IDでもっと便利に新規取得

ログイン

自身の存在価値を再認識させた山口蛍
苦境からの浮上へ、踏み出した大きな一歩

紆余曲折を経て、3月以来の代表戦のピッチへ

最終予選・タイ戦でピッチに立った山口蛍。3月に重傷を追って以来の代表戦のピッチだった
最終予選・タイ戦でピッチに立った山口蛍。3月に重傷を追って以来の代表戦のピッチだった【写真:中西祐介/アフロスポーツ】

 左股関節に違和感を抱えていた柏木陽介の状態が回復したことで、柏木と長谷部誠のボランチコンビで挑むのではないかと見られた6日のワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第2戦・タイ戦(2−0)。しかし、メンバーリストに名を連ねたのは柏木ではなく、背番号16を付ける山口蛍だった。


 彼にとってこの試合は、3月29日の2次予選シリア戦(5−0)の後半10分に相手と接触し、鼻骨骨折および左眼窩底骨折の重傷を負って以来の代表戦のピッチだった。その間には、過酷なリハビリ、ヘディングに対する恐怖心との戦い、所属していたハノーファーのブンデスリーガ2部降格、2年連続でJ2を戦っている古巣・セレッソ大阪への復帰など、さまざまな紆余曲折があった。


「サッカー選手としての成長も大事かもしれないけれど、今は『自分の気持ち』を一番優先したいなと思いました。どこでやっても自分のサッカーに対するスタンスを貫ければいいのですが……。」と自身の身の振り方を決めかねていた6月初旬、彼は自主トレに励んでいたC大阪の舞洲グランドで、率直な思いを口にしたことがあった。


 その「自分の気持ち」というのが、古巣・C大阪への強い愛着だった。それを取ってJ2へ復帰すれば、日本代表の選考には明らかにマイナスに作用する。山口自身もそのことはよく分かっていたはずだ。しかしながら「戻ると決めた時点で(J1に復帰するまでの)半年は(代表に)呼ばれない覚悟を決めた。代表どうこうより、チームをどうにかしなくちゃという考えの方が強かった。だから代表のことは全然気にしていなかったです」とクラブ最優先の考えを貫き、大きな決断を下したのだ。


 この反響は大きく、彼は各方面から容赦ない批判にさらされた。「『早く帰って来すぎじゃないか』とか『逃げて帰ってきた』とか、いろいろな人から言われましたけれど、そう思われてもおかしくない。でも、ここから自分が何を成し遂げていくかで人の見方も変わると思います」と本人は自分に言い聞かせ、雑音を封印しようとした。


 しかし、肝心のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が「蛍のJ2復帰についてはまったく喜んでいない。彼はドイツで良いプレーをするのに必要なクオリティーを全部持っていて、興味深い選手になるはずだった」と皮肉たっぷりにコメントしたことは、心に突き刺さる部分があったに違いない。


 だからといって、2014年のW杯ブラジル大会では3試合出場という国際経験を持ち、デュエル(1対1の競り合い)に圧倒的な強さを見せる男を簡単には外せない。J2の試合に何度もスタッフを送り視察させ、今回の2連戦では代表メンバーに抜てきした。合宿初日だった8月28日のトレーニングでもマンツーマン指導を課すほど、大きな期待を示していた。

チームを救ったタイ戦でのプレー

タイ戦でコンビを組んだ長谷部(17番)も「自分の守備負担が減る部分が間違いなくあった」と山口を評価
タイ戦でコンビを組んだ長谷部(17番)も「自分の守備負担が減る部分が間違いなくあった」と山口を評価【写真:中西祐介/アフロスポーツ】

 1日の最終予選初戦のUAE戦(1−2)でも、攻撃のキーマンであるオマル・アブドゥルラフマン封じに山口を起用するというのが大方の見方だった。ところが、大一番でボランチに抜てきされたのは、リオデジャネイロ五輪世代の若手・大島僚太。柏木に近い攻撃的タイプを使いたかったのだろうが、山口は事実を淡々と受け止め、ベンチから戦況を見守るしかなかった。結果的にその大島が2失点に絡み、日本は重要な初戦を落とした。


「前のアジアカップを見ても、UAEに縦に一発で行かれて7番(アリ・マブフート)、11番(アハメド・ハリル)が起点を作る場面が結構ありました。あそこでキープしてファウルを誘って、FKでチャンスを作るというプレーがほとんどだった。結局はそれしかなかったと思うので、もうちょっと予測ができれば、センターバックも早めに潰せたかもしれないし、ボランチももっと早く挟みにいけたかなと思います」と敗戦の翌日、山口は冷静にチームの問題点を分析した。そのうえで「いつでもいけるように準備はしておこうと思います」と良い意味での割り切りを持って、勝負のタイ戦に照準を合わせた。


 負けたら指揮官の解任騒動にも発展しかねなかった大一番。日本随一のボール奪取職人を投入した効果は序盤から大いに表れた。接近戦にめっぽう強い25歳のボランチは、相手攻撃陣の起点である「タイのメッシ」こと、チャナティップ・ソンクラシンを立て続けに潰し、ボールを奪った。味方が縦パスをインターセプトされても、山口が的確なポジションに動いてボールを取り返し、攻撃の芽を確実に摘む。そんなシーンが繰り返され、チーム全体が何度も彼に救われた。


「自分の特徴はそういうところにあるから、試合に出たらそれを出そうと思っていました。自分のやるべきことをやっただけかなと思います」と日頃からあまり感情を表に出さない山口は静かに語ったが、コンビを組んだ長谷部は「蛍はとにかくボールを奪いにいく力があるし、今日はそこでかなりチームに貢献していた。自分の守備負担が減る部分が間違いなくあった」と前向きに評していた。


 百戦錬磨の長谷部といえども、大島とはプレー時間があまりにも少な過ぎてバランスを取ることで苦労していたが、やはりW杯ブラジル大会を共に戦ったダイナモとのコンビは安定感があった。日本の中盤の落ち着きはUAE戦とは比べ物にならないほど大きかった。

元川悦子
元川悦子

1967年長野県松本市生まれ。千葉大学法経学部卒業後、業界紙、夕刊紙記者を経て、94年からフリーに。Jリーグ、日本代表、育成年代、海外まで幅広くフォロー。特に日本代表は非公開練習でもせっせと通って選手のコメントを取り、アウェー戦も全て現地取材している。ワールドカップは94年アメリカ大会から5回連続で現地へ赴いた。著書に「U−22フィリップトルシエとプラチナエイジの419日」(小学館刊)、「蹴音」(主婦の友社)、「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年」(スキージャーナル)、「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」(日本放送出版協会)、「僕らがサッカーボーイズだった頃』(カンゼン刊)、「全国制覇12回より大切な清商サッカー部の教え」(ぱる出版)、「日本初の韓国代表フィジカルコーチ 池田誠剛の生きざま 日本人として韓国代表で戦う理由 」(カンゼン)など。「勝利の街に響け凱歌―松本山雅という奇跡のクラブ 」を15年4月に汐文社から上梓した

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント