sportsnavi

金本効果の阪神に期待 広島は贔屓目で…
西山秀二の2016プロ野球展望ver.1
金本新監督のもと、厳しい練習にも笑顔で取り組む阪神の選手たち
金本新監督のもと、厳しい練習にも笑顔で取り組む阪神の選手たち【写真は共同】

 プロ野球12球団の春季キャンプも折り返しを迎え、各チームとも紅白戦、練習試合など実戦へ入ってきた。スポーツナビでは今季のプロ野球をOBの皆さんに予想してもらい、その予想をもとに読者の皆さんとOBが掲示板で語り合う特別企画「OBが語る!ファンも参加!! 2016年プロ野球順位予想」を開催する。第3回は広島の正捕手として一時代を築き、巨人でもプレーしてコーチ経験もある西山秀二氏に、今季のセ・パ両リーグの順位を占ってもらった。

優勝予想は阪神、ソフトバンク

<セ・リーグ>

(1)阪神

(2)巨人

(3)広島

(4)東京ヤクルト

(5)横浜DeNA

(6)中日


<パ・リーグ>

(1)福岡ソフトバンク

(2)北海道日本ハム

(3)埼玉西武

(4)オリックス

(5)千葉ロッテ

(6)東北楽天

チームの雰囲気が良くなった阪神

西山 まだ春季キャンプの途中ではあるけど、今の感じだとセ・リーグの中では阪神が一番、戦力的にまとまっているように感じますね。先発投手の頭数がそろっていて、それぞれが良い状態でキャンプを過ごしている。そして何よりチームの雰囲気ですよね。金本(知憲)監督になって練習は厳しくなりましたけど、その厳しいメニューをみんながニコニコしながらやっている。今までとは違いますし、金本効果は絶対にあるでしょう。


 2位は巨人。やっぱり力のある選手がそろってるので、なんやかんや言っても上位には来るでしょう。阪神と同じく、巨人も新監督(高橋由伸)になりましたけど、金本監督と違って去年まで現役でプレーしていたわけですから、そこからいきなり監督になるのは難しい。一度でもチームから離れて、外から野球を見るというのは大事だと思います。ただ、坂本(勇人)、長野(久義)、阿部(慎之助)といった主力がしっかりと結果を出して、外国人も活躍すれば優勝争いはするでしょう。


 3位は広島にしましたが、これはちょっと贔屓(ひいき)目です……(苦笑)。ただ、確かにマエケン(前田健太)が抜けたのは大きいですけど、黒田(博樹)が残ったのと同時に若い選手も育ってきてる。緒方(孝市)監督も2年目ですから、去年できなかったことをしてくれると期待しています。


 Bクラスはヤクルト、DeNA、中日…。ここに大きな差があるわけではないですけど、DeNAと中日はちょっと厳しいかなと思う。連覇を狙うヤクルトは、選手はそろっていますけど、去年と同じようにうまくは行かないでしょう。

パの台風の目はオリックス?

 パ・リーグは去年と同じような力関係になるでしょうね。投手陣、野手陣、チームとしての戦い方など、どう考えてもソフトバンクが頭一つ抜けてますよ。李大浩はいなくなりましたけど、選手層を考えるとそんなに大きな問題にはならないでしょう。


 それ以外の予想は難しいですが、日本ハムは今年も上位争いができるはずです。軸になる大谷(翔平)というエースがいますし、去年の戦いにプラスして、今年はさらに安定した戦いができるんじゃないかなと思います。


 あとはAクラス争いになりますが……。3位は西武かな。オリックスが巻き返しそうな気もしますが、戦力的には西武の方が上かなと思う。そう考えると、一番下は楽天でしょう。今の戦力を他のチームと比べると一つ落ちる気がします。同じくロッテも大きなプラス材料がない。今のままでは優勝争いをするのは難しいでしょうね。


 ただ、毎年ですけど始まってみないと分からないですし、キャンプからオープン戦にかけて新戦力が台頭することも多い。その中で台風の目になるとすれば、オリックスかな。去年あれだけの期待を背負ってこけましたから、選手たちにリベンジの気持ちは強いでしょうし、能力のある面々がそろっていますからね。去年はけが人も多かったですから、金子(千尋)を筆頭に開幕から万全の状態でシーズンに臨めれば可能性はあると思います。


(OBによる順位予想の第2弾は3月上旬に掲載予定です)

ベースボール・タイムズ
ベースボール・タイムズ
プロ野球の“いま”を伝える野球専門誌。現在は、年4回発行の『季刊ベースボール・タイムズ』に、全国のバッティングセンター配布の『ベースボール・タイムズ バッセン』などを制作中。全国の番記者から、プロ野球のホットな話題をお届けします。2016年2月18日から今年のプロ野球を楽しむための一冊、『2016プロ野球プレイヤーズファイル』を発売!