sportsnavi

TriggeR同士、激闘必至の河野vs.芦野のW-1王座戦
クルーザー王座奪取という吉岡の悲願は叶うのか!?
TriggeR同士でW-1チャンピオンシップを争う王者・河野と芦野
TriggeR同士でW-1チャンピオンシップを争う王者・河野と芦野【写真提供:WRESTLE−1】

 11日、都内GSPメディアセンターにて3月20日(月・祝)東京・後楽園ホール大会でWRESTLE−1チャンピオンシップをかけて戦うことが決定した王者・河野真幸と挑戦者・芦野祥太郎が記者会見を行った。同じユニット「TriggeR」内で争われるこの王座戦、果たしてどのような結末を迎えるのか!?


河野真幸「まぁ新年一発目、防衛して次は芦野とTriggeR対決でWRESTLE−1のトップのベルトを争えるという事なんで。まぁ当日までケガとかしないでコンディションよくして、万全の状態で臨みたいと思います」


芦野祥太郎「1月の後楽園で河野さんに挑戦表明させていただいてそれが受理されたという事で3月にタイトルマッチを行うんですが、このベルト……ものすごく欲しいです。純粋にその気持ちをぶつけて河野さんとTriggeR対決。TriggeRが最初に打ち出したコンセプトをやっと実現することができる。そう思っています」

河野「メインをTriggeR一色にしたい」

【写真提供:WRESTLE−1】

――河野選手は芦野選手の挑戦表明を受けた一番の理由とは何でしょうか?


河野 前チャレンジャーのイケメンにきちんと勝ってるっていうのもあるし、稲葉の時と同様彼とだったら純粋に一生懸命プロレスするだけでタイトルマッチが成立すると思うので。勝負ができると思います。なのでやっぱりWRESTLE−1の一番のベルトを争う、しっかりとした戦いを見せれると思うので。チャンピオンシップに相応しい試合を二人で見せて、3月の後楽園をビシッと。でも最後は俺が締めたいと思います。


――チャンピオンの目から見て復帰してからの芦野選手の戦いぶりというのはいかがでしょうか?


河野 うーん、やっぱりできなかった悔しさは彼今溜まってると思うので。今たぶんそれを徐々に試合をしながら戻してきていると思うので、まだ3月まで2カ月以上あるのか……だからそこまで俺もコンディション整えて。万全の状態でメインイベント、TriggeR一色にしたいと思います。


――芦野選手は復帰してからの短い期間で大きなチャンスを得ましたが、勝利やベルトへの欲が非常に強く感じられます。


芦野 そうですね、その欲でプロレスやってます。欲しかないです。復帰してからもそんな障害となる相手もいなかったので。そこはサクッとベルトへ挑戦できるようになったので。後は同じユニット内ですけど、このベルトをかけて純粋なプロレスを試合と思っています。


――チャンピオンの河野選手はかなりの強敵というか、倒すのは至難の技だと思うのですがいかがでしょう?


芦野 そうですね、はい。メチャクチャデカいですからね、まず。まぁチビにはチビにしかできないプロレスをやるので、そこが強みかなと考えております。


――芦野選手にとってこのWRESTLE−1チャンピオンシップというベルトはどういった意味合いがありますか?


芦野 所属している団体の一番上、純粋にそんな感じですね。まだ僕タイトル獲ったことないので、そのベルトを獲った時の気持ちとかわからないですけど、純粋に欲しいですね。


――芦野選手はTriggeRの最初に打ち出したコンセプトを見せれるとおっしゃいましたが、どのような戦いを見せたいと思っていますか?


芦野 熱い試合ですよね。この間の稲葉さんとのタイトルマッチみたいな。小細工なしの純粋なぶつかり合いですよね。しっかり勝負をリングの上で見せていきたいと思います。


――河野選手はいかがでしょう?


河野 僕も彼も客イジリとかは一切できないタイプなので。対戦相手だけ見て勝ち負けを争う。勝つことに向かってお互い競い合って、会場にいたお客さんを満足させて帰す。まぁ最終的に言うとあのリングを魅力あるものにしなきゃいけない。たぶん芦野も同じだと思うので。そこですよね。最終的にはWRESTLE−1のリングが羨ましく見えて、WRESTLE−1に来た客がWRESTLE−1のファンだって胸張れて、スタッフ関係者は胸張って仕事して。それが一番いい状態だと思うので。そんな感じですかね。


――河野選手からみて挑戦者の芦野選手に対して脅威に感じることはありますか?


河野 純粋に俺が分析すると、レスリング技術とアンクルロックだよね。そこを俺なりにどう対処するかを考えないと。まぁでも芦野がやっつけた、やられた奴らを見てるからね。こういうやり方があるんだな、とかこういう逃げ方があるんだな、とかいろいろ研究して3月の本番まで対策を練りたいと思います。


芦野 あとこの間の後楽園でイケメンとやったんですけど、ケガしたみたいで。まぁ練習してないからケガするんだと思うんですけど。それで1月25日の喧嘩祭りですね。そのカードがなんか穴ができたみたいなんで代わりに出てやろうかと。まぁ誰とでも別にいいんで、その辺は土肥熊がオファーしてくるの待ちますよ。そんな感じです。


 同じ志の下で結成されたTriggeR。無駄を排除し、純粋な戦いを突き詰めるために結成されたこのユニット内で、ついに頂点のベルトをかけて河野と芦野が戦う。その二人が発する言葉には一切の憎しみなどは感じられない。純粋にどちらが強いか決めるだけ。全身全霊で戦う二人の空間は、見ているものに何を感じさせるのだろうか。そしてこの戦いの果てにはいったい何が訪れるのだろうか。

吉岡「一発イイの入れられればベルトを獲れる」

悲願のクルーザー王座奪取を狙う吉岡世起
悲願のクルーザー王座奪取を狙う吉岡世起【写真提供:WRESTLE−1】

 続いては、同じく3月20日(月・祝)東京・後楽園ホール大会にてWRESTLE−1クルーザーディビジョンチャンピオンシップに挑戦が決定した吉岡世起が記者会見を行った。過去数回挑戦するも奪取まで至らなった同王座について吉岡はどのように語るのだろうか。


吉岡世起「この間の後楽園で挑戦表明する前に向こうに挑戦者として決めてもらうというよくわからない状況でしたけども、挑戦が決まったからにはクルーザーのベルトを獲りたいと思います。昨日の名古屋大会で、追い込まれましたけどMAZADA選手からスリーカウント獲りましたんで。一発イイの入れられればベルトを獲れるというのを証明できたので、次のタイトルマッチで決めたいと思います」


――王者のMAZADA選手は経験も豊富で非常に強敵だと思いますが、吉岡選手から見て王者はどのような印象ですか?


吉岡 MAZADA選手はそうですね……本当に曲者だと思います。普段の試合とタイトルマッチとじゃ本当に人が違うかのような畳みかけ方、ギアの上げ方っていうのは本当にすごいと思います。やっぱりそういう怖いMAZADA選手に勝たないと未来を作れないと思うので、僕はその怖いMAZADA選手に勝ってクルーザーチャンピオンになりたいと思います。


――昨日の試合で6人タッグではありましたが直接勝利したことが自信につながっているということでしょうか?


吉岡 そうですね。MAZADA選手と試合自体もそんなになくて、あんなに試合で絡むっていうのも久々だったので。MAZADAさんの怖いところを見れたのも一つの収穫ですし、そのMAZADAさんからスリーカウントとれたのも自信になってますね。


――クルーザーのベルトを獲ったらやはりクルーザー戦線を自分の手で引っ張っていくという気持ちは強いですか?


吉岡 そうですね。WRESTLE−1を旗揚げしてから結構いろいろチャンスに恵まれて。他団体でも王座戦を経験して。NEW ERAの中でもたぶんぶっちぎりで王座戦やっていると思うので。ただWRESTLE−1のベルトに関してはケガとかでいろいろチャンスをつぶしてきたので。もういい加減獲らないとっていう気持ちでいます。


――確認なんですが。前回の後楽園で王者が先に挑戦者に決めてしまったんですが、当然クルーザーのベルトに挑戦しようとしての行動だったんですよね?


吉岡 どうでしょうね(笑)そうです、その通りです。


――王者のMAZADA選手はこれまで王座戦では一貫して余裕を見せていますが、そこを切り崩す方法などは考えているのでしょうか?


吉岡 そうですね、僕が児玉さんアンディさんとも違うところって、一発。イイ蹴りが入れば意識を飛ばせるので。そういう余裕を見せたら危ないっていうのを昨日の名古屋で分かってもらえたと思うので、ちょっと緊張感を与えることはできると思います。


 過去、何度もチャンスをつかみ、すべてとは言わないもののものにしてきた吉岡。しかしWRESTLE−1のベルトには手が届いていない。特に自分の階級であるクルーザーのベルトには何度も挑戦しているが、届かなかった。だからこそ今回のチャンスは背水の陣。冷静さの奥に秘めた負けん気の強さがこの王座戦で爆発した時こそ、吉岡が王者となる瞬間なのかもしれない。

新設リザルトチャンピオンシップ初代王者は?

新設リザルトチャンピオンシップ初代王者決定トーナメント出場者たち
新設リザルトチャンピオンシップ初代王者決定トーナメント出場者たち【写真提供:WRESTLE−1】

 最後に、1月15日(日)山梨・山の都アリーナ(甲府市)大会から開幕するWRESTLE−1リザルトチャンピオンシップ初代王者決定トーナメントに出場する7選手(村瀬広樹は欠席)がそれぞれコメントを発表した。この新王座の初代王者となるのはいったいどの選手なのだろうか。


土肥孝司「このベルトになんの価値があるかわかりませんが、まぁ普通にファンの人が見ても個人的にもこの組み合わせ、普通に俺が優勝するかなと。それだけですね」


三富政行「新設のベルトのトーナメントにエントリーしていただいてありがとうございます。ただですね、今土肥選手が言ったようになんの意味があるかっていうのがなかなか見いだせないのですが、このトーナメント表を見たときに間違いなくこっちのブロックは土肥が勝つな、あっちのブロックはまぁ熊ゴローか村瀬じゃねぇか、絶対見ているファンの人はそう見ると思うんですよ。でもそれじゃプロレスは面白くないと思うんで。10回中7回は予想通りのことが起きても残りの3回はどんでん返しが起こらないとみている人はつまらないと思うんです。なのでこのトーナメントは僕が引っ?き回して新しい景色を見せられたらと思います」


藤村康平「今まで僕はPro−Wrestling ACEの人たちに負けてきて悔しい思いをしてきました。で、今結果をこの中で一番欲しがっているのは僕です。このトーナメント優勝してリザルトのベルトを巻くのは僕です」


タナカ岩石「Pro−Wrestling ACEのタナカ岩石です。正直言うとデビューしてまだ半年もたっていないのですが、こんなチャンスを僕たちにもいただけるんだなという驚きと同時に、もう気持ちが入ってます。このチャンスをものにしないといけないと思っています。なのでまず一回戦。同期の伊藤、先輩の立花さん、頓所さん、藤村さんからギブアップもスリーカウントも獲っています。この一回戦目、僕が藤村さんからスリーカウントを獲って、ACEの名前を、僕の名前をWRESTLE−1で広めたいと思っています。


熊ゴロー「熊ゴローです。一回戦の相手が立花誠吾。後輩ですけど、僕は相手が誰であろうと全力で叩き潰して一回戦突破して。そして二回戦も誰が上がってくるかわからないですけど突破して、決勝は土肥熊で熱い戦いをして僕が勝ってベルトを獲りたいと思います」


立花誠吾「まず初代王者決定トーナメントにエントリーしていただきありがとうございます。一回戦の相手、熊ゴローさん、体格全然違います。だけどしっかり勝つ方法を見出して、短い期間ですけどもっと練習して一回戦突破して優勝します」


村瀬弘樹「(欠席のためコメント発表)リザベルトかアスベストか知らねぇけど、WRESTLE−1で二番目?のベルトに関してのコメントは何もありません」


頓所隼「Pro−Wrestling ACEの頓所隼です。今回このトーナメントに出れるのがすごくうれしいです。トーナメントまですごく楽しみな気持ちもありますが、不安な気持ちもあります。でもこのトーナメントに出るからには必ずいい結果を残したいと思います」


――土肥選手は先ほどこのメンバーなら勝って当たり前とおっしゃっていましたが、逆に負けたら、という危機感を持っているということでしょうか?


土肥 そうですね、もちろんそれは。ただ新設王座の会見で来てないやつもいれば就活生の並びみたいな、前代未聞の王座ベルトですか。まぁでも初代王者になったらいろいろ発言権も出ると思うので、巻いてからいろいろと考えようと思います。


――先ほど熊ゴロー選手からは決勝は土肥熊対決という発言もありましたがそれを受けていかがでしょうか?


土肥 まぁ普通に言ったら熊ゴローが上がってくると思うんで、まぁ足元すくわれんなよっていう感じですね。まぁそこでシングルでいい試合をすることでタッグチームとしてもさらなる高みへ行けると思うので、そこは決勝でやりたいですね。

■「WRESTLE−1 TOUR 2017 TRANS MAGIC」

3月20日(月・祝)東京・後楽園ホール 開場18:00 開始19:00


<WRESTLE−1チャンピオンシップ 60分1本勝負>

[王者]河野真幸

[挑戦者]芦野祥太郎

※河野は3度目の防衛戦


<WRESTLE−1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ 60分1本勝負>

[王者]MAZADA

[挑戦者]吉岡世起

※MAZADAは2度目の防衛戦

WRESTLE−1

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント