小橋建太「プロレスは青春でしたね」=“鉄人”が25年の現役生活に幕

構成:スポーツナビ

「小橋建太というレスラーを忘れないでほしい」

試合前に行われた引退セレモニーでは全日本時代にライバルだった四天王の1人、川田も駆け付けた 【t.SAKUMA/佐藤崇】

――今日全てが終わって、また新たな青春が始まると言っていました。全てが終わって、今、何がしたいですか?

小橋 う〜ん……何をしたい。別にないですね。

――今日はいつもと同じように、いつもと同じ気持ちで試合に臨んだと言っていましたが?

小橋 今日も朝起きて道場に行きましたね。リングサイドで道場に『ありがとう』と、『ありがとうございました』と伝えました。

――道場に通う生活ともお別れになるのでしょうか?

小橋 そうですね。

――そうなるとまずはゆっくり休んで、となるのでしょうか?

小橋 そうですね。まず体の悪いところを治していきたいですね。今度はリングに立てない分、体を元に戻すようにしていきたいですね。

――そして多くのファンがこれからも小橋選手にはプロレスに携わってもらいたいと願っています。

小橋 そういう思いでみんながいてくれるなら、それはうれしい事ですよね。自分がやってきた事がみんなに認められているという事なんで、そういう気持ちでいてくれるならうれしいです。

――今後新たなプランや、新たな夢といったものはあるのでしょうか?

小橋 いや、今はとにかく目の前にある事にチャレンジして、自分の人生はこれまではプロレスが青春でしたけれど、それに代わるものを見つけていきたいと思っています。自分がやりたい事がなにかと。これまではプロレスでしたけれど、今日プロレスにケジメを付けたので。自分でケジメを付けた以上、もうリングで戦うことは絶対にありませんし。

――これで小橋選手は引退されますが、小橋選手が教えた選手やこれからプロレス界を引っ張っていく方たちが今日は素晴らしい試合を見せてくれましたね。

小橋 そうですね。これから引っ張っていってくれると思いますし、こうしてパートナーも素晴らしい試合をしてくれましたし。本当に楽しい時間でした。

――それでは最後にファンのみなさんにメッセージをお願いします。

小橋 本当に自分がここまでやってこれたのはファンのみんなの応援があったからやってこれたというのが本当の紛れもない事実であって、何もないところからここまで来れたというのはみんなの後押しがあったから。本当に感謝しています。これからの人生も頑張っていきますので、小橋建太というプロレスラーがいた事を心の隅にでも覚えていてくれたら本当にそれが一番うれしいですね。これから先も心の隅に残ってくれれば。そうあってくれればうれしいですね。

「馬場さんも三沢さんもできなかった引退試合をちゃんとやりたかった」

師匠である馬場さん、先輩である三沢さんも行えなかった引退試合をやりたかったという小橋。最後は10カウントゴングで締めくくった 【t.SAKUMA/佐藤崇】

――今リングを降りて、さびしい気持ちとホッとした気持ちとどちらが大きいですか?

小橋 どうですかねぇ。ホッとした気持ちはないかな。どちらかというとひとつ試合が終わったという感じですよね。次また試合があるというのを25年間やってきたんで。でも今日で終わりと決めて上がったリングなんで、そこはもちろんこれで終わりかと思うとさびしい気持ちもありますね。さびしいっていうか、自分自身が決めてやってきた事に後悔はないんで、今回辞めるといった決断も自分自身が決めた事なんで。そこはさっぱりしてますけど。自分が決めた以上はやると。さびしい気持ちもありますけど、さっぱりした気持ちもあるし。ファンのみんなの声を聞くとまた体に力があふれてきます。

――リング上で10カウントゴングを聞いた時にはどんな気持ちだったでしょうか?

小橋 どんな…いやぁ…新しい旅立ち。

――馬場さんも三沢さんも引退試合ができなかったですが…生きて帰れたと言ったらちょっと失礼な言い方になってしまうのですが・・・こういうセレモニーがあった事についてホッとしたとかうれしい気持ちはありますか?

小橋 プロレスラーって意外と引退試合をして辞めたっていうレスラーは少ないんですよ。だからこうして後輩の道標(みちしるべ)的なものを作っていかないといけないと思いますし、引退試合ができなかった先輩、自分の先生である馬場さん、兄貴分だった三沢さんは引退試合ができなかったのでその分、ちゃんと引退試合をしてという気持ちはありましたけれど。引退試合ができて僕はひとつ、他のプロレスラーの道標的なものができたのかなって思います。

――今まで「あなたにとってプロレスって何ですか?」とカムバックしてから何度も聞かれてきて、ずっと「答えが見つからない」って言ってきたのですが、今日はすっきりと「僕の青春だった」という言葉がぱっと出てきたんですけれど、それはとっさに出てきた言葉だったのでしょうか?

小橋 そうですね。青春でしたね。でも青春って10代とか20代で終わるものじゃないんで。40代になったって50代になったって青春はあるんで。これまでの青春は終わったというだけで、これからまた新しい青春を見つけます。なぁ準?

秋山 はい! まぁ青い春じゃないと思いますけど……。

「トレーニングのない生活…最初は無理かも…」

花道の最後、再び観客に向かって力強いポーズを見せた小橋。大小橋コールの中、25年のプロレス人生に幕を閉じた 【t.SAKUMA/佐藤崇】

――ずっと一緒にいた秋山選手から見て、小橋選手がレスラーを辞めて猛トレーニングのない生活に切り替えられると思いますか?

秋山 それは無理だと思います。多分1日くらい休んでどこかのジムで練習を始めると思います。絶対無理だと思います。

――秋山選手はそのようにおっしゃっていますが、小橋選手はいかがでしょう?

小橋 まぁ最初は無理かもしれないですけど…でも大丈夫です。

――今の体の痛みや疲労などはありますか?

小橋 ありますね。ありますけど、どうしてもやっちゃうんです。練習をやっちゃうんです。佐々木選手は分かると思いますけど。

健介 そうですね。

――引退を発表された時に、引退試合のカードをファンの方たちはそれぞれ考えたと思うのですが、今日の試合を見終えて今回のカードが100点だったのではないかと思ったのですが?

小橋 まぁ100点というのはやっぱりみんなの『こうあって欲しかった』という意見がある以上、100点というのはないのかも知れないけれど、それに近づけるように思っていたんで。今日の試合がどのように評価されるのかは分からないですけれど、自分ができるベストを尽くしてやりました。

――ご自身がいないプロレス界で後輩たちに望むものはありますか?

小橋 プロレスがまたいい時代を迎えられるように頑張って欲しいですね。自分が腎臓ガンになってから欠場が続いたりしていたんで。ベストな状態で試合ができなかったというのがあったので、これからリングを代表していく選手はいい時代を築いて欲しいなと。頑張って欲しいなと思います。なぁ準?

秋山 はい!

2/2ページ

著者プロフィール

構成:スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

新着コラム

コラム一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント