鈴木軍入りした杉浦が丸藤組に圧勝
みのると潮崎が横浜決戦を前に大舌戦

16年も逆風の出航 杉浦、潮崎らの動向は!?

新生鈴木軍となった杉浦、みのるのノア侵攻は16年も続く
新生鈴木軍となった杉浦、みのるのノア侵攻は16年も続く【横田修平】

 プロレスリング・ノア新年初興行となる9日の「NEW YEAR Navig. 2016」東京・後楽園ホール大会では、1.31神奈川・横浜文化体育館大会に向けた前哨戦などが行われた。


 ノアは昨年、鈴木みのる率いる鈴木軍の侵攻を受け、GHC4大タイトルすべてを奪われた上、タイトル戦線20連敗という屈辱を味わわされた。だが、旗揚げ15周年記念大会となった昨年12.23東京・大田区体育館大会で、4つのうち3つまでをノアに取り戻すことに成功。今大会の試合前に新春のあいさつを行った田上明社長は「去年はだいぶ厳しい年でしたが、今年は頑張っていきますので、皆さんご声援お願いします」とファンに語ったが、2016年も順風満帆とはいかない、逆風での出航を強いられている。


 まずひとつは、ノアの主要メンバーであった杉浦貴の裏切りだ。


 旗揚げ当初からの所属選手であり、現役の選手会長であった杉浦は、12.23大田区でGHCヘビー級王者となった丸藤正道を襲撃し、鈴木軍入りを表明。ノアにとって最も頼もしい存在であった男が、外敵サイドに回ったのは大きな痛手となる。

ノアに戻ってきた潮崎の動向も気になるところ
ノアに戻ってきた潮崎の動向も気になるところ【横田修平】

 そして、もうひとつが一度はノアを退団した潮崎豪、金丸義信ら“出戻り組”の動向だ。2人とも、かつてはノアでヘビー級、ジュニアヘビー級の頂点に立ちながらも、12年末にノアを退団。全日本プロレスへ移籍したが、団体の経営難が伝えられると、保持していたタイトルを返上してまで退団。フリーとして、約3年ぶりに古巣のリングを踏むことになった。だが、一度はノアを「捨てた」2人への風当たりは強く、潮崎の初登場時にはブーイングや罵声が浴びせられる事態に。潮崎は「ノアの力になりたい」と訴えているものの、ノアファンとしては許せないという思いも根強く残っている。


 旗揚げ16年目を迎えたノアが今後どうなっていくのか。


 今年一発目のビッグマッチとなる1.31横浜文化体育館大会ではGHC4大タイトルマッチを実施。ノアvs.鈴木軍が今度こそ完全決着で終焉を迎えるのか、潮崎がノアでどのようなポジションを確立していくのか、またも新たな波乱が訪れるのか、先が読めない状況だ。

みのる「時限爆弾はひとつではない」

連携も見せる杉浦とみのる
連携も見せる杉浦とみのる【横田修平】

 後楽園大会のメインイベントでは、GHCヘビー級王者に返り咲いた丸藤正道がマイバッハ谷口と組んで、杉浦貴、鈴木みのるの新生鈴木軍と対戦。ノアを捨て、鈴木軍と結託した杉浦が、凶器攻撃も辞さないラフファイトで完全勝利を飾った。


 杉浦はゴングを待たずに丸藤に奇襲を仕掛けると、エルボー、チョップ合戦を展開。場外から谷口の背中をイスで一撃し、場外でもイスを振り下ろす。杉浦が谷口をサブミッションでとらえると、みのるも場外から手を出して加勢。10分過ぎには、丸藤にスピアーを突き刺し、丸藤の逆水平チョップと杉浦のエルボーで打ち合いとなる。みのるのアシストを受け、谷口を雪崩式ブレーンバスターで投げると、みのるが拳を打ち込んだのを見て自分もナックル。みのるが丸藤をスリーパーで締め上げ、「見てろよ」と目を向けながらゴッチ式パイルドライバーを決めるのに合わせ、杉浦もオリンピック予選スラムで谷口をマットに沈めた。


 みのるとの息もピッタリで、身も心も鈴木軍入りしたことを満天下に知らしめた杉浦だが、試合後は一言も発さず。代わりにみのるが「テメエらに証明しといてやる。1年前と風景は何も変わってない。変わったところは鈴木軍に新しい力が入ったことだ」と、GHCのベルトがノアに移動しても、鈴木軍が最強であることはゆるぎないと主張した上で、「ノア、いい正月は迎えたのか? おまえらの眠る日はもう無いぞ。オレが仕込んだ時限爆弾はひとつとは言ってない。あとは見てればすべてが分かる」と、杉浦に続く、新たな仕掛けが近々火を噴く可能性を匂わせた。

潮崎「ノアの力になりたい」とみのるとにらみ合い

ノアに戻ってきた金丸には声援も送られた
ノアに戻ってきた金丸には声援も送られた【横田修平】

 潮崎豪、金丸義信のフリー参戦組は、鈴木軍のシェルトン・X・ベンジャミン、エル・デスペラード組と対戦。ノア再登場以来、日に日に声援が増していく潮崎に対し、これが約3年ぶりのノア復帰となる金丸には早くも「金丸」コールが発生。鈴木軍の鉄柵やイスを使ったラフ殺法にあくまでクリーンファイトで応じ、潮崎がベンジャミンにダイビングショルダータックル、逆水平チョップ、トラースキック、フィッシャーマンスープレックス。金丸はデスペラードのギターラ・デ・ムエルタをカウント2で切り返すと、フロッグスプラッシュをかわし、潮崎の逆水平チョプ、金丸がディープインパクトと繋ぎ、ジャンピングハイキックからのタッチアウトでフィニッシュ。ノアファンも歓声と拍手で祝福した。


 潮崎と金丸はメインイベント終了後、暴れ回る鈴木軍の狼藉を見かねてリングに飛び込むと、ダウンした丸藤になおも張り手を見舞うみのる、丸藤のGHCベルトを強奪した杉浦の前に立ちはだかってけん制。潮崎は「ノアの力になりたい。その言葉に嘘は無いし、本気でそう思ってる。プロレスリング・ノアは沈ませない。鈴木みのる、オレはおまえに勝つ」と言い、横浜で一騎打ちを行うみのるとロープをはさんでにらみ合うと、みのるも「潮崎豪、テメエがノアの力になる? この沈没船の何の力になる? おまえ、もしかして、ヨソでちょっとベルト獲ったからって、オレに勝てると思ってるのか? おまえの思ってる遥か上にオレはいる。31日なんて言わないで、今すぐここでやればいいじゃないか」と潮崎の襟首をつかんで戦闘モードに突入。


 セコンドが引き離すと、「とっととおうちへ帰りなさい、ここはテメエなんかが足を踏み入れていいところじゃない。テメエら2人の前にいるオレたちが、一番強い王様集団、鈴木軍、イチバーン」と、格の違いを見せ付けた。

高木裕美

静岡県沼津市出身。埼玉大学教養学部卒業後、新聞社に勤務し、プロレス&格闘技を担当。退社後、フリーライターとなる。スポーツナビではメジャーからインディー、デスマッチからお笑いまで幅広くプロレス団体を取材し、 年間で約100大会を観戦している 。最も深く影響を受けたのは、 1990年代の全日本プロレスの四天王プロレス。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント