IDでもっと便利に新規取得

ログイン

前橋育英で成長を続ける双子の兄弟
父が成し得なかった選手権制覇を2人で

先に頭角を現したのは弟、兄は出番のない日々を送る

層の厚い前橋育英の中で、先に頭角を現したのは弟の涼(写真)。兄の悠は出番のない日々を送った
層の厚い前橋育英の中で、先に頭角を現したのは弟の涼(写真)。兄の悠は出番のない日々を送った【写真:YUTAKA/アフロスポーツ】

 第95回高校サッカー選手権で2年ぶりのベスト4に駒を進めた前橋育英(群馬)。「上州のタイガーブラック軍団」に絆を深める双子の兄弟がいる。


 田部井悠と涼。全国屈指のサッカー強豪校で彼らはお互いを刺激し合い、時に励まし合いながら、日々成長を続けていた。


 群馬県で生まれ育った2人は、小学校、中学校と同じチームでプレーしていた。「群馬で強いところと言ったら前橋育英。そこでチャレンジしたいと思ったんです。それは涼も全く同じ気持ちでした」(悠)と、他県からも実力者が集まる名門の扉をたたいた。


 右利きで強烈なシュート力を持つ兄・悠と、左利きでボランチからサイドハーフまでこなす弟・涼。「毎日よくしゃべります。特にサッカーのことはお互いのプレーで感じたことや、こうした方が良いというアドバイスを送り合っています。周りから『本当に仲が良いよね』と言われます」と悠が語ったように、同じ部屋で暮らす彼らは仕切りがあるにもかかわらず、それを外しているほど。2人は近くで切磋琢磨(せっさたくま)を続けてきた。


 だが、選手層が厚い前橋育英において、2人の立場は変わっていく。先に頭角を現したのは、弟の涼だった。2年生になった春からレギュラーを獲得し、得意の左足を駆使して、ピッチ上で存在感を放っていた。一方で悠はトップチームにはいたが、出番がない日々を送っていた。


「本当に悔しかった」(悠)


 仲良しの兄弟ではあるが、ピッチに立てば絶対に負けられないライバルでもある。「プロになることが僕らの共通の夢」(涼)である以上、共にピッチに立って活躍をしたいと思うのが当然。涼はレギュラーを張り続け、成長をするために必死で練習に励み、悠もレギュラーを勝ち取るために必死で練習に打ち込んだ。

選手権予選の決勝では逆転勝利の原動力に

 この熱が交わるときが、ついにやってきた。


 選手権群馬県予選・2次予選の決勝、前橋商業との「前橋クラシコ」。この試合でスタメン出場を果たした涼は、右サイドハーフとして質の高いクロスを送るなど、サイドで起点を作った。しかし、チームは前半に失点し、後半に入っても攻めあぐねる時間が続いた。すると60分、ピッチサイドには悠がユニホーム姿でスタンバイをしていた。


「準決勝まで1試合も出られなかったけれど、いつ出番がきても、流れを変えるプレーができるように常に意識していました。ずっと調子が良かったし、ついに(出番が)きたと思いました」とモチベーションを高めた悠。その姿を見て、「今週の練習を見ていても、悠はすごく調子が良かったので、出番はあると思った。すごくうれしかった」と涼もまた気持ちを高めていた。そして、前橋育英に入学してから初となる、トップチームの公式戦での兄弟そろってのプレーが実現した。


 左に悠、右に涼。両サイドハーフに入った2人は、いきなり息の合ったプレーを見せた。涼がボールを持った瞬間、悠が裏のスペースに動き出し、そこにピンポイントの縦パスが届く。「あのパスに反応してくれて、すごく分かり合えているなと感じました」(涼)と、彼らの躍動感あるプレーが苦しんでいたチームを活気づけた。


 63分にMF飯島陸が1点を返し、試合を振り出しに戻した。そして迎えた67分、悠の放った強烈なミドルシュートはGKのファインセーブに合うが、これで得たCKをファーサイドで悠が頭で折り返すと、DF渡邊泰基がヘッドでゴールに突き刺した。2−1の逆転勝利で前橋育英は3年連続の選手権出場を決めた。その原動力になれたことは、2人とって大きな喜びだった。


「僕が試合に出ていなくても、僕がもし出ていたらこうするとか、涼とよく話し合ったし、そのおかげで常に試合に出るイメージを持てていました。両ワイドを2人で組むことは1回もなかったので、すごく新鮮でしたし、うれしかった。僕にとっても大きな自信になりました」(悠)

2人そろってのスタメン出場も近づいたはずだったが……

練習試合でけがを負った涼を励ましたのは、悠(写真)だった
練習試合でけがを負った涼を励ましたのは、悠(写真)だった【写真:YUTAKA/アフロスポーツ】

 これで2人そろってのスタメン出場もグッと近づいた――はずだった。だが、選手権開幕を約1カ月後に控えた11月20日、駒澤大高との練習試合で涼は第3腰椎横突起骨折というけがを負った。


「けがをした瞬間、正直『ああ、もう選手権には出られないな……』と思いました」落ち込む涼を励ましたのは、悠だった。


「選手権までまだ時間がある。まずは無理をせず治すんだ」涼の気持ちは痛いほど分かる。だが、無理をしてほしくない。悠の励ましに、涼も必死のリハビリで応えた。そして、涼は何とか開幕に間に合わせた。しかし、つかんでいたレギュラーの座はなく、その座に着いたのは悠だった。


「悔しいのは間違いないですが、出番がきたら絶対に流れを変えてやろう。試合を決めてやろうと常に考えて準備をしています」涼がそう心に決めていたのは、悠の姿を見てきたからだった。これまで悠が味わってきた思いを、今自分が味わっている。常に意見をぶつけ合って、分かり合ってきた仲だからこそ、今何をすべきかを涼は分かっていた。

安藤隆人

大学卒業後、5年半勤めた銀行を退職して単身上京し、フリーサッカージャーナリストに転身した異色の経歴を持つ。ユース年代に情熱を注ぎ、日本全国、世界各国を旅し、ユース年代の発展に注力する。2012年1月にこれまでのサッカージャーナリスト人生の一つの集大成と言える、『走り続ける才能たち 彼らと僕のサッカー人生』(実業之日本社)を出版。筆者自身のサッカー人生からスタートし、銀行員時代に夢と現実のはざまに苦しみながらも、そこで出会った高校1年生の本田圭佑、岡崎慎司、香川真司ら才能たちの取材、会話を通じて夢を現実に変えていく過程を書き上げた。13年12月には実話を集めた『高校サッカー 心揺さぶる11の物語』(カンゼン)を発刊。ほかにも『高校サッカー聖地物語 僕らが熱くなれる場所』(講談社)、があり、雑誌では『Number』、サッカー専門誌などに寄稿。2013年5月〜14年5月、週刊少年ジャンプで『蹴ジャン!SHOOT JUMP!』を連載した。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント