sportsnavi

ハリル「歴史に残る試合を作りたい」
W杯最終予選 豪州、サウジ戦メンバー発表
オーストラリア戦、サウジアラビア戦のメンバーを発表したハリルホジッチ監督
オーストラリア戦、サウジアラビア戦のメンバーを発表したハリルホジッチ監督【スポーツナビ】

 日本サッカー協会は24日、都内で会見を開き、31日に行われるワールドカップ(W杯)アジア最終予選・オーストラリア戦と9月5日(現地時間)のサウジアラビア戦に臨む日本代表のメンバー27名を発表した。


 ヘタフェでプレーする柴崎岳、マインツの武藤嘉紀らが久々の代表復帰を果たした他、セレッソ大阪の杉本健勇が初選出された。現体制では最多となる27名を選出した意図について、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「リスクを冒したくないので、このようにした。手元に呼んで何人かの選手の状態を確認したい」と説明した。


 日本は現在、グループBの首位に立っており、3位のオーストラリアに勝利すれば、予選2位以内が確定しW杯出場が決まる。ハリルホジッチ監督はこの大一番へ向けて「重要なのは選手たちが観客から感じるものがプレッシャーではなく応援であることだ。この状況を恐れないで乗り越えなければいけない。サムライスピリットが必要だ」と選手を鼓舞しつつ、サポーターの後押しを呼び掛けた。


 日本は31日に埼玉スタジアム2002でオーストラリア代表とのホームゲームを戦った後、9月5日にアウェーでサウジアラビアとの一戦に臨む。

サポーターの応援を必要としている

西野技術委員長は「皆さんの一声が大きなバックアップになって、チームを押してくれると思う」と共闘を呼び掛けた
西野技術委員長は「皆さんの一声が大きなバックアップになって、チームを押してくれると思う」と共闘を呼び掛けた【スポーツナビ】

登壇者:

ヴァイッド・ハリルホジッチ(サッカー日本代表監督)

西野朗(日本サッカー協会 技術委員長)


西野 皆さん、こんにちは。たくさんお集まりいただきまして、ありがとうございます。いよいよ1週間後にW杯出場を懸けた大きなゲームを迎えることになりました。今まで苦しいゲームを積み上げてきて、来週、ホームでW杯出場を決めることができます。そのメンバーがこれから監督より発表となりますが、厳しいゲームなのは間違いありません。それは日本チームにとってだけではなくて、オーストラリアにとっても決してよくない状況で戦わなければならない。立場は同じだと思います。


 ただホームで戦える非常に大きなアドバンテージをわれわれは持っています。過去のW杯(予選)の試合でオーストラリアに勝てたことがないという、そういう中で今回、ロシアへ向けての戦いの中でまたオーストラリアと戦える。歴史を変えたいと思います。今代表チームは31日のオーストラリア戦、この試合だけにフォーカスしています。イラク戦が終わった後、この準備にとってきたわけで、今回のメンバーもこのゲームでタフに戦えるメンバーを選ぶことができました。非常にうれしく思っています。


 ただ、チームだけ、選手だけで戦い抜くことは非常に難しいと思っています。たくさんのアドバンテージ、皆さんの一声が大きなバックアップになって、チームを押してくれると思います。われわれも総力をあげて、オーストラリア戦に向けてチームをバックアップしていきたい。間違いなく来週、ホームでW杯への切符を取ってくれることを期待しています。たくさんの応援を期待しています。


ハリルホジッチ コンニチハ。われわれ全員にとって重要な時期だ。ほかの試合とは違う、ただのサッカーの試合ではない。これは日本という国家にとっても、この試合に興味のある人はたくさんいると思う。ここには愛国心や誇り、たくさんのものがこの試合に絡んでくると思う。よって、このチームが好きな人たち、日本代表が好きな人は、この試合に勝つために応援してもらいたい。日本がオーストラリアに勝ったことがないという話を聞いたことがあるが、すでにオーストラリアとの第1戦で勝つ可能性があった。


 皆さんご存知のように、さまざまな困難な状況があり、今までで一番リストを作るのが難しかった。しかし私は、このチームは戦える個性を持っていると思う。われわれは悪い位置からこの最終予選をスタートしたが、今は首位に立っている。最近は批判なども耳に入ってきており、私に少しプレッシャーをかけてきているという状況もあるが、わたしはこういった状況が好きだ。攻撃されればされるほど、批判が多ければ多いほど、私はそれに応えるために強くなる。


 私はこのチームに個性があると言ったが、この試合でそれを必要としている。この試合では選手たちにサムライになってもらわないといけない。ゲームに参加する選手たちには勝利を求めたい。W杯につながる試合はスポーツ面だけでなく、経済面、いろいろなことが絡んでくる。難しい状況ではあるが、最高の準備をして臨みたい。このチームにはそれができると思っている。歴史に残る試合を作りたい。W杯を決める試合、オーストラリアに対する初勝利、そうしたことをチャレンジとしてとらえたい。恐れないで、われわれのホーム埼玉で、素晴らしい雰囲気の中で戦う試合だ。このチームは観客の皆さん、サポーターの応援を必要としている。こういったプレッシャーで初めてプレーする選手もいる。しかし重要な勝利を求めて、全員で戦っていきたい。


 私は2カ月前から相手を分析してきている。ロシアでコンフェデレーションズカップも視察してきた。つまり、相手のことをすべて分析しているということだ。相手チームを見てみると、1人をのぞいてベストメンバーでくる。特にフィジカル面で印象の強いチーム、非常にアグレッシブだ。フィジカル的な戦いもあるということを考えて、それに応えなければならないが、われわれの特徴も出しながら、自分たちを出して集中して、たくさん速く走って戦わなければならない。それができれば、相手にとって困難なゲームを作れると思う。それをポジティブにとらえ、われわれの前に立ちはだかっている大きな障害も全員一体、サポーターと1つとなっていけば、必ず乗り越えて勝利を収められると思っている。


 合宿に初めて27人の選手を呼ぶ。いくつかの心配な点があるため、リスクを冒したくないため、このようにした。手元に呼んで、何人かの選手の状態や可能性を確認したい。ここ最近、1カ月ではドクターやトレーナーがヨーロッパやメキシコでケイスケを見たりしている。つまり、多くの情報が入ってきたということだ。われわれがここで作っているのは2人、3人の選手の物語ではなく、グループの物語だ。選手たちを見て、最も状態のいい選手を選びたい。

<メンバー27名>


GK:

川島永嗣(メス/フランス)

東口順昭(ガンバ大阪)

中村航輔(柏レイソル)


DF:

長友佑都(インテル/イタリア)

槙野智章(浦和レッズ)

吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)

酒井宏樹(マルセイユ/フランス)

酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)

昌子源(鹿島アントラーズ)

植田直通(鹿島アントラーズ)

三浦弦太(ガンバ大阪)


MF:

長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)

高萩洋次郎(FC東京)

香川真司(ドルトムント/ドイツ)

山口蛍(セレッソ大阪)

小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)

柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)

井手口陽介(ガンバ大阪)


FW:

岡崎慎司(レスター/イングランド)

本田圭佑(パチューカ/メキシコ)

乾貴士(エイバル/スペイン)

大迫勇也(ケルン/ドイツ)

原口元気(ヘルタ/ドイツ)

武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)

杉本健勇(セレッソ大阪)

久保裕也(ヘント/ベルギー)

浅野拓磨(シュツットガルト/ドイツ)

スポーツナビ

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント