ニコ、先を見通す冷静さで初戴冠近づく
今宮純の米国GPインプレッション
スタートで3番手に落ちたロズベルグだが、それに動じずレースを進めた
スタートで3番手に落ちたロズベルグだが、それに動じずレースを進めた【XPB Images】

 勝ったのはルイス・ハミルトン、王手をかけたのはニコ・ロズベルグ。切迫感が伝わるCSシリーズ“開幕戦”米国GPだった。26点差に詰め寄る50勝目、この国で最多タイ5勝にも小さな笑いでいたハミルトン。次戦メキシコGPでハミルトンが10位以下に終わり、ロズベルグに勝たれたら、そこで今年が終わる。3度優勝してきたチャンピオンだからこそ逆の立場、大詰めにきて敗れ去った者の不安な深層心理が分かるのかもしれない。


 春から何度も体験した“ビッグ・バン”。中国GP予選、ロシアGP予選、ベルギーGPフリー走行、マレーシアGP決勝、自分のパワーユニットだけに起きた。初めてここでのPPを決め、スタートも決まり、独走展開に持ち込んでもトラウマがこびりつき長かった56周レース。それはハミルトン自身だけでなく、チームスタッフも全く同じ心境だった。


 ふたりのタイトル争いをトラブルによって左右したら、コンストラクターズ3連覇メルセデスの威厳に関わる。彼らが今季初めて金曜夜、残業作業でハミルトンのマシンを徹底チェックしたのもその表れだ。


 初日のフリー走行1回目からトップ発進、流れがハミルトンに向いてきたと感じた。イニシャル・セッティングで先行、そこから慎重にブレーキ設定を進めていった。予選アタックラップでは1コーナーからセクター1の6コーナーまでが飛び抜けて速く、完全なカーバランスに一体化していたハミルトン。あれを見せつけられては、ロズベルグはコメントとは裏腹に「勝たずとも失わないレース」、2位堅持をメインテーマにしたはずだ。

F1速報
F1速報

現在、日本で唯一のF1グランプリ速報誌。サイトでは最新ニュースとともに、ウェブ限定のオリジナル記事を多数掲載しています。現場からの速報だけでなく、独自の分析やバラエティ企画も充実。F1ファンが、もっとF1を楽しむための場を目指して、これからも進化していきます。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント