IDでもっと便利に新規取得

ログイン

UFCファイター長南亮が語る日米ドーピング事情=kamipro発
「ルール云々の前にドーピングチェックをしっかりしろ」
  • kamipro
UFCファイター長南亮が日米ドーピング事情を斬る
UFCファイター長南亮が日米ドーピング事情を斬る【(c)菊地茂夫/kamipro】

 現在は海の向こう、UFCを主戦場としている長南。かつては『PRIDE武士道』のリングで世界を相手に闘ってきたが、そこには目の前の敵以外にも“ドーピング”というもう一つの得体の知れない敵の影が――。ここでは第一線で闘うファイターの立場から日米のドーピング事情、そして“薬の力”に対する本人の見解を赤裸々に語ってもらった。


――長南さん、今日はドーピングについてお話を聞きたいんですよ。


長南 なんでまた俺になんですか?


――以前、日米のMMAイベントの違いについて聞いたときに「日本は外国人選手のドーピングチェックをきっちりしたほうがよかった」って言ってましたよね?


長南 あー、言ってましたね。確かにそれはいまでも思いますよ。


――そこで実際に日米両方で試合を経験している長南さんに、ドーピングをめぐる環境の違いを中心にお話してほしいなと。


長南 なるほどね、わかりました。


――まず、長南さんの日本の主戦場だったPRIDEでは、ドーピングチェックはどのように行なわれてました?


長南 いつの頃からか、試合前後の尿検査で誰かしら一緒にトイレに入ってチェックするようになりましたね。それをどこまで、どうやってチェックしてたかはわからないですけど。もしかしたらかたちだけなのかも知れないし。


――かたちだけと言うと?


長南 結局日本の場合、ドクターは団体が雇ってるわけですよ。ドクターはチェックの結果をイベント側に言うまでであって、それを公表するかどうかは団体の自由と言うか。アメリカの場合はアスレチックコミッションっていう独立した機関がチェックの結果を公表して、イベント側はそれから対応するわけですから。日本とアメリカとは根本的に仕組みが違いますよね。


――別機関が目を光らせている、と。チェックの方法自体はアメリカも日本も同じように尿検査なんですか?


長南 一緒ですよ。尿を取って、どこがチェックするかっていう違いだけで。

日本で試合をしていた当時、長南はドーピングチェックに関して不満を感じていてたと語る
日本で試合をしていた当時、長南はドーピングチェックに関して不満を感じていてたと語る【(c)乾晋也/kamipro】

――長南さんは日本のドーピングチェックでどんなところに違和感を覚えました?


長南 違和感と言うか、そもそも俺が言いたかったのは膠着状態のときの「アクション」だったり、ブレイクがどうとかルール云々騒ぐ前に、ドーピングチェックの部分もしっかりしてくれよってことなんですよね。もともと外国人とは体格差があるうえに薬まで使ってくる選手もいるのに、結果を出せとかおもしろい試合しろとか好き勝手言うんだったら、少しでも試合条件がフェアになるように俺はしてほしかったです。83キロという階級で闘うにあたって、そういう面ではずっと不満がありましたよ。たとえ、なんらかのドーピングチェックがあったとしても、それはあってないようなものだったのかも知れないし。


――憤りがあったわけですね。


長南 俺が初めて『PRIDE武士道』に出たときは通常体重が82キロだったんですよ。ところが直前で契約体重86キロで(ヒカルド・)アルメイダとやることになって。そのときは体重差を聞いてビビりましたね。真面目にステロイドやるしかないのかなとも思いましたよ。けれども、その手の詳しい人に「ドーピングなんか知識のないやつがやるものじゃない。やることで逆効果になる場合もあるし、わかったうえで使うのとわからないで使うのは大違いだから」って言われて。『PRIDE武士道』に出るまではドーピングせずに結果を出してきたわけだから、いまのままやっていったほうがいいのかなって思ったんです。


――実際、UFCは日本と比べてドーピングのチェック体制はどうですか?


長南 やっぱり厳しいですよ。日本ほどやりたい放題はできないでしょうね。ただUFCでもコミッションのないエリアがあって、そういうところではやる選手もいるんじゃないですかね。


――完全にチェックされてるかたちではない、と。


長南 そうですね。でも、UFCは抜き打ち検査があるらしいんですよ。まだ自分は受けたことないですけど。だから怖くてできないという部分はあると思います。それに比べて、日本じゃ尿検査を拒否してた外国人選手もいるみたいですからね。


――そんなわがままはUFCじゃとおらないですよね(笑)。外国人選手はドーピングに対して、日本人選手と比べて抵抗ない部分はあるんですかね?


長南 そうだと思いますよ。チェックでファールにならなければOKという感覚なんでしょうね。薬の力を使って勝つことに、反則だっていう意識がないというか。けっこう有名な選手で成長ホルモンを打ってるって話を聞くこともありますし、チームぐるみでそういう薬物に取り組んでるというのも聞いたこともあります。


――チームぐるみって凄まじいですね……。


このあとも日本とアメリカで試合経験のある長南が日米ドーピング事情を赤裸々に告白。その他、プロトレーナー、リングドクター、さらにはアメリカMMA“法の番人”ネバダ州アスレチックコミッション・エグゼクティブディレクターの“魔法の薬”ドーピングに対する見解は『kamipro』No.132をチェック!!


【09年2月2日/都内・某所にて収録】

(聞き手/鈴木祐 撮影/菊池茂夫 試合写真/乾晋也)

『kamipro』No.132

【(c)kamipro】

2月21日発売 特別定価940円(本体895円+税)

発行/エンターブレイン


●『UFC94』、『アフリクション』、WEC、アメリカ3大会徹底取材!!

☆今月は世界のMMAを通して日本格闘技界を考えてみました。


☆独占スペシャル対談!

山本“KID”徳郁×ヴァンダレイ・シウバ

「リングもオクタゴンも俺たちがトップを獲る!」


☆ベガスでKIDに“今後”を聞いた!

山本“KID”徳郁 インタビュー

「日本に愛があるから、日本も盛り上げたい」


☆ラスベガスの一等地にオープン!

シウバのジムに本邦初潜入リポート&インタビュー


☆アルロフスキーを空中で失神KOした皇帝に

“煽りVアーティスト”が直撃ロングインタビュー!

エメリヤーエンコ・ヒョードル×佐藤大輔


☆ATT集中特訓を終えた石井慧をベガスで独占直撃!!

「人生はドラクエ。世界へ冒険の旅に出ます」


☆GSP vs BJペン、そして自分のこれからを大熱弁!

郷野聡寛 インタビュー


☆日本は俺が守る! “自称DREAM大黒柱”青木真也の覚悟を聞け!!

「UFCより俺のほうが技術は一歩進んでますよ!」



■UFC一人勝ち時代の終焉か!? 世界のMMAに地殻変動が起こる!


☆“ジャイアン”がKID、宇野、石井慧、さらにヒョードルを強奪宣言!!

ダナ・ホワイト 独占ロングインタビュー

「UFCこそが彼らの目指すべき場所なんだ」


☆谷川貞治 “世界最高峰”にダメ出し!

「GSP vs BJペンはつまらなかったな〜」


☆MMA地殻変動インサイドリポート

「ステーションカジノ崩壊危機とストライクフォースの

エリートXC買収がMMA界を激変させる!!」


☆エリートXC買収で3大ネットワークのCBS獲得!

ストライクフォース代表が日本との協力関係強化を熱弁!!

スコット・コーカー(ストライクフォース代表)

「アオキ、カワジリ、サクライを参戦させたい」


☆あの“元・PRIDEアメリカの父”が再び動き始めた!?

エド・フィッシュマン ロングインタビュー


☆いまアメリカで最も評価されている日本人ファイターは誰だ!

ダナ・ホワイト、ロレンゾ・フェティータ、BJペンらトップファイター&関係者50人に直撃インタビューを敢行!!


☆忘れた頃に“闘魂ストーカー”現わる!

ヴァリッジ・イズマイウを直撃!!


☆J−POP的日米比較論

マーティ・フリードマン インタビュー

「日本が世界に誇れるものは『紅白歌合戦』!」


☆「格闘王国・日本」再興へ出でよ、“一所懸命”の侍!

堀辺正史「“志士”待望論」


☆マット界異次元“文系”対談

須藤元気×マッスル坂井


●日本が世界に対抗する切り札か? “足関”大特集!!

☆ウワサの”足関研究所”NTT(ニッポン・トップチーム)に潜入!


☆“格闘技オタク”青木真也が語る足関論


☆90年代・足関研究所所長が語る足関の歴史

船木誠勝 インタビュー


☆キャッチの伝道者が語るサブミッション

ジョシュ・バーネット インタビュー


■緊急特集・日本格闘技界はドーピング天国なのか?

☆プロトレーナーが語るドーピング事情

和田良覚


☆リングドクターが語る規制の実態

綱川慎一郎


☆ドーピング被害を受けたファイターの告白

長南亮


☆ドーピング規制の最先端アメリカの場合

キース・カイザー(ネバダ州アスレチックコミッション)


■DREAM&『戦極』、2大フェザー級GPを特集!

☆青木真也、北岡悟に続くのはこの男だ!

今成正和 インタビュー

「自分の集大成だと思っている」


☆ZSTのスーパー高校生が戦極フェザー級GPに登場!

“戦極王子”山田哲也 インタビュー


☆『戦極』、DREAM両イベントの広報が見どころを語る!


※ほか、今月も“常識と理解の限界”を超えた企画が満載です!!

kamipro

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント