sportsnavi

勝って“ハッピー”を証明! 志田が希月を退け初防衛=アイスリボン
崖のふちプロレス第7戦は時間切れで強制終了!?
志田光が初のシングル王座防衛戦をクリア、“勝ってハッピー”を証明した
志田光が初のシングル王座防衛戦をクリア、“勝ってハッピー”を証明した【前島康人】

 女子プロレス団体アイスリボンの後楽園ホール大会「アイスリボンマーチ2012」が20日に行われた。メーンイベントでは、ICE×60選手権として第14代王者・志田光に希月あおいが挑戦。お互いの個性がぶつかり合う戦いは16分35秒、スリーカウント(顔面へのランニングニー)からの体固めで、志田が初防衛に成功した。


 2009年の無期限休業扱いから昨年12月の後楽園大会で復帰を果たした希月。“フューチャー・スター”はその後の道場マッチでも、新“志田光”を名乗ったり、「負けてもプロレスでハッピー!」と、王者の心を逆なで。そして復帰間もない中で、いきなりのベルト挑戦を表明した。

 一方の志田は、そんな希月の行動も言葉も気に食わず、「負けてもハッピーなんてありえない!」と怒り心頭。プロレスに対する考え方が正反対な2人は、リングで対面した時点で、怒りの志田と笑顔の希月と対称的な表情を見せた。

渾身のスリーカウントで希月を撃破!

渾身のスリーカウントでフィニッシュ!
渾身のスリーカウントでフィニッシュ!【前島康人】

「自分にとっては初めてのシングル防衛戦。緊張していた」と語った志田。その言葉通り、試合の序盤に攻勢をかけたのは希月だった。志田の不意をついて場外に落とすと、いきなりトップロープからのダイビングボディアタック。そして続けざまにエプロンからのボディアタックを決める。リングに戻しても、志田をコーナーに張り付けて「希月あおい、60キロ―!」と叫んでのボディーアタック、セントーン10連発と一気にたたみかけた。

 しかし、再び場外戦になったところで形勢逆転。希月に東側の壁にたたきつけられた志田だったが、移動中によみがえり逆に希月を西側の壁にたたきつける。

 そしてリングに戻ると一本背負いからの腕ひしぎ十字固め、わき固めと連続で希月の腕を絞り上げると、荒鷲ドライバー、ファルコンアローなど大技も繰り出す。決着を決めるべく放った最初のスリーカウントは返されたものの、カウンター気味で入ったスリーカウントを希月は返せず、3カウントを聞くことになった。

“水と油”な2人がタッグを組む可能性は!?

“水と油”の2人、タッグ王座挑戦の可能性は?
“水と油”の2人、タッグ王座挑戦の可能性は?【前島康人】

 試合後、マイクを持った志田は、「負けてハッピーなんて嘘だよ。負けたら悔しいし、辛いし、辞めたくなる時もある。でも続けているのは、プロレスが大好きだから!」と、自分自身の『プロレスでハッピー』の理由を大演説。そして、「自分はつまらないことをしたくない。もっと多くの人に見てもらいたいし、もっとプロレスを大好きになって、みんなでハッピーになりたい」と、これからも王者として団体を引っ張っていくことを誓った。

 カードが決定してから「希月と自分のメーンは(後楽園大会としては)カード的に弱い」と思われていた中で、志田自身は性格が真反対で“プロレスでハッピー”の意味をぶつけあう敵として、「メーンでやるべき試合だった」と強く確信。そして試合内容も「これからアイスリボンを引っ張っていく者として、合格かな」と及第点を与えた。


 負けた希月は悔しさを表しながらも、大会の締めを担当。「負けてもハッピーって言っていいじゃない。プロレスでハッピーなんだもん!」と、やはり自分の考えを主張。最後は、「プロレスを愛してまーす!」と、どこかで聞いたことがあるセリフを叫んで、突っ込みをいれられたが、リングに上がった選手全員が笑顔で大会を締めた。

「5月の後楽園大会でもメーンに上がりたい」と口にした希月は、試合直後ながらも、志田にタッグパートナーを要請。「私には野望がある。つっか(藤本つかさ)とつくしのタッグベルトが欲しい。ベルトが欲しいんだよ。タッグ組もうよ」と、志田にすり寄るが、「絶対合わない」と断言する志田は、「絶対組みません!」と断固拒否。


 今後“水と油”な2人が、タッグベルト獲得という目的のために、一つになるかどうかにも注目だ。

スポーツナビ

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント