早大レスリング部・須崎、圧巻の「金」 早稲田の誇り胸に五輪で悲願達成

チーム・協会

【金を決めて、日の丸を掲げる須崎選手(共同通信)】

レスリング女子50キロ級 早大女子選手として夏の五輪、初の金メダル

東京オリンピック2020 2021.08.07 千葉・幕張メッセAホール

東京オリンピックはレスリング女子50キロ級の決勝が行われ、早稲田大学レスリング部の須崎優衣選手(スポーツ科学部4年)が10-0でスン・ヤナン選手(中国)を破り、金メダルを獲得しました。

早稲田大学の現役学生・校友(OB・OG)含めて、女子選手が夏のオリンピックで金メダルを獲得したのは初めてとなります。早稲田出身のレスリング選手としては1968年メキシコ・オリンピックの上武洋次郎氏以来の金メダルとなりました。

須崎選手、「絶対に金」へ気迫の表情 【共同通信】

10-0のテクニカルフォール勝ち、1分36秒の電光石火で決着を付けました。1回戦から1ポイントも失わない、合計得点41-0の完勝劇でした。

「絶対に金」と誓った通りの結果を達成した須崎選手は、試合会場に設置されたモニター越しにいる家族に手を振って喜びました。画面では共に早大レスリング部出身の父・康弘さんと姉・麻衣さん、そして母・和代さんら家族が満面の笑顔で答えていました。

「本当に今の自分があるのは、自分に関わってくれた全ての人のおかげ。感謝の気持ちで一杯です」と第一声を伝えた須崎選手は「本当にもう、夢みたいです。泣き止んで、表彰式では最高の笑顔を見てもらえるように準備しておきます」と話し、笑顔で試合を締めくくりました。

須崎「また次も頑張りたいなと、強く思いました」

スン・ヤナン選手をTフォールで下して歓喜する須崎選手 【共同通信】

「ここまでずっと私の可能性を信じて支えてくれて家族とか友達、仲間たちに金メダルを見せることができて幸せでした。金メダルは夢みたいです。まだ実感はわかないです。(メダルプレゼンターの)伊調さんからはまた次もその次も頑張ってね、と声をかけていただきました。また次も頑張りたいとなと、強く思いました。開会式に旗手として参加させていただいて、閉会式のときも笑顔で出られるように頑張ろうと決めたので、笑顔で出られることが本当に嬉しく思います。たくさんの方々の応援がすごく力になって、その力で頑張ることができました。本当にありがとうございました」

田中愛治・早大総長祝辞「早稲田の誇り、見事に体現」

須崎優衣選手の東京大会での金メダル獲得を心よりお祝い申し上げます。 

オリンピック初出場となった今大会ですが、国内選考会で敗れて出場可能性が途絶えかけたという、絶体絶命の状態から這い上がっての金メダル獲得となりました。どんなときも決して諦めないという不屈の精神で夢を掴んだ須崎選手は、早稲田関係者・早稲田ファンを大いに沸かせてくれただけでなく、世界中の若者に大きな感動を与えてくれました。

お父様もお姉様も早稲田大学レスリング部出身とのことで、幼い頃から培ってきた「早稲田の誇り」を惜しみない努力で見事に体現してくれました。今後のますますのご活躍を期待しています。 
出場選手・競技結果
▽女子50キロ級 須崎優衣(スポーツ科学部4年・早大レスリング部)金メダル

決勝 ○ 10 – 0 ● スン・ヤナン(中国)

略歴
すさき・ゆい。千葉県出身。安部学院高等学校卒業。中学2年の時に親元を離れて全寮制のJOCエリートアカデミーでレスリングの英才教育を受けた。2017年・2018年、レスリング世界選手権連覇。2018年・2019年、全日本選抜選手権連覇。同年、全日本選手権優勝。これまで外国勢との対戦では負けなし。
  • 前へ
  • 1
  • 次へ

1/1ページ

著者プロフィール

早稲田大学競技スポーツセンター

「エンジの誇りよ、加速しろ。」 1897年の「早稲田大学体育部」発足から2022年で125年。スポーツを好み、運動を奨励した創設者・大隈重信が唱えた「人生125歳説」にちなみ、早稲田大学は次の125年を「早稲田スポーツ新世紀」として位置づけ、BEYOND125プロジェクトをスタートさせました。 ステークホルダーの喜び(バリュー)を最大化するため、学内外の一体感を醸成し、「早稲田スポーツ」の基盤を強化して、大学スポーツの新たなモデルを作っていきます。

関連リンク

※リンク先はすべて外部サイトになります

新着公式情報

公式情報一覧を見る

スポーツナビからのお知らせ

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着コラム

コラム一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント