sportsnavi

「覚悟」の移籍で活躍を誓うMF三田啓貴
日本代表にこの選手を呼べ!<神戸編>

「チャレンジをした方が成長できると思った」

三田は移籍を決断した理由について「チャレンジをした方が成長できると思った」と話す
三田は移籍を決断した理由について「チャレンジをした方が成長できると思った」と話す【高村美砂】

 ヴィッセル神戸を率いる吉田孝行監督が、昨年末、新シーズンのチーム強化を思い描く上で「獲得してほしい選手」の1人に名前を挙げたのが三田啓貴だった。昨シーズンに所属したベガルタ仙台における「攻守における抜群の存在感」が理由の1つ。事実、球際の強さや視野の広さを生かした守備力はもちろん、正確な長短のパスを生かしてリズムを生み出すことや、機をみた前線への飛び出しからの攻撃や得点力は大きな魅力だろう。


 そうしたポテンシャルは、FC東京から仙台に期限付き移籍をした2016年、そして完全移籍となった昨年と、仙台で過ごした2年間で明らかに開花。さらに言えば、現状にとどまることを良しとしない向上心や欲も、彼の成長に拍車をかけている。それは神戸への移籍に際して語った、決断理由からも明らかだ。


「立花陽三社長や強化部の方からも、今のヴィッセルに必要な選手だと言っていただけたこと、その熱意に気持ちが揺れたのもありますが、何より、自分自身がこれまで以上に厳しい環境に身を置いて、成長したいと考えたことが移籍の決め手になりました。事実、(FC東京から)仙台への移籍を通して、“移籍”の効果を感じられたのも大きかったです。


 移籍前は正直、抵抗もありましたが、いざ移籍してみると、違う環境でプレーすることによって育てられた部分がたくさんありました。今回も仙台に残る、FC東京に帰るという選択もありましたが、どちらにしても、自分が慣れた環境でプレーするということから甘えが出るだろうなと考えた中で、それなら住んだことも、プレーしたこともない関西、神戸の地に身を置いて、自分がどれだけやれるのかというチャレンジをした方が、成長を求められると思いました」


 加えて、“ハリルジャパン”を想定すれば、3ボランチでもダブルボランチでもスムーズに対応できるのも魅力だ。仙台時代にはアンカーやダブルボランチの一角を預かり、中盤に不可欠な選手として機能していたが、どのポジションでも自身の“居場所”を的確に理解してプレーできる適応力や、昨年、キャリアハイとなる5得点を数えた得点力も目を惹く部分。さらにはCKやFKなど、プレースキッカーとしてのキックの精度も武器だと言えるだろう。

代表入りへ、今シーズンの活躍は必須条件

シーズンを通して先発のピッチに立ち続けたのは仙台時代が初めて。神戸での活躍なくして、代表選出はあり得ない
シーズンを通して先発のピッチに立ち続けたのは仙台時代が初めて。神戸での活躍なくして、代表選出はあり得ない【(C)J.LEAGUE】

 もっとも、シーズンを通して先発のピッチに立ち続けたのは仙台時代の2年間が初めてだと考えれば経験値はそう高くはないが、ここ2年で見せた成長曲線を踏まえれば、また「ヴィッセルで活躍できるかどうかで自分の未来も変わってくる」という彼の覚悟を聞いても、今後にかかる期待は大きい。本人も日本代表に大きな欲を見せている。


「僕も27歳ですからね。将来のプランをのんびり立てているような年齢でもないし、すぐにでも活躍して、すぐにでも日本代表に入りたい。サッカーをやっている以上、Jリーグで戦っている以上、誰もがそこを目指しているように、僕も日本代表は明確な目標として描いています」


 そのためには先の自身の言葉にもあるように、今シーズンの活躍は必須条件となる。本人もそれを自覚して言葉を続ける。


「日本代表入りを現実にするには、ヴィッセルでいかに自分の価値を高められるかが鍵になる。年齢的なことを考えても、ヴィッセルで中心選手になり、明確な結果を残せるようでなければ、話にならないと思います。そして個人の結果を求めるには、チームとしての結果も必要です。


 目標である『タイトル獲得』『ACL圏内』を実現するためには、チームとしての攻撃の形……、特に手詰まりになった時に、よりどころとなる“形”が多いほど強みになるはず。それをチームとして備えたいし、僕自身もそれを作り出す1人として明確な結果を求めたいです。移籍を決断した覚悟をプレーで示すためにも、泥臭く、全力で戦います」

高村美砂
子供からプロまで、関西一円の『サッカー』を応援しようとJリーグ発足にあわせて発刊された、関西サッカー応援誌『GAM』『KAPPOS』の発行・編集に携わった後、同雑誌の休刊に伴い、1998年からフリーライターに。現在はガンバ大阪、ヴィッセル神戸を中心に取材を展開する。レギュラー媒体はG大阪オフィシャルマガジン『G-MAGAZINE』『GAMBA REVIEWS』をはじめ、V神戸オフィシャルマガジン『ヴィッセルスマイル』。また「週刊サッカーダイジェスト」での宇佐美貴史のコラム連載は約7年、200回以上を数える。兵庫県西宮市生まれ、大阪育ち。現在は神戸在住。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント