sportsnavi

靭帯断裂の西岡良仁、1月復帰へ着々
アクシデントを「経験」に変えた8カ月

左膝前十字靭帯の部分断裂 絶好調時の大けが

自己最高ランク到達、そして左膝前十字靭帯の部分断裂。西岡良仁の2017年は、「キャリア絶頂」も「アクシデント」も味わう1年となった
自己最高ランク到達、そして左膝前十字靭帯の部分断裂。西岡良仁の2017年は、「キャリア絶頂」も「アクシデント」も味わう1年となった【Getty Images】

 彼はもしかしたら、今年の日本男子テニスを、最も沸かせる存在になっていたかもしれない――。


 2月のアカプルコ大会(メキシコ・オープン)では、当時世界18位のジャック・ソック(米国)を破った末にベスト8へと勝ち上がり、憧れのラファエル・ナダル(スペイン)と好ゲームを演じた。

 その直後のインディアンウェルズ・マスターズ(BNPパリバ・オープン)では、2回戦で21位のイボ・カロビッチ(クロアチア)、さらに3回戦では14位のトマーシュ・ベルディハ(チェコ)を死闘の末に破り、4回戦では3位のスタン・ワウリンカ(スイス)相手に勝利まで2ポイントに肉薄した。


 170センチの小柄な体ながら、次々にジャイアントキリングを成し遂げる21歳(当時)の若者は、日本のみならず世界のテニスシーンをも沸かせるトピックとなる。

「巨人ゴリアテに立ち向かうダビデ」――勇敢かつ頭脳的な戦法で上位勢を打ち破る西岡良仁(ミキハウス)の姿を、欧米メディアは、旧約聖書の英雄譚(えいゆうたん)になぞらえ称えた。


 だがその快進撃は唐突に、左膝前十字靭帯の部分断裂という形で、文字通りプツリと途切れる。

 インディアンウェルズ翌週の3月24日、マイアミ・マスターズ(マイアミ・オープン)2回戦……ボールを追い大きく足を横に踏み出した時、西岡は「膝が抜けるような」違和感を覚え、そのままコートを去った。前十字靭帯の再建手術を行ったのは、負傷から約1週間後のこと。復帰までには8カ月の歳月を要することが、キャリア最高の時を謳歌(おうか)していた若者に伝えられた。

料理、乗馬、テニス普及活動 “時間”を積極活用

絶好調時の大けがに見舞われた西岡。それでも下は向かず、復帰までの時間をテニスにプライベートにと積極的に活用した
絶好調時の大けがに見舞われた西岡。それでも下は向かず、復帰までの時間をテニスにプライベートにと積極的に活用した【スポーツナビ】

 キャリア最高位を毎週更新し、トップ50も目前に迫った中で今季絶望を伝えられた、その胸の痛みとはどれほどだったか……?


 だが当の西岡は、何かを恨むことはもちろん、愚痴や弱音を吐くこともなく、「あれは完全な事故。仕方ないこと」とすがすがしいまでに言い切った。それどころか「この時間を、テニスを広めるために役立てたい。特に子どもたちに還元していきたい」と全国を“テニス普及行脚”し、各地のテニス大会やイベントに顔を出しては、ファンやジュニア選手たちを喜ばせてきた。

 またテニス以外でも、料理や乗馬など、これまで関心がありながらできなかったことに挑戦中。


「自分が、こんなに色んなことに興味を持つとは意外でした。19歳くらいの時までは、テニスしかやってこなかった感じだったので」


 少し明るくしたくせ毛の髪をかき上げながら、西岡は八重歯をこぼして笑う。

内田暁
テニス雑誌『スマッシュ』などのメディアに執筆するフリーライター。2006年頃からグランドスラム等の主要大会の取材を始め、08年デルレイビーチ国際選手権での錦織圭ツアー初優勝にも立ち合う。近著に、錦織圭の幼少期からの足跡を綴ったノンフィクション『錦織圭 リターンゲーム』(学研プラス)や、アスリートの肉体及び精神の動きを神経科学(脳科学)の知見から解説する『勝てる脳、負ける脳 一流アスリートの脳内で起きていること』(集英社)がある。京都在住。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント