IDでもっと便利に新規取得

ログイン

藤田40代戴冠、松山ルーキー戴冠など
過去5年の熾烈な賞金王争いを振り返る

提供:JTカップ

歴代最多となる12回の賞金王を獲得している尾崎将司
歴代最多となる12回の賞金王を獲得している尾崎将司【写真:青木紘二/アフロスポーツ】

 尾崎将司が12回、青木功と片山晋呉が5回、中島常幸が4回。これは1973年の日本男子ゴルフツアー制度施行後の賞金王に輝いた回数だ。


 かつて賞金王は限られた一部の飛び抜けた実力のある選手だけが、複数回獲得するものだった。しかし、直近5年の日本男子ツアーを振り返ってみると、毎年賞金王の顔ぶれは異なっている。つまりトップ選手の実力がきっ抗している時代となり、毎年熾烈(しれつ)な争いが展開されているという意味だ。


 今回はこの5年間の賞金王争いを振り返ってみよう。

43歳の藤田寛之が初の賞金王に

12年シーズンは当時43歳の藤田寛之が初の賞金王に輝く
12年シーズンは当時43歳の藤田寛之が初の賞金王に輝く【写真は共同】

 2012年シーズンは最終戦を迎えて賞金ランクトップの藤田寛之と、唯一逆転の可能性を残している谷口徹の争いとなった。その差は約3781万円。藤田が単独16位以上に入れば賞金王は決まることになっていた。それでも、43歳のベテラン藤田は最終戦でも圧倒的な強さを発揮した。


 初日、9アンダーの「61」でトップに立つと、最終日まで後続を寄せつけず2位に5打差をつける圧勝。日本シリーズ3連覇という偉業も同時達成し、初の賞金王を手にした。


 73年のツアー制度施行後、40歳を超えてから初めて賞金王になった選手は史上初。その藤田がホールアウト後、口にしたのは初戴冠の喜びではなく怒りだった。いつもの通り口調は穏やかだったが、藤田に続き賞金ランキング2位が44歳の谷口という結果も踏まえ、「どうして僕らを超えていく若手がいなかったのか?」と怒りを露わに。このゴルフ界の将来を危惧する藤田の気持ちが伝わったのか、翌年はツアールーキーの選手が賞金王を獲得している。

松山がルーキー年に賞金王獲得の快挙

13年はルーキーイヤーの松山英樹が、最終戦を待たずして賞金王を決めている
13年はルーキーイヤーの松山英樹が、最終戦を待たずして賞金王を決めている【写真:アフロスポーツ】

 13年シーズン、この年の4月にプロ転向をしたのが松山英樹。ツアー2戦目に初勝利を飾り、その後も勝利を積み重ね年間4勝。最終戦を待たずして史上初のルーキー賞金王に輝いた。この活躍をきっかけに、松山は翌年から米国を主戦場としている。


 なお、最終戦の日本シリーズJTカップでは、宮里優作がツアー初優勝。父・優さんや妹の宮里藍さんが見守る中、最終18番でアプローチをチップインして決めるという劇的な勝利を飾っている。

混戦の賞金王争いは小田孔明が抜け出し初戴冠

最終戦までもつれた賞金王争いは小田孔明が抜け出し、栄冠を奪った
最終戦までもつれた賞金王争いは小田孔明が抜け出し、栄冠を奪った【写真:YUTAKA/アフロスポーツ】

 14年シーズンは、本当に最後まで誰が賞金王になるのかが分からない年だった。賞金ランキングトップの小田孔明を、2位の藤田寛之が約1550万円差で追う展開。さらに3位近藤共弘、4位岩田寛までが賞金王戴冠のチャンスを持っていた。


 最終戦の日本シリーズJTカップ初日、小田が6アンダー「64」の見事なゴルフで単独トップに立った。初の賞金王に向けて幸先の良いスタートだったが、2日目、3日目にスコアを落とし、9位タイで3日目を終える。最終日、16番からの3連続バーディなどで6つスコアを伸ばし、3位タイでフィニッシュ。強者の貫禄をギャラリーに見せつけ、賞金王を決めた瞬間だった。

キム・キョンテが圧倒したシーズン

15年シーズンはキム・キョンテが圧倒的な強さを見せて賞金王に
15年シーズンはキム・キョンテが圧倒的な強さを見せて賞金王に【写真は共同】

 15年シーズンはキム・キョンテ(韓国)が、圧倒的な強さを見せた。年間5勝を挙げ、最終戦を待たずに自身2度目の賞金王が決定。結局、2位の宮里優作に6千万円以上をつけた。


 なお、最終戦の日本シリーズJTカップを制したのは石川遼。09年には賞金王にも輝いている石川だったが、初の国内メジャー制覇が、真の王者を決める大会での戴冠だった。

池田と谷原の対決は池田が最後に競り勝つ

昨年は谷原秀人とのデッドヒートを制した池田勇太が賞金王に
昨年は谷原秀人とのデッドヒートを制した池田勇太が賞金王に【写真:中西祐介/アフロスポーツ】

 16年シーズンは秋頃から池田勇太と谷原秀人による一進一退の賞金王争いが展開していた。最終戦前週の優勝で、池田が2位の谷原秀人を約3077万円リードと、有利な状況で最終戦の日本シリーズJTカップを迎えた。


 初日、谷原が逆転賞金王に向けて首位発進。しかし、池田も初日から着実にスコアを伸ばしていき、3日目を終えて池田が2位タイ、谷原が7位タイと池田が有利な状況に。そして最終日、谷原が驚異的な追い上げを見せ、スコアを6つ伸ばしたものの、優勝には届かず。トップと2打差の5位タイで終えると、スコアを4つ伸ばした池田は、トップと1打差の2位フィニッシュとなり、初の賞金王の座についた。

真の王者は誰だ! ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」

 今季の男子ツアー優勝者と賞金ランキング上位者にのみ出場権が与えられる「ゴルフ日本シリーズJTカップ」。今年も名門・東京よみうりカントリークラブで11月30日(木)〜12月3日(日)まで開催される。


 数々の名場面を生み出してきたこの大会。トップ選手たちのプレーに最後の最後まで目が離せない展開となるだろう。白熱する賞金王争いを制する選手とともに、今季の“王者の中の王者”が決まるメジャー最終戦。「最後の戦い。真の王者は誰だ?」



<テレビ放送予定>

日本テレビ系全国ネット

【大会3日目】

12月2日(土)13:30〜14:55(22局ネット 生中継)

【大会最終日】

12月3日(日)15:00〜16:55(31局ネット)

北村収
北村収

1968年東京都生まれ。法律関係の出版社を経て、1996年にゴルフ雑誌アルバ(ALBA)編集部に配属。2000年アルバ編集チーフに就任。2003年ゴルフダイジェスト・オンラインに入社し、同年メディア部門のゼネラルマネージャーに。在職中に日本ゴルフトーナメント振興協会のメディア委員を務める。2011年4月に独立し、同年6月に(株)ナインバリューズを起業。紙、Web、ソーシャルメディアなどのさまざまな媒体で、ゴルフ編集者兼ゴルフwebディレクターとしての仕事に従事している。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント