IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ダービー究極の穴馬を探せ!!
日刊紙きっての穴党記者が大激論!
東スポきっての穴党として根強いファンを持つ山河浩記者(左)と、報知の若手ホープとして期待の高い川上大志記者(右)。同じ穴党として、ダービーの穴馬発掘に余念がない。
東スポきっての穴党として根強いファンを持つ山河浩記者(左)と、報知の若手ホープとして期待の高い川上大志記者(右)。同じ穴党として、ダービーの穴馬発掘に余念がない。【netkeiba.com】

 2歳王者ダノンプレミアムが直前で回避し、上位人気がことごとく着外に敗れたことで、波乱の決着となった今年の皐月賞。その皐月賞で大本命として臨むはずだったダノンプレミアムが、戦列に復帰する日本ダービーは順当に終わるのか? それとも再び波乱の結末になるのか? 東京スポーツ・山河浩記者とスポーツ報知・川上大志記者に今年のダービーの行方、それぞれの取材に基づいた穴馬候補について語ってもらった。

フサイチコンコルドが勝った96年とダブる今年の日本ダービー

川上大志(以下、川上) 穴党の大先輩、山河さんと語り合うのは恐縮ですが……(笑) 今日はよろしくお願いします。


山河浩(以下、山河) こちらこそ、お手柔らかによろしく!(笑)


川上 今日のテーマはもちろん、日本ダービーについてです。レースが行われる27日まで、残すところあと2日となりました。


山河 どうも、96年のダービーとダブるんだよね。


川上 僕、まだ6歳でした……。先輩、教えてください(笑)。


山河 皐月賞を使えなかったダンスインザダークがプリンシパルSを勝ってダービーへ。そして、すみれS勝ち馬のフサイチコンコルドとかぶるのが……。


川上 キタノコマンドールですか。


山河 ダンスインザダークが、もし順調に使えていたらダービーを勝っていたのか。いまだに、見てみたかった気はするよ。


川上 キタノコマンドールは、体質面も考慮して、早くからここダービーまでを逆算したローテーションを取ってきたことがプラスに出ていますね。従来のクラブの一口馬主システムに斬新な風を吹き込んだDMMドリームクラブとしても、キタノコマンドールの世代が事実上の初年度。今年から拡大された、皐月賞5着馬までの優先出走権をハナ差でキッチリ取ったあたりを見ても、“持っている”のかもしれません。


山河 ダービーは“最も運のいい馬が勝つ”という言葉もあるくらいだからね。それはさておいても、古くはタヤスツヨシ(1995年)とか、最近だとワンアンドオンリー(2014年)とか、皐月賞で末脚を見せて4、5着だった馬が本番で好走するケースは目立っている。


川上 そこまでの歩みは違えど、去年のレイデオロもそのパターンに当てはまります。


山河 舞台は中山の2000mから東京の2400mへ変わる。今年も4着ステルヴィオ、5着キタノコマンドールあたりの末脚は侮れないかも。


川上 6着のグレイルも最後は強烈な脚でした。ゲートの駐立、馬具の工夫など、ここに向けての上昇度は何とも不気味です。


山河 皐月賞時は正直あまり評価をしていなかったけど、川上のいうように、見直さざるを得ないのかもしれない。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント