IDでもっと便利に新規取得

ログイン

解放された10の呪縛、歴史を変えた橋本
水戸の背番号にまつわるストーリー

アプリ限定

10番が活躍できない不思議なジンクス

長年10番が活躍できないジンクスがあった水戸。それを破ったのが、12年の橋本晃司だった
長年10番が活躍できないジンクスがあった水戸。それを破ったのが、12年の橋本晃司だった【(C)J.LEAGUE PHOTOS】

 サッカーにおいてのエースナンバーとも言える「背番号10」。多くのクラブにとっては、顔的な存在の選手が背負ってきた番号であり、さかのぼればクラブの歴史に華やかな足跡を刻んできた選手の名前が挙がることだろう。


 だが、水戸ホーリーホックはそうではない。いや、そうではない時期が長く続いた。


 J2に昇格した2000年以降、「背番号10」をつけた選手は活躍できないという「背番号10の呪縛」に苦しめられてきたのだ。田中マルクス闘莉王をはじめ、これまで多くの選手の才能を開花させ、J1に羽ばたかせてきた水戸だが、背番号10をつけた選手だけは活躍することができずにいた。


 特に03年からは、上園和明、樹森大介、森田真吾と、前年に活躍した選手たちに背番号10が託された。だが、どの選手も前年の活躍がうそのように不振に陥り、そのシーズン限りでチームを去るという流れが続いたことが大きかった。そこからジンクスは始まったと言える。


 その後は金東燦(キム・ドンチャン)、満生充と新人選手にいきなり背番号10が与えられたものの、彼らも期待に沿うような活躍ができないまま、それぞれ2年間でチームを去っていった。10年には元横浜F・マリノスの大橋正博、11年には元U−20日本代表MF遠藤敬佑が背負ったが、いずれもジンクスを破るような活躍を見せることはできなかった。


 下位に低迷し続けた水戸。チームとしての殻を破るためにも、そのジンクスを打ち消す必要があった。


 そして12年、ついにそのときはやってきた。


 橋本晃司が水戸の歴史を変えたのだ。

佐藤拓也

1977年7月30日生まれ。横浜市出身。青山学院大学卒業後、一般企業に就職するも、1年で退社。ライターを目指すために日本ジャーナリスト専門学校に入学。卒業後に横浜FCのオフィシャルライターとして活動を始め、2004年秋にサッカー専門新聞『EL GOLAZO』創刊に携わり、フリーライターとなる。現在は『EL GOLAZO』『J’s GOAL』で水戸ホーリーホックの担当ライターとして活動。2012年から有料webサイト『デイリーホーリーホック』のメインライターを務める。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント