sportsnavi

いよいよル・マン24時間が開幕へ
テストデーで見えたトヨタVの可能性
初優勝へ向けて、トヨタはル・マンでどんな走りを見せるのか?
初優勝へ向けて、トヨタはル・マンでどんな走りを見せるのか?【(C)Jakob Ebrey / AdrenalMedia】

 6月10日、いよいよ長い長いル・マン24時間レースの序章が始まった。ル・マン市内のリパブリック広場で行われる2日間の公開車検。これを前奏曲として、次第にイベントは盛り上がりを増して行く。16日午後3時から17日午後3時までの24時間に、果たしてどんなドラマが待っているのか。それは、参加チームやドライバーですら予測できない。だからこそ、人々は毎年ル・マンに戻ってくるのだ。

アロンソがテストデーでトップ

 さて、その24時間レースに先立ち、3日には、本番の24時間レースで使われるのと同じコースを使用して、テストデーが行われた。当初の予定では午前9時から午後1時、午後2時から午後6時と、セッションは8時間が設定されていた。


 だが、1回目のセッション、残り約1時間というところで、アストン・マーチン95号車に乗るマルコ・ソレンセンと他の複数台が絡むアクシデントが発生。インディアナポリスコーナーのバリアが損傷し、修復のためにセッションはここで終了した。95号車は全損。ドライバーはメディカルセンターに運ばれたが、幸い大きなケガはなかった。この他にも、複数回の赤旗、午後からは3回立て続けのセーフティーカーピリオドと、実際にレーシングスピードで走れた時間は約6時間ほどだろうか。その中で、“ル・マンルーキー”のフェルナンド・アロンソ(トヨタ8号車)が総合トップタイムとなる3分19秒066をマークしている。


 だが、トヨタが圧倒的に有利かというと、そんな雰囲気でもない。総合順位でトヨタ8号車に続いたのは、レベリオン・レーシングの3号車。しかも、8号車とのタイム差は、わずか0.6秒だった。同じコンディションではないので単純比較はできないが、昨年のテストデーでポルシェがマークしたタイムは3分21秒から22秒台(トヨタの2台は3分18〜19秒台)。それを考えると、いかに今年のLMP1ノンハイブリッド勢が速いか分かる。WEC開幕戦・スパではトヨタが全ノンハイブリッド車両を2周遅れ(7号車に至っては、1周遅れからスタートして、ノンハイブリッドを2周遅れ)にするという圧倒的な力の差を見せたが、ル・マンではかなり様相が違ってきている。

“何事もなく”は絶対にない24時間

 実際、コース上でLMP1ノンハイブリッドの車両と一緒に走る機会があった中嶋一貴(トヨタ8号車)や小林可夢偉(トヨタ7号車)は「コーナーもストレートも、ノンハイブリッドの方が速い。僕らにアドバンテージがあるのは、加速だけです」とコメント。加速に優位性があるトヨタではあるが、ストレートエンドではフューエルカットが入ってスピードが大きく落ちるため、そこもノンハイブリッド勢が有利になるのだと言う。あとは燃費の部分のアドバンテージ。LMP1ノンハイブリッドの1スティントは10周、トヨタは1周多い11周になると見られており、24時間何事もなく走った場合、トヨタの方がピットストップは4〜5回ほど少ない計算になる。


 しかし、ル・マンで“何事もなく”などということは絶対にない。思わぬアクシデントやセーフティーカーピリオド、天候の急変など、瞬時の判断を迫られる場面が多々現れる。それがル・マンだ。予想外のハプニングに、いかに正しく対応できるか。それが勝敗を分ける鍵となるだろう。LMP1ノンハイブリッド勢には、耐久レースを知り尽くしているオレカがオペレーションするレベリオン、耐久経験はそれほど豊富ではないもののプロのレース集団であるARTがオペレーションするSMPレーシングと、強敵が居並んでいる。下馬評では“トヨタ楽勝”というムードだったが、どうやら楽勝という状況ではない。


 テストデー午後のセッションでは、トヨタ7号車に乗るホセ・マリア・ロペスがフロントのボディワークにダメージを負ってスローダウンしながらピットに戻るという場面も見られた。これはロペスが縁石を跨いだ結果起こったことだと思われるが、例えばそういう小さなミスの積み重ねが致命傷となる。


 悲願の初優勝を果たそうと思ったら、トヨタはドライバーたちがミスしないだけでなく、トラブルを起こさず、他車のミスやアクシデントに巻き込まれることもなく、判断ミスもなく、24時間を走り切らなければならない。つまり、かなり“綱渡り”のレースを強いられることになる。“唯一のワークスだし勝って当然”と思われているトヨタには、今まで以上の重圧があるはずだ。その重圧に耐えられるかどうか、そこが今年のレースではひとつの焦点となるだろう。


(テキスト:貝島由美子)

J SPORTS
J SPORTS
J SPORTSはJ:COMなど全国のケーブルテレビ、BS放送(スカパー! )で 約650万世帯が視聴する国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局です

スポナビDo

イベント・大会一覧