羽生、逆転Vで「町田くんに勝ちたかった」
世界フィギュア男子FSトップ3会見
羽生(中央)が逆転V。2位は町田(右)、3位にはフェルナンデスが入った
羽生(中央)が逆転V。2位は町田(右)、3位にはフェルナンデスが入った【坂本清】

 フィギュアスケートの世界選手権第3日は28日、さいたまスーパーアリーナで行われた。

 男子フリースケーティングでは、ソチ五輪金メダルの羽生結弦(ANA)が、フリー191.35点、合計282.59点で初優勝を飾った。羽生はショートプログラム(SP)3位からの逆転V。2位はSP首位で世界選手権初出場の町田樹(関大)。フリー184.05点、合計282.26点で自己ベストを大きく更新した。

 羽生は試合前、緊張していたことを明かしつつ「町田くんに勝ちたい気持ちが強かった。追いかける方が得意なので、良い気持ちで臨めた」、状況を強みに変えて勝利をつかんだ。


 3位はソチ五輪4位のハビエル・フェルナンデス(スペイン)でフリー179.51点、合計275.93点。3週間前に今大会出場が決まった小塚崇彦(トヨタ自動車)は、フリー152.48点、合計238.02点の6位だった。


 以下は、男子優勝の羽生、2位の町田、3位のフェルナンデスの会見コメント。

羽生、4回転2本を決め「頑張った」

――長い戦いを終えての感想は?


羽生 フリーの時間が短く感じました。実際に耐えるシーンもいっぱいありましたし、完璧ではなかったと思うんですけど、最後の試合で『ロミオとジュリエット』というプログラムを最後まで立って演じることができたことをうれしく思います。


町田 本当に長くて、過酷なシーズンでしたけど、今は達成感があり、幸せな気持ちです。今シーズン、羽生選手の頑張りに勇気付けられて、僕も彼のように強く進みたいと思いながら、彼の背中を追いながらやってきて、今この位置にいるので、あと少し足りなかったんですけど、来年は一緒に歩めるように、良いライバルとして存在できるように頑張っていきたいと思います。


フェルナンデス 今日は非常に満足しています。プログラムも良い内容だったし、これで今シーズンも終わったなと感じています。メダルも持ち帰れるし、良い大会だったと思います。これ以上のことは僕にはできませんでした。この2人は本当に今日すごい滑りましたし、それぞれの結果に値する演技だったと思うので、その中で僕はここに座って、メダルを持ち帰れるのはうれしいです。


――今日の演技を終えて最初に浮かんだ気持ちはどんなものだったのか?


羽生 とにかく頑張ったなと。このプログラムはエレメンツもたくさん入っていますし、4回転2つというのもシーズン通して決まらなかったので、今季最後の試合で決めることができて本当に良かったと思うし、あとはとにかくうれしかった、頑張ったと。


町田 達成感と感謝という感じですね。演技が終わっておじぎしたときの光景が完璧でした。あの光景はアスリートにとって最高な幸せな瞬間だなと思いました。


フェルナンデス 僕はユヅルの演技が終わったあとの滑走だったので、それを見ていて、みんながクレイジーな状況になっていましたよね(笑)。氷の上に乗ったとき、花束やいろいろなものがいっぱいリンクに投げ込まれていたので、どこを滑ろうかという感じでした。しかし実際プログラムに入ったときは気持ち良く自分の滑りができました。今回は非常に水準の高い大会になりましたし、何よりも観客の皆さんが、日本人の金メダリストの後に滑った僕に対し、あれだけの応援をしてくれた。これは日本でしか見られない光景だと思っているので、ありがたく思っています。

町田「素晴らしい舞台で滑れることに感謝」

――羽生選手の質問です。フリーの前はどういうことを考えていたか? ソチと比べてより緊張したか、そうではなかったのか?


羽生 最初はちょっと緊張したんですけど、町田くんに勝ちたい気持ちが強かったです。ソチ五輪ではショートのほうが良くて、差は3点くらいしかなかったですけど、追いかけられた中で気持ちのコントロールがうまくできませんでした。ただ今回は(SPで)7点の差をつけられてしまって、実際に僕はフリーで追いかける方が得意なので、ちょっと緊張しましたけど、良い気持ちで臨めたかなと思います。


――ソチ五輪と今大会はどういう部分が違ったのか?


羽生 ソチ五輪はお客さんの数はこことは比べ物にならないと思いますけど、プレッシャーはソチ五輪の方が大きかったなと思います。ただソチ五輪を終えて、良い成績を残せたからこそ、今回の試合は特にショートで緊張したと思います。でもどの試合も違うし、同じ感情というのは存在しないので、それに臨機応変に合わせて、ショートとフリーもできるようにしたいと思います。


町田 ソチも素晴らしい大会でしたし、今回も素晴らしい大会でした。ソチがどうこうというのではなく、僕のみならず世界中の選手が集まってきましたけど、日本の舞台設営だったり、大会の運営やマネジメントをすごく感じるものがあったんじゃないかと思います。たぶんみんな感激しているんじゃないかと思うんですけど、本当にこれは日本人として誇れると思います。僕らスケーターはこういう素晴らしい舞台で滑れることに感謝しなければならないと思います。その感謝は僕らが良い演技をすることで表せると思うので、これからもこういう素晴らしい舞台で、素晴らしい演技ができるように頑張っていきたいと思います。


フェルナンデス 2人がだいたい言ってくれました。自分の意見を付け加えるならば、五輪は他の大会と違う側面があります。ソチに関しては、なかなかつかめなかったのは氷の状態でした。ご存じのようにメーンリンクはショートトラックとフィギュアの両方で使っていたし、温度の問題もありました。なかなかメーンリンクで練習もできない中で、練習リンクだけだったので、細かいことを言うつもりはないですが、そういう部分で調整が難しかったなと思います。

フェルナンデス、母国開催のファイナルへ抱負

――羽生選手と町田選手に質問です。今季のGPシリーズが始まったころと現在の自分で変わった部分はどういったところでしょうか?


羽生 シーズン最初にフィンランディア杯(10月)で4回転サルコウを組み込んでしっかりと決めることができ、フリーはほぼノーミスでできていました。やっとこの試合で、そのスタートラインに戻せたかなという感じです。そこに来るまでにあたって、気持ちのコントロールの仕方だとか、どういうふうに気持ちを持っていけばいいのだろうかというのをいっぱい考えたと思います。僕も本を読んだりして、いろいろな理論を詰め込んで考えてきたんですけど、その理論だけではなくて、自分の気持ちというのを理論外からもしっかりコントロールできる、自分の気持ちも大事にできるということがものすごく今回の試合で大切なことだなと思いました。ひとつひとつの試合で成長してきたと思いますけど、今回の試合が一番僕にとって成長できた試合なんじゃないかなと思います。


町田 ジャンプの精度が上がったとか、スケーティングや表現が美しくなったとかあるかもしれないですけど、僕の気持ちは変わっていないように思います。ここまで僕を導いてくれたのは、僕自身の力ではなく、周りの方のサポートだったり、いろいろな方の温かい応援だったり気持ちだったりが、僕の背中を押してくれて、ここまで引き上げてくれたんだと思います。


――フェルナンデス選手に質問です。来季のGPファイナルは母国開催だが、どのように考えているか?


フェルナンデス 来シーズンはGPファイナルがバルセロナで開催されるということで、これを機にスペインにフィギュアスケートが根付き、成長してくれることを願っています。今までこのスポーツにまったく知識がない人たちが関心を持ってくれる、世界中にはいろいろなスケーターがいるんだということを知ってもらう良い機会になると思っていますし、重要な瞬間になるんじゃないかと思います。たくさんの方が実現するために尽力してくれて、スケーターも日々努力を重ねています。決してこの大会で頑張ってメダルを取るだけではなく、われわれにとって国にこの競技を根付かせる、育てていきたいと思っているので、連盟や選手たちにとっても重要な大会だと思っています。


<了>

スポーツナビ

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント