IDでもっと便利に新規取得

ログイン

シナがWWE世界ヘビー級王座防衛に成功
WWE日本公演第1日=結果詳報
WWE世界ヘビー級王座を防衛したシナ
WWE世界ヘビー級王座を防衛したシナ【中原義史】

 7月10日、東京・両国国技館で行われたWWEの日本公演『WWE Live』初日。今年の日本公演は両国2Daysに加えて、およそ10年半ぶりとなる大阪公演を含めた真夏の3連戦。初日の両国には天候が悪い中、6178人ものWWEユニバースが駆け付けた。

シナがワイアット・ファミリーを一蹴

必殺のアティテュード・アジャストメントでワイアット撃破
必殺のアティテュード・アジャストメントでワイアット撃破【中原義史】

 今回は両国2Daysのみの参戦となるジョン・シナはワイアット・ファミリーのブレイ・ワイアットを相手にWWE世界ヘビー級王座の防衛戦を行った。場内が暗転し、観客のペンライトが照らす中、ルーク・ハーパー、ジョセフ・ルードと共に入場したワイアット。続いてこの日一番の大歓声が沸き上がる中、登場したシナ。

 奇襲攻撃を仕掛けていったワイアットにセコンドのハーバーも加勢するが、レフェリーが退場を命じる。1対1の勝負となってもワイアットが優勢に試合を進めていたが、レフェリーにイスを取り上げられたワイアットにシナが必殺のアティテュード・アジャストメント。だが、カウント2でキックアウトしたワイアットは、シナをレフェリーに叩き付けてレフェリーを失神させると、そこにハーバーとルードが乱入。

 だが、シナはワイアットのイス攻撃をかわしてルードに誤爆させると、ワイアットにダメ押しのアティテュード・アジャストメントを決めて勝利。シナは日本のWWEユニバースに「キミたちの応援のおかげで王座防衛できたよ」と感謝の言葉を述べた。

ロブ・ヴァン・ダムが勝利の「RVD!」大合唱

セザーロを破ったロブ・ヴァン・ダムは「R・V・D!」大合唱
セザーロを破ったロブ・ヴァン・ダムは「R・V・D!」大合唱【中原義史】

 ポール・ヘイメンのサプライズ登場に場内が沸き上がる中、売り出し中のセザーロを呼び込む。ロブ・ヴァン・ダムを相手にスイス・アッパーカットやスイス・デスを決めていったセザーロ。ヴァン・ダムもテクニックを駆使して荒削りなセザーロに反撃すると、コーナーに登っていったが、ロープを揺らしてヴァン・ダムを転落させたセザーロは必殺のセザーロ・スイングで回していく。だが、セザーロの蹴り脚をキャッチしてニールキックを叩き込んだヴァン・ダムはファイブスター・フロッグスプラッシュを投下して3カウント。日本のWWEユニバースと一緒に「ロブ(R)・ヴァン(V)・ダム(D)!」を大合唱した。

日本でも活躍した2人が大熱戦

日本でも活躍した「PAC」ことネヴィルと「エル・ジェネリコ」ゼインは空中戦でファンを魅了
日本でも活躍した「PAC」ことネヴィルと「エル・ジェネリコ」ゼインは空中戦でファンを魅了【中原義史】

 来日1カ月前に分裂したザ・シールドのホットな抗争も会場を大いに盛り上げたが、今大会で注目度が高かったWWEの育成組織であるNXTで活躍する2人の闘いだろう。かつてDRAGON GATEで活躍し、新日本プロレスのBEST OF THE SUPER Jr.にも出場したPACこと「エイドリアン・ネヴィル」と、同じくDRAGON GATEで活躍したほかDDTやユニオンプロレスで王者にもなったエル・ジェネリコこと「サミ・ゼイン」の対戦は、ハイスピ―ドの大熱戦となったが、最後はネヴェルが必殺のレッドアロー(360°シューティングスター・プレス)を決めて勝利。見事NXTの王座を防衛し、日本のファンに成長した姿を見せた。

佐瀬順一

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント