sportsnavi

米ツアー初優勝を遂げた小平智
辛酸をなめた昨季終盤からの大躍進

賞金王とマスターズ出場を逃した昨季

「RBCヘリテージ」で米ツアー初優勝を飾った小平。日本人5人目の快挙となった
「RBCヘリテージ」で米ツアー初優勝を飾った小平。日本人5人目の快挙となった【Getty Images】

 昨シーズンの小平智は、日本一悔しい思いをしたプロゴルファーではなかっただろうか。最終戦で宮里優作に逆転され賞金王を逃し、年末の世界ランキングでも51位となり、50位までに与えられるマスターズ出場権を逃した。


 昨季終盤、11月上旬の「三井住友VISA太平洋マスターズ」に優勝。「あくまでも目指すはマスターズ出場(年末の世界ランキングで50位以内に入ること)」と語っていた小平だが、3試合を残して2位の宮里優作に約2000万円の差をつけ賞金王レースでも優位に立っていた。


 ところが続く「ダンロップフェニックストーナメント」では、体調不良のため2日目の9ホールを終えて棄権。「喉が痛い」と風邪の症状を話していた。「ゆっくり休めたので体調は戻った」と翌週の「カシオワールドオープン」では復調。しかし初日は「首に痛みを感じる」とまたしても体の不調との戦いとなった。なんとか18ホールを完走したものの、6ボギー1ダブルボギーの「79」をたたき7オーバーの101位タイで初日を終えた。


 予選通過すら危ぶまれたが、2日目は賞金ランキングトップの意地を見せる。1イーグル、5バーディ、2ボギーの「67」と巻き返し、2オーバーの54位タイとカットラインぎりぎりで予選を通過。3日目「68」、最終日「66」と快進撃を見せ、結局8位タイで大会を終了。初日がパープレーなら楽々優勝しているくらい見事なプレーを2日目から見せていた。


 そして迎えた最終戦の「日本シリーズJTカップ」。賞金ランキングトップの小平は、2位の宮里優作と約1700万円という大きな差をつけていた。ところが、賞金王は最終戦で優勝した宮里優作の手に。ただし、その時点では小平が賞金王よりもこだわっていたマスターズの出場がかかる世界ランキング50位以内に入っていた。


 日本ツアーの最終戦の翌々週の12月中旬に行われたアジアンツアー最終戦「インドネシアン・マスターズ」で、小平よりも世界ランク下位にいた2選手が快進撃をみせた。4位となった宮里優作と5位に入ったキラデク・アフィバーンラト(タイ)が最終的に小平を抜き、小平の年末時の世界ランキングは51位。1人の差でマスターズ出場を逃した悔しさはどのようなものだったのであろうか。

快進撃が始まった18年シーズン

念願のマスターズで28位に入った小平。RBCヘリテージの優勝をうけ、来年のマスターズ出場権を得ている
念願のマスターズで28位に入った小平。RBCヘリテージの優勝をうけ、来年のマスターズ出場権を得ている【写真:ロイター/アフロ】

 2017年への“リベンジ”ストーリーは、18年シーズンの序盤から始まった。1月の日本ツアーとアジアンツアーの共催試合で強さを発揮。マスターズチャンプのセルヒオ・ガルシア(スペイン)が優勝した「SMBCシンガポールオープン」で2位タイ、「レオパレス21ミャンマーオープン」でも2位タイに入る活躍で世界ランキングを上げ、3月末までに世界ランキング50位以内に。念願のマスターズ出場権を獲得した。


 マスターズでは見事予選を突破して28位タイと健闘。そしてその翌週は、見事日本人5人目となる米ツアー初優勝を達成した。かねてからいつか米PGAツアーに参戦したいと話していた小平。この優勝は念願となる米ツアーのシード権をもたらすとともに、初めての出場権獲得までものすごく苦労したマスターズの来年の出場権もゲットした。


 昨年終盤、「練習量では誰にも負けていないと思うし、トレーニングなどすべてにおいて、ゴルフにしっかり向き合えているのは自分だと思っている」と話していた小平。17年は望む結果へあと1歩届かなかったが、17年の努力と悔しい思いが、18年の躍進を生み出した。

ナインバリューズ
「ゴルファーの笑顔を増やす」をミッションに、ゴルフ雑誌、ゴルフ関連Webサイトなどにおける取材・編集・執筆業務のほか、ゴルフ関連企業・団体のWeb及びソーシャルメディア戦略構築における総合コンサルティング業務及び企画・運営業務を行う

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント