IDでもっと便利に新規取得

ログイン

全日本大学野球選手権が10日開幕! 各校監督のコメント

函館大(北海道学生野球連盟)・阪内俊喜監督

 私、実は30年前に選手として全日本選手権に出ています。今回、30年ぶり2回目の出場ということで、函館から戻ってこれて大変幸せに思っています。私たち函館大は、「ハートは熱く頭は冷静に」という野球をスローガンにがんばっていきます。まずは初戦突破を目指してがんばります。


道都大(札幌学生野球連盟)・山本文博監督

 道都大は37年ぶり2回目の出場ということで、ほとんど初出場のような感じです。私も含め、選手も非常に緊張しております。ただ、私どものチームは1、2年生が多く、非常に若いチームです。明日からは思い切りグラウンドを駆けめぐって、頂点目指してがんばります。


青森大(北東北大学野球連盟)・津屋晃監督

 キャプテン(河野桂太郎)を中心とした本当に元気があるプレーを見ていただければ、と思います。


東北福祉大(仙台六大学)・山路哲生監督

(隣にいる包帯で腕を吊っていた神戸宏基主将を見て)見てのとおり腕を故障しまして、明日選手宣誓をする予定なんですが、本来なら右手を上げるべきなんでしょうが、左手を上げることをまずここでお詫びします。

 わがチームはスター選手はいませんが、キャプテンを中心にすごくまとまったチームだと思っています。最近、大学野球はすごく盛り上がっていると思います。今日もマスコミの方々にたくさん来ていただいて、大学野球がもっと盛り上がるように新聞紙上でもっと取り上げてもらえるように、がんばっていきたいと思います。


東日本国際大(南東北大学野球連盟)・仁藤雅之監督

 わがチームは体の小さい選手が多く、これといって目立った選手はいませんが、一戦一戦胸を借りる気持ちで戦っていきたいと思います。


中央学院大(千葉県大学野球連盟)・菅原悦郎監督

 大学野球、学生野球は基本的に全員野球だと思っておりますが、特に4年生のがんばりというのが大切だと思っております。ぜひ4年生のプレーに注目してほしいと思います。また、大学野球のシンボルマークができた元年ということで、今以上に大学野球が注目されるようなはつらつとしたプレーをさせたいと思っています。


上武大(関甲新学生野球連盟)・谷口英規監督

 チームの特徴としては、特にありません。速いピッチャーがいるわけでもないですし、本塁打もリーグ戦で1本しか打っておりません。出てる選手はキャプテンの目黒(聡)のように小さな選手ばかりです。でも、心は大きく、学生らしく、はつらつと元気にプレーしたいと思っております。


創価大(東京新大学野球連盟)・岸雅司監督

 昨年、この壇上でわが創価大が八王子市にあるので、ぜひハンカチ王子と八王子で“王子対決”をしたいと言ったんですが結構受けたんですよ、これ。それで準決勝で実現して、大観衆の中でハンカチ王子と対戦したのですが、10対1と気持ち良く負けました。ことしもハンカチ王子とやりたかったんですが、王子様がいないので、とにかく初戦突破を目指してがんばります。そして大観衆の前でできるようにがんばりたいと思います。


明大(東京六大学野球連盟)・善波達也監督

 わが明治大学は、キャプテンの佐藤(政仁)を中心に、最後まであきらめない野球というのをリーグ戦で実践してきました。東京六大学代表として、一戦一戦精一杯がんばりたいと思います。


東洋大(東都大学野球連盟)・高橋昭雄監督

 ことしは昨年に続いて2季連続ということで、がんばっていきたいと思います。ここに参加した選手たちが世界大会(2008年

7月・チェコ)を目指してがんばっていくチャンスがあるとういうことですから、この中から1人でも多く世界大会に出て、日本の野球、学生の野球を盛り上げていこうじゃありませんか。みなさん、がんばってください。僕もがんばります。


東海大(首都大学野球連盟)・横井人輝監督

 東海大学はことしで31度目の出場で、昨年は準優勝と、私1年目の新人監督としては非常にプレッシャーのかかる大会です。しかし、学生野球らしくはつらつと、そして欲は言いませんが、去年よりはちょっと上を目指しながらがんばっていきます。


神奈川大(神奈川大学野球連盟)・古川祐一監督

 うちのチームは私自身も監督1年目ということと、4年ぶりに選手権に出たということで、現役学生たちも本当に初めての全国大会です。経験不足、発展途上のチームなんですが、学生野球の精神でみなさんの胸を借りて行きたいと思います。


中部大(愛知大学野球連盟)・善久裕司監督

 本学43年目で初めて選手権に出場することができました。これは選手たちが一致団結して激戦を勝ち抜いてくれたおかげだと思っております。うちのチームは実績のある選手はほとんどおりませんが、一丸となって粘り強く、学生野球らしく、一生懸命プレーすることが持ち味のチームです。なにぶん初めての大会ですので、思い切って精一杯がんばりたいと思っておりますのでよろしくお願いいたします。

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント