sportsnavi

15歳&18歳の若さと勢いでリーグ戦をかき回す!=スターダム
星輝ありさ&岩谷麻優『女-AMA-』独占インタビュー
10月10日から始まるタッグリーグ戦に向け、星輝(左)&岩谷の『女-AMA-』に独占インタビュー
10月10日から始まるタッグリーグ戦に向け、星輝(左)&岩谷の『女-AMA-』に独占インタビュー【スポーツナビ】

 女子プロレス団体スターダムの初代タッグ王座を懸けたリーグ戦、「GODDESSES OF STARDOM争奪タッグリーグ戦」が10月10日の新木場大会からいよいよ開幕する。


 4チーム総当たりリーグ戦には、高橋奈苗&紫雷イオの『チーム丸顔(がんがん)』、愛川ゆず季&美闘陽子の『BY砲』、夏樹☆たいよう&世IV虎の『川崎葛飾最強伝説』、星輝ありさ&岩谷麻優の『女-AMA-』が参加。それぞれの野望、狙い、思惑が交錯する中、スターダム最強タッグの称号を懸けて、熾烈な争いが繰り広げられる。


 今回スポーツナビでは、リーグ戦に参加する星輝&岩谷の『女-AMA-』に独占インタビュー。ベルトに挑む意気込みのほか、それぞれの印象、チーム結成話などを聞いてみた。

星輝の最初の印象は“ゴボウ”!?

15歳の星輝だが、入門したての頃は“ごぼう”のようだった!?
15歳の星輝だが、入門したての頃は“ごぼう”のようだった!?【スポーツナビ】

――今回は『女-AMA-』の2人にタッグリーグに向けてのお話を伺いたいと思います。まず星輝さんがスポナビ初登場ということで、自己紹介からお願いします。


星輝:星輝ありさです。15歳です。10月13日が誕生日です!

 わたしがプロレスを始めたきっかけは、私がシーザージムで練習をしているときに風香さんが来て、ジムにポスターが貼ってあって同じ人だなと思って、『風香さんだ、風香さんだ』って、テンションが上がって。それでサインをもらいに行って、しゃべったら『プロレスをやらない?』と誘われて、最初は続けられないと言ったけど、練習をやったらすごく楽しくて、絶対やろうと思って始めました。


――シーザージムに通っていたのはシュートボクシングをしていたからですよね?


星輝:はい。シュートボクシングで通っていました。


――パートナーの岩谷さんから見て、最初の頃の星輝さんはどうでしたか?


岩谷:会ったのは去年の8月です。最初はすごく幼くて、もちろん今も幼いんですけど。ただのガリガリ。ただのゴボウのような……


星輝:ゴボウって! 言い過ぎですよね? ひどいですよ。これは遠まわしに悪口でしょ?


岩谷:本当にゴボウと言う感じだったんですよ(笑)。今もまだ細いけど、少し大きくなって。ゴボウの次に細いのってなんですかね? 色も白くなりましたよね。


――シュートボクシング以外にも何かをやっていたんですか?


星輝:特にはやっていなかったんですけど、日焼け止めを塗らないで外で遊んでいたので黒くなりました。


――その頃は運動といえばシュートボクシングのみ?


星輝:そうですね。今はプロレスだけです。基本的に最初から運動神経はよかったので。(笑)

デビュー前からタッグを組みたかった仲良し

18歳の岩谷は、デビュー戦で星輝に敗れたが、「それがよかった」と話す
18歳の岩谷は、デビュー戦で星輝に敗れたが、「それがよかった」と話す【スポーツナビ】

――デビュー戦では、2人のシングルマッチとなりましたね。


星輝:私が勝ちました!


岩谷:私が負けました。


――そうですね。岩谷さんは、まだシングルで勝利できてないですよね。


星輝:シングルだと麻優ちゃん負けちゃうから、私がいるから勝てるんですよ! 2人で協力してるから勝てるんです。


――それが『女−AMA−』結成の理由ですよね。


星輝:そうなんです。


――最初からタッグを組みたかった?


星輝:はい。本当にそうなんですよ。


岩谷:デビューする前からね。


星輝:麻優ちゃんとシングルをやる前から、戦いたいという気持ちの反面、タッグで一緒にやりたいと思っていました。


――岩谷さんも同じ気持ちだった?


岩谷:そうですね。よく話をしていて。それでいつかタッグを組みたいねと話していて、私が最初のプロテストに受かって、彼女が次のプロテストに受かりました。そのときにデビュー戦で誰と戦いたいですかと聞かれ、ありさが『麻優と戦いです』と言ったんです。タッグで組みたいと言っていたのに、シングルで戦いたいと言う話になってびっくりしたんですけど。

 デビュー戦がここだったからこそ、よかったんじゃないかなと思ってます。負けちゃったけど。

スポーツナビ

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント