IDでもっと便利に新規取得

ログイン

リオ五輪に挑むサクラセブンズの可能性
「女子の7人制は世界に最も近い」

晩秋の東京に季節外れのサクラ咲く

リオ五輪出場を決め、抱き合って喜ぶ女子7人制ラグビー日本代表
リオ五輪出場を決め、抱き合って喜ぶ女子7人制ラグビー日本代表【斉藤健仁】

 晩秋に満開の桜が咲いた――。秩父宮ラグビー場にサクラセブンズの笑顔が溢れた。


 11月28日、29日、東京・秩父宮ラグビー場で、女子7人制ラグビーのリオデジャネイロ五輪の予選第2戦、日本大会が行われた。「サクラセブンズ」こと女子7人制日本代表は、第1戦の香港大会で優勝し、ホーム開催ということで大きなアドバンテージを持って臨んだ。日本、カザフスタン、香港、中国、グアム、スリランカの6つの国・地域が出場。サクラセブンズは見事に、日本大会でも優勝し、2大会のラインキングポイントの合計を12に伸ばし、男子7人制日本代表に続いて、五輪の出場権を獲得した。


 初日の11月28日、サクラセブンズの予選プール初戦は、中国代表だった。香港大会で5対12と唯一負けている相手に、用意してきたモールなどでトライを挙げて20対7で勝利し、白星スタートを切った。「(初戦に)すべてをかけてやってきたので大きな成長だと思います」(浅見敬子ヘッドコーチ) その後もグアム代表、香港代表に勝利し3連勝で初日を終えた。

敗戦にも自信は揺るがず

重圧のかかる状況でも、リーダーシップを発揮してチームをまとめた中村主将
重圧のかかる状況でも、リーダーシップを発揮してチームをまとめた中村主将【斉藤健仁】

 2日目の11月29日、スリランカ代表戦に勝利し、決勝進出を決めたサクラセブンズだったが、香港大会2位のライバル・カザフスタン代表に5対7で敗れてしまう。勝てば五輪出場権を決定することができる大事な試合に選手たちはミスを連続。もし決勝で大敗(23点以上の得失点差)してしまうと、今大会での五輪出場権を逸してしまうかもしれない状況に陥った。


 だが、2012年から女子ラグビー初のフルタイムコーチとして選手を強化してきた浅見HCの自信は揺るがなかった。「選手たちには本当に自分たちがこの試合のために走ってきたということを話したい。ここまでしんどい思いをしてきたので、(決勝の)20分走って勝ちます。絶対、(五輪行きの)切符を取ります!」

「トライを取ったら日本に良い流れが来ると思った」

決勝戦で勝ち越しトライを決めた19歳の小出
決勝戦で勝ち越しトライを決めた19歳の小出【斉藤健仁】

 気持ちを入れ替えたサクラセブンズは、16時15分から決勝でカザフスタン代表と再戦した。大黒田裕芽のキックを使うエリアマネジメントと、ボールを広く動かす意識の高かったサクラセブンズが序盤から敵陣で戦い、試合のペースを握った。3分、今大会好調の山口真理恵が強気のランで攻め込み、ラックから桑井亜乃、主将の中村知春につながり先制トライ、大黒田のキックも決まり7対0と先制する。


 後半開始早々、カザフスタン代表にトライを許し7対7の同点に追いつかれた。だが、7分、フィットネス勝負には自信のあったサクラセブンズは、相手の反則からクイックリスタート。タックルを受けながらも大黒田がパスを放り、小出深冬につなぎ、小出が得意のステップで3人をかわして、そのままインゴールに飛び込みトライ。大黒田のゴールも決まって14対7とした。「私がトライを取ったら日本に良い流れが来ると思ったので、ボールをもらったらトライラインに向かって頑張って走りました。試合中も(スタンドから)『日本頑張れ』という声援がすごい励みになった」(小出)

斉藤健仁

スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーとサッカーを中心に執筆。エディー・ジャパンのテストマッチ全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365」、「高校生スポーツ」の記者も務める。 学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「世界最強のゴールキーパー論」(出版芸術社)、「ラグビー「観戦力」が高まる」(東邦出版)、「田中史朗と堀江翔太が日本代表に欠かせない本当の理由」(ガイドワークス)、「ラグビーは頭脳が9割」(東邦出版)、「エディー・ジョーンズ4年間の軌跡―」(ベースボール・マガジン社)など著書多数。最新刊は「高校ラグビーは頭脳が9割」(東邦出版/2017年11月刊)。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント