試合後、久御山・松本悟監督会見
<決勝 久御山(京都) 3−5 滝川第二(兵庫)>

選手の頑張りがあって、ここまで来られた

久御山は坂本樹是(中央)のゴールで1点差に迫ったが、そこから滝川第二に突き放され力尽きた
久御山は坂本樹是(中央)のゴールで1点差に迫ったが、そこから滝川第二に突き放され力尽きた【鷹羽康博】

 今大会、こんなところまで来られたのは、選手が1試合、1試合伸びてきたということ。また、すべての試合を決勝戦だと思って毎回頑張ってくれたことによるものだと思います。選手の頑張りがあって、ここまで来られたと思います。ありがとうございました。


――今日の試合についての感想を


 決勝戦ということで、ほぐれた感じで立ち上がりは入れたのですが、決定的なところを決め切れませんでした。(決め切れなかったのは)互いだったんですけど、先に決めた方が(試合を)有利に運べて、うちは先に決められてしまったので、少し焦りのようなものがあって、(前半は)1点でとどめたかったのですが2点目を許してしまいました。ただ、あの時点で3点目が入らなくて良かったし、後半を迎える時にはまだ元気な姿で「1点取ればまだ分からないぞ」という感じで入れました。もしも前半で3点決まっていたら、もっと焦って点差が開いて、もっともっと早い段階でゲームが決まっていたと思うのですが、そこにはちょっと運がありました。


 前半から後半にかけては(3点目を奪われても)早い時間だったら、じっくりと2点差で終了間際まで行ったら、まだ分からないぞと言っていたので、(後半早々に)3点目を取られたのですが「まだ何もやっていない」と(いう気持ちで)、オレたちは点を取れるんじゃないかということを信じてくれて、そこでやっと1点が取れました。それで行けるとなったところで、さすがは滝二さんでドーンとやられまして、また3点差。ちょっとわたしが動くのが遅かったのか、最後は選手を2人代えて挑むしかなかったのですが、1点差まで追い上げてくれた。残り5分のところでロスタイムも含めて、あの場面が国立の中が盛り上がったところ。ひょっとしたら、という感じになれたので、その点では本当に満足しています。あと一歩、力が及ばなかったのは、わたしの力の足らなさだと思っています。


――3点目を失った後、主将を呼んで指示を与え、その後に選手は円陣を組んだ。何を伝えたのか?


 主将の(DF)山本大地が(前へ)出たそうな感じでしたが、まだ30分以上ありました。(ビハインドが)3点だけど、まだこっちが点を取ったら分からないぞと。ここから追いつけたりしたら、これはすごいんじゃないかということを端的に言いました。選手を集めた後、どんなふうに伝えたのかは分かりませんが、そういう希望を伝えました。わたし自身も全然負けた気はしていなかったので、そういうことを言いました。

1年生を起用できたことは来年に向けて良かった

――パスサッカーで勝ち進んできたが、決勝戦ではパスをつなぐスタイルによるリスクの部分が出て、相手に付け入られたように思う。今後もこのスタイルを継続していくつもりか?


 まだまだ完成されたものでもないし、バルセロナとか書かれて恐縮して恥ずかしいのですが、1人ひとりに焦りがなくて、3つのパスのうちの1つでも成功していたら(結果は)裏返しになっていたかもしれない。相手を引きつけることがもっともっと大切。今日は1、2年生も出ていましたが、彼らの経験値(の積み上げ)とか、もっとうまくなることができると信じていますので、もっと続けていきたいと思います。こういう対戦相手も翻ろうできるようなことをやりたい。まだまだ時間はかかりますが、もっとドリブル、パスがうまくなった選手をそろえて、またここに来たいと思っています。


――コイントスに勝って風下を選んだ理由は?


(選択権を)取れたらの話なので、(最終的には)君たちに任せると言いましたが、GKコーチを兼任している顧問の中村先生とGKで考えて決めています。後半にまぶしい方か、どうしようかと。元気なうちに風下でやれば、苦しくなって大きく蹴ったときに(ボールが前方へ抜けずに落ちて来るので))2トップは追いやすい。後半は風上になって、相手が焦ったら、先に不利な条件に慣れる部分が利用できるかもしれないなと思っていたので(そうなって)上出来でした。


――累積警告で出場停止だったセンターバックの塚本健介選手の不在は影響したか?


 松下(千馬)のディフェンス力自体は(塚本と比較しても)落ちていません。高さの点では(劣る部分が)ありますが、相手は高さよりも強さなので、山本と松下で行けました。ただ、(塚本がいれば)攻撃に絡んでひょっとしたらという場面はあったかもしれません。でも、松下が良くなってくれましたし、1年生も(遜色=そんしょく=なく)使えました。来年は2年生の塚本、二上(浩一)が中心になると思いますし、彼らは良い選手。また1年生の赤谷(直紀)や東松(孝治)を起用できたことは来年(度)に向けて良かったと思います。

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント