sportsnavi

21歳の若武者が背負う日本人初の10番
大分の背番号にまつわるストーリー

アプリ限定

21歳の若さで託された重責

今季から背番号10を背負う松本。大分をJ2に昇格させるため、不退転の覚悟で挑む
今季から背番号10を背負う松本。大分をJ2に昇格させるため、不退転の覚悟で挑む【写真:長田洋平/アフロスポーツ】

 大分トリニータの背番号「10」の系譜は、ウィル、チェ・ムンシク、マグノ・アウベス、ウェズレイ、キム・ボギョンと、Jリーグで名を残した外国人選手に受け継がれている。今年は固定背番号制を導入した1997年から数えて15人目の背番号「10」が誕生したのだが、初めて日本人選手が背負うことになった。新しい「10」のユニホームに松本昌也が袖を通す。21歳の若さでエースナンバーの重責を託されたが、松本はあくまでも強気だった。


「僕がトリニータを変える」


 その決意は昨年J3に降格が決まった瞬間に湧き出た思いだ。「(チームを)J3に降格させた責任を感じている。僕は大分県出身の選手だし、このままでは終われない。まずは1年でJ2に昇格する。その過程で、チームに一番必要だったと言われるような選手になりたい。シーズンが終わったときに、そんな活躍をしていたい」と、今季は不退転の覚悟で挑む。

柚野真也

1974年生まれ。大分市出身のスポーツライターで、プロ、アマ問わず、あらゆるスポーツを幅広く取材する。現在はWEBマガジン『trinita.eye(http://www.targma.jp/oita/)』やエリアスポーツマガジン『yell sports 大分』など各媒体で執筆するとともに、スポーツニュースのコメンテーターとしても活躍中。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント