sportsnavi

PRIDEの熱を再び作り出す「RIZIN」が始動
ヒョードル参戦!桜庭vs.青木が決定

PRIDEの榊原代表が8年ぶり復帰

新格闘技イベント「RIZIN」の会見は、ヒョードルが榊原実行委員長を呼び込んでスタート
新格闘技イベント「RIZIN」の会見は、ヒョードルが榊原実行委員長を呼び込んでスタート【スポーツナビ】

 大晦日に埼玉・さいたまスーパーアリーナで開催となる格闘技イベントの発表会見が8日、都内・六本木ミッドタウン キャノピースクエアで行われた。


 世界最強、“60億分の1の男”にして、かつてのPRIDEヘビー級チャンピオン、エメリヤーエンコ・ヒョードルに「出てこいや!」と呼び出されたのはPRIDE代表であった榊原信行。8年前に格闘技界からの引退を表明した榊原であったが、「本当に心から、自分の情熱の全てを懸けてチャレンジできるのは格闘技界しかない」と復帰を決意。かつてPRIDEが生んだ熱、空気感を再び作り出すべく、12月29日と31日の両日、「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND−PRIX 2015」を開催すると発表した。

29日と31日でヘビー級GPを開催

 新大会にはアメリカのベラトール、イギリスのBAMMA、ポーランドのKSW、リトアニアのBUSHIDO、ブラジルのJUNGLE FIGHT、ヨルダンのデザートフォース、韓国のROAD FCといった世界の格闘技団体が参画。第1回となる今回は各プロモーションから集められた8選手によるヘビー級トーナメントを実施。29日に1回戦を行い、31日に準決勝と決勝を戦い、賞金50万ドルの優勝者を決する。


 また、大会開催中の12月29〜31日の3日間はさいたまスーパーアリーナのコミュニティアリーナとけやき広場にて「格闘技EXPO」を開催。ここではサイン会や撮影会といったファンミーティングや、リングを組んで試合を行うことを予定しており、まさに格闘技三昧の3日間となることが予想される。

ヒョードルはワンマッチで出場

「世界最高峰の舞台を我々が皆さんと一緒に作り上げる」とファンに誓った高田本部長
「世界最高峰の舞台を我々が皆さんと一緒に作り上げる」とファンに誓った高田本部長【スポーツナビ】

 RIZIN統括本部長にはPRIDE統括本部長を務めた高田延彦が就任。榊原RIZIN実行委員長のサポートを誓うとともに、「今からスゴいのが始まる。見ていてください」と語り、会見会場に集まったファンの期待を高めた。


 大会はフジテレビでの地上波放送をはじめ、スカパーのPPV放送、アメリカではスパイクTVによる地上波放送が決定。強大なバックアップ体制が明らかとなった。


 会見の幕開けを告げたヒョードルはヘビー級トーナメントではなくワンマッチで31日に出場。この日は29日の桜庭和志vs.青木真也戦が第一弾カードとして発表されたほか、“世界最強の女柔術家”ギャビ・ガルシア、シュートボクシングの女王RENAの出場も発表となった。

時代に逆行するリングに自信

 気になるルールは1R10分・2R5分・3R5分で、踏みつけ・4点ポジションでのヒザ蹴りも認めた旧PRIDEルールを基にしたものを採用(選手双方の合意があればヒジ打ちもありとなる)。試合場もケージではなく開発中の新リングを使用するといい、MMAにおいてはケージ(金網)が世界的スタンダードとなっているのが現状だが、榊原実行委員長は「時代に逆行してますかね。見やすいですよ」と話し、自信ありげな様子であった。


「我々は、プロモーション(団体)ではなく、フェデレーション(協会)を立ち上げ、数多ある団体と競合するのではなく、競技会の主催者として、大会を開催・運営していきます」


 会場で配布された資料には、イベントコンセプトがこのように記されている。格闘技の新章開幕を目指し、RIZIN FIGHTING FEDERATIONがこの日産声を上げた。


次ページに会見出席者のコメント

長谷川亮
病弱だった幼少期にプロレスファンとなり、格闘技ファンを経て2002年に格闘技雑誌編集部入りし、2005年からフリーライターに。スポーツナビにはその頃から執筆。病床で何度も読み返したため「プロレススーパースター列伝」は大体暗記。趣味は下手の横好きでキックボクシングとブラジリアン柔術。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント