躍進の日本競歩、世界陸上でメダルなるか 過去データから見るレース展望

日本陸上競技連盟
 イギリス・ロンドンで行われている陸上の世界選手権も、いよいよ13日に大会最終日を迎える。フィナーレを目前に日本勢が今大会初のメダルを狙うのが男女競歩だ。なお男女競歩の全種目が同じ日に行われるのはマラソンと同じく史上初のこと。ここでは、過去の記録やデータをもとにその見どころや楽しみ方を紹介する。

■日本代表
男子50キロ:荒井広宙(自衛隊体育学校)、小林快(ビックカメラ)、丸尾知司(愛知製鋼)
男子20キロ:高橋英輝、松永大介(ともに富士通)、藤澤勇(ALSOK)
女子20キロ:岡田久美子(ビックカメラ)

 50キロが、男女同時に13日7時45分(日本時間15時45分)にスタート。20キロは12時20分(同20時20分)、男子が14時20分(同22時20分)にスタートする。

 なお、大会開幕2週間前に女子50キロ競歩が「正式種目」として急きょ追加されたが、果たして何人が出場するのかも興味深い(日本選手は不出場)。参加標準記録の「4時間30分00秒」をクリアしているのはわずか5人である。

この10年で躍進した日本競歩界

日本競歩界初の五輪メダリストとなった荒井広宙 【写真:ロイター/アフロ】

「五輪」を含めたこれまでの日本選手の入賞者は、下記の通りだ。

<男子20キロ競歩>
2001年    7位 柳澤  哲(綜合警備保障)
2011年    6位 鈴木 雄介(富士通)
2013年    6位 西塔 拓己(東洋大)
2016年 五輪 7位 松永 大介(東洋大)

<男子50キロ競歩>
1991年    7位 今村 文男(富士通)
1997年    6位 今村 文男(富士通)
2005年    8位 山崎 勇喜(順 大)
2008年 五輪 7位 山崎 勇喜(長谷川体育施設)
2011年    5位 森岡紘一朗(富士通)
 〃     8位 谷井 孝行(自衛隊体育学校)
2012年 五輪 7位 森岡紘一朗(富士通)
2015年    3位 谷井 孝行(自衛隊体育学校)
 〃     4位 荒井 広宙(自衛隊体育学校)
2016年 五輪 3位 荒井 広宙(自衛隊体育学校)

<女子20キロ競歩>
2009年 6位 渕瀬真寿美(大塚製薬)

 このデータを見れば、21世紀になってから、特にこの10年あまりの躍進ぶりがよくわかる。男子の両種目は、五輪を含めてこのところはフルエントリーが続いている。

 日本選手が好成績を残し始めた2011年からの世界選手権至近3大会と五輪2大会の「優勝・3位・8位の記録」は以下の通り。

<男子20キロ競歩>
 年    優勝記録 3位記録 8位記録
2011年   1.19.56. 1.20.38. 1.21.50.
2012年五輪 1.18.46. 1.19.25. 1.20.12.
2013年   1.20.58. 1.21.21. 1.22.21.
2015年   1.19.14. 1.19.57. 1.21.37.
2016年五輪 1.19.14. 1.19.37. 1.20.27.

<男子50キロ競歩>
 年    優勝記録 3位記録 8位記録
2011年   3.41.24. 3.43.36. 3.47.19.
2012年五輪 3.35.59. 3.37.16. 3.41.24.
2013年   3.37.56. 3.40.03. 3.43.38.
2015年   3.40.32. 3.42.55. 3.46.00.
2016年五輪 3.40.58. 3.41.24. 3.46.43.

<女子20キロ競歩>
 年    優勝記録 3位記録 8位記録
2011年   1.29.42. 1.30.44. 1.31.40.
2012年五輪 1.25.02. 1.25.16. 1.27.56.
2013年   1.27.08. 1.28.10. 1.29.17.
2015年   1.27.45. 1.28.13. 1.30.32.
2016年五輪 1.28.35. 1.28.42. 1.30.24.

1/2ページ

著者プロフィール

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着コラム

コラム一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント