意識する必要があった。


 それから、とてもシーズンが長いね。チームとは1年の内、11カ月一緒にいる。その内、約10カ月試合が続く。そういう意味では、自分の身体について、とても良く考えたし、理解することができたね。僕はキャリアの終盤に入ってきているから当然だけど、最高の力を発揮するためには、自分自身の身体のマネジメントをきちんとしないといけなかった。なぜなら、11カ月連続で、ずっと最高のレベルでトレーニングすることはできないからね。休養も含めて、自分自身の身体のマネジメントが必要だ。だから、自分の身体について、そして、適切なトレーニングの負荷などについて、とても多くのことを学んだよ。それは良かったね。

今季から日本でプレー「決断は簡単だったよ」

「格闘技的だった」フランスリーグからも多くを学んだという
「格闘技的だった」フランスリーグからも多くを学んだという【写真:ロイター/アフロ】

――今回、日本でプレーすることに決めた理由を聞かせてください。


 昨シーズンを終えるにあたって、ラグビーを続けるには、フランスにそのまま残るか、日本に来て神戸製鋼でやるのか、どちらかの選択があった。でも決断は簡単だったよ。なぜなら、今、日本では、ラグビーがとても盛んになっていて、正しい方向に向かっている。僕としては、日本で暮らして、日本でラグビーをしたいと思ったんだ。

 これから、来年のラグビーワールドカップ、さらには、2020年の東京オリンピックも控えている。これからの数年は、ここで暮らすこと以外は考えられないくらい、とてもエキサイトしている。


 それと、新しい環境、新しいチャレンジの中で、自分自身に試練を与えたかった。フランスに行ったときもそうだったけど、キャリアの終盤では、自分のモチベーションのために、こういうチャレンジが必要なんだ。

 もうひとつは家族のことだね。日本ではフランスほどシーズンは長くないから、フランスにいた時よりもニュージーランドに帰ることができる。それは家族にとっても良いことだと思った。というように、日本に決めた理由はたくさんあったんだ。


――日本での目標は?


 目標としては、もちろん神戸製鋼が勝つことだけど、僕としては、自分のラグビースキルに誇りを持っている。僕はスキルフルな選手、特にキックなどの面でね。ゴールキックは子供のころからやっている大好きなことで、インターナショナル・ラグビーの最高のレベルでも結果を出している。だから、ここ日本で、神戸でも自分のキックの能力を認めてもらいたいね。それから、スキルを実行する時の精度の高さも見てもらいたい。


――キックは子供の時は、どれくらい練習したのですか?


 暗くなるまでやっていて、母が「晩ご飯よ、家に入りなさい」と、呼ぶまでやっていた。家の裏庭にゴールポストがあって、学校から帰ったら、もう何時間も何時間もやっていたね。50回とか100回とか回数を決めてやるというのではなく、ボールを蹴ることが楽しかったので、数は数えずに、ただ何時間も何時間もキックしていた。好きだったから、やっていただけだよ。でも、今振り返ると、そこで僕は、自分のキックのスキルを築き上げていたんだね。キャリアで成功を収めた理由の大きな部分は、そこにあるのさ。昔、裏庭で、父や友達と過ごし、楽しみながら、ボールを蹴っていた時間があったからだよ。


――お父さんや友達が、キックしたボールを戻してくれていたのですか?


 父はいつもそこにいて、僕にボールを返してくれた。友達と一緒の時は、お互いにキックの練習をしていたね。とても楽しかったよ。僕だけではなく、周りの人たちも、僕と同じくらい、楽しんでいた。

トップリーグ開幕へ「ワクワクしているよ」

オールブラックスを統率してきた世界的司令塔が、日本でどのようなプレーを見せるだろうか
オールブラックスを統率してきた世界的司令塔が、日本でどのようなプレーを見せるだろうか【写真:ロイター/アフロ】

――今年のTOP14はどういう展開になると予想しますか?


 TOP14は、とてもエキサイティングなリーグだよ。世界最高の選手がそろっている。だから、世界の中でも、最もグラマラス(魅力的)な大会になっているのさ。とにかく、選手の質が素晴らしい。だけど、僕はついこの間までTOP14にいたのに、もう次のシーズンが始まってしまうんだね。あらためて驚くね。


 TOP14ではどのチームでも、その試合に勝つ可能性がある。どのチームも世界中から最高の選手をそろえているから戦力に差がない。だからTOP14には、多くの番狂わせ、ドラマティックな試合、多くのドラマがある。100%確実に、こっちが勝つなんてことは決して言えないんだ。シーズンを通して、本当にたくさんの番狂わせがあるからね。そういう意味で、見ていてもエキサイティングなリーグだよ。


 僕自身、フランスでプレーして分かったのは、TOP14の選手たちは今、「もっとボールを動かしたい」と思っていることだ。フランスの伝統的なスローなプレースタイルから、今はコーチも選手ももっと速いプレーをしたいと思っている。今シーズンは、そういうプレーが多く見れると良いね。


――日本の暑さには慣れましたか?


 最初の週は、ものすごく暑かった。でも慣れて、今はエンジョイしているよ。ファンタスティックな3週間だった。その後1週間、ニュージーランドに家族に会いに戻れたのも良かった。ここからはトレーニングがますますキツくなって、もうすぐトップリーグが始まる。待ち遠しいね。ワクワクしているよ。

◆◆◆WOWOW番組情報(PR)◆◆◆

★「ラグビー世界最高峰 フランスリーグ TOP14」

ワールドカップを控え、世界各国の代表選手やスター選手たちが多数所属するTOP14の戦いから目が離せない!上位チームの試合を中心に毎節2試合放送!


第1節:

RCトゥーロンvsラシン92 8/26(日)夜11:00〜 [WOWOWライブ]

※8/25(土)深夜3:40〜 WOWOWメンバーズオンデマンドで先行ライブ配信

モンペリエvsカストル・オランピック 8/26(日)深夜1:15〜 [WOWOWライブ]


■詳しくは、WOWOWラグビーオフィシャルサイトをチェック!

http://www.wowow.co.jp/sports/rugby/


■『WOWOWラグビー公式ツイッター』(@wowow_rugby)

WOWOWのラグビー公式アカウントです。WOWOWで放送するラグビーの放送スケジュール、最新ニュース等を中心につぶやいていきます。

WOWOW

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント