IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“邪道”大仁田がノア壊滅を高らかに宣言
宮城での自主興行でエネルギーを充填
宮城での自主興行でエネルギーを充電した大仁田が7.7ノア有明コロシアム大会に乗り込む【大仁田事務所】
宮城での自主興行でエネルギーを充電した大仁田が7.7ノア有明コロシアム大会に乗り込む【大仁田事務所】【大仁田事務所】

“邪道”大仁田厚が7.7プロレスリング・ノア有明コロシアム大会出撃の前夜6日、宮城県栗原市で自主興行を開催。ノーロープ有刺鉄線デスマッチを敢行し、被災地のファンと胸いっぱいのエールを交換し合った。


 4月の福島・いわき大会と同様、大仁田が栗原の地で試合に臨むのは約20年ぶり。今回は地元の熱い要望に応える形で大会が実現した経緯もあり、のっけから大仁田は気迫のファイトを全開。曙と派手な場外乱闘を繰り広げ、狙い澄ました毒霧攻撃も曙の顔面に見事に命中させ、十八番のサンダーファイヤー・パワーボムで曙軍の藤田峰雄を沈めた。


 試合後、曙に「この東北の地で、もう一回、オレと電流爆破をやらんか!?」と迫り、あっさり拒否される一幕もあった大仁田だが、リングに押し寄せた観衆と“再会”を喜び合い、翌日に迫った7.7有明にも触れて「ノアを壊滅させる!」とリング上から宣言。


 控室では「オレたちは姿恰好にとらわれない邪道、縛られるものは何もないんじゃ。オレらの自由さを思う存分、ノアのリングで披露してやる」と豪語した。あたかも20年前にタイムスリップしたかのような、この日の会場の熱狂を受けてエネルギーを充填した邪道が意気揚々と7.7有明へ乗り込む。


(小野 仁)

■大仁田厚プロレスリング「東北を元気に! 伝われ! 邪道魂!!」

7月6日(土)宮城・栗原市若柳総合体育館(アスパルわかやなぎ)

試合開始18:00、観衆560人


<ノーロープ有刺鉄線スクランブルバンクハウス・トルネード6人タッグデスマッチ 時間無制限1本勝負>

○大仁田厚、田中将斗、矢口壹琅

(14分17秒 サンダーファイヤー・パワーボム→エビ固め)

曙、菅原拓也、●藤田峰雄


<プロレスリングZERO1提供タッグマッチ 45分1本勝負>

○ジェームズ・ライディーン、マイバッハβ

(13分30秒 ラリアット→体固め)

佐藤耕平。●横山佳和


<タッグマッチ 30分1本勝負>

BADBOY非道、○NOSAWA論外

(13分58秒 シャイニング・ウイザード→体固め)

保坂秀樹、●藤井健一


<邪道軍VSFREEDOMSタッグマッチ 30分1本勝負>

佐々木貴、○ジ・ウインガー

(13分21秒、ラ・マヒストラル)

松崎和彦、●佐野直


<世界プロレス協会提供・女子タッグマッチ 30分1本勝負>

○ラ・マルクリアーダ、石橋葵

(12分49秒 バックフリップ→体固め)

●アレックス・リー、チャーリー・サモン・オージー


<タッグマッチ 30分1本勝負>

戸井克成、○忍

(10分22秒 SEXスタープレス→体固め)

レザーフェイス、●矢野啓太

大仁田事務所

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント