IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【クボタスピアーズ(ラグビー)】トップリーグ2021第5節 マッチプレビュー

「99試合の歴史」 クボタスピアーズ トップリーグ2021 第5節 マッチプレビュー

クボタスピアーズ

入団9年目となる立川主将は今節100試合目

クボタスピアーズのクラブハウスを、一歩中に入ると、そこには歴史と現在が交差する。

活気よく選手やスタッフが挨拶を交わすエントランスには、歴代ユニフォームが飾られ、各シーズンの体制と入団・退団選手が記された40年以上に渡るクラブの歴史が刻まれている。

エントランスを抜けて、二階に上る階段には、これまでにチームが戦ってきた試合写真がいくつも飾られている。

2階にはミーティングルーム。

選手たちは、次の戦いの策を練るこのミーティングルームを目指す過程で、自然とチームの歴史に触れながら階段を上がる。

その階段の中腹あたりに懐かしい写真があった。

クボタスピアーズクラブハウスに飾られた写真 クボタスピアーズクラブハウスに飾られた写真 【クボタスピアーズ(ラグビー)】トップリーグ2021第5節 マッチプレビュー

試合後の嬉しそうな選手を写した一枚。

写真の中には現スピアーズコーチのソアカイコーチや高野コーチの姿も。
この写真で、現在もスピアーズで続けているのは、左側上部に写る杉本選手、そして立川選手だ。

この光景は、2013年1月20日、クボタスピアーズがトップリーグ昇格を決めた試合後の一枚だ。
相手は本節と同じ相手、三菱重工相模原ダイナボアーズ。

クボタスピアーズは2011-12シーズンから2012-13シーズンを下部リーグで過ごした。
その下部リーグ時代に入団したのが、杉本選手と立川選手だ。

この写真の試合から8年2か月が過ぎた。

ルーキーだった立川選手は31歳となり、あと1試合でクボタスピアーズ公式戦出場回数100試合を迎える。

トップリーグに昇格したくて必死だったスピアーズは、優勝を目指して最後のトップリーグを戦っている。

クボタスピアーズという歴史において、立川選手の戦った99試合は大きな変化点にあったといえる。

そして今シーズン、チームはこれまでのなかでもっとも躍進しているシーズンとなっている。

そんな状況においても、当の立川選手は、
「一戦一戦戦うこと」
「チーム全員で戦うこと」
に重きを置く。

そう発言するさまざまな要因の一つに、チームの歴史を築いてきた99試合の経験によるものもあるのかもしれない。

決して順風満帆ばかりではなかったはずだ。
勝てる試合もあったが負ける試合もあった。
常に第一線で戦い続け、期待されるが故の苦労もあったはずだ。
だからこそ、先を見ず目の前の一戦一戦を戦うことの重要性や、チーム一丸となって試合に挑む大切さがわかるのではないか。

そうして戦い続けてきた99試合があるこそ、現在の立川選手、そしてクボタスピアーズがある。






熟練と勢いのバランスが絶妙なアメージングなラグビーに期待

そんな下部リーグ時代では、よく対戦もあったvs三菱重工相模原ダイナボアーズ戦だが、今回のスピアーズのメンバーは、どんな試合になるのか楽しみなメンバー構成になっている。

スクラム・ラインアウトが強みのひとつでもあるクボタスピアーズ。
そこで活躍する熟練のフォワード主力選手をそのままに、タイトヘッドプロップ(3番)にルーキーの山本選手が大抜擢。外国人負けしないサイズと体の強さ、そしてランプレーで、特に中盤からゴール前にかけての連続攻撃において、勢いを生み、これまでとは違った展開を与えてくれるはずだ。

そして、6番のマキシ選手にも注目。
ディフェンスやブレイクダウンの攻防、モールでの地味なプレーなど若いながら、スマートでなんでもこなす選手だが、この試合では彼の突破力を期待したい。
レギュラー争いが熾烈な、今シーズンの第3列(フランカー、No.8)において、自らをアピールするパフォーマンを見せてくるはずだ。

また、バックスでは岸岡選手が10番に入り、どのような展開を見せるかも注目したい。
もし雨が降った場合はフォワードによる接近戦が定跡となるが、岸岡選手のクボタスピアーズデビュー戦となったプレーシーズンマッチvs釜石シーウェイブス戦では、雨天のなかグラウンドを大きく使い、相手の隙をつくプレーでトライを奪った。また岸岡選手と同期の11番山崎選手、15番金選手のルーキー3人が9番井上選手、12番クロッティ選手、13番テアウパ選手選手、14番ゲラード選手など世界でもプレー経験のある熟練選手たちとどのような勢いを作りだし、スコアを生むかも楽しみ。特に11番山崎選手は前節デビューとなったが、本来の彼の持ち味を出せていなかった印象。今節での爆発に期待したい。

そして、リザーブメンバーにはインパクトも与えることも、ゲームのペースを作ることもできる経験豊富なメンバーが入っている。22番フォーリー選手、23番立川選手がリザーブにいるのは心強い。

そんな80分を通して楽しめるクボタスピアーズvs三菱重工相模原ダイナボアーズは3月28日(日)12時キックオフ。

今シーズンから新たにクボタスピアーズのホストスタジアムとなった江戸川区陸上競技場で開催。

これからのクボタスピアーズの軌跡となる1試合1試合をお見逃しなく。



文:クボタスピアーズ広報 岩爪航
写真:チームカメラマン 福島宏治

ボールを持って突破する山本選手 ボールを持って突破する山本選手 【クボタスピアーズ(ラグビー)】トップリーグ2021第5節 マッチプレビュー

岸岡選手のクボタスピアーズデビュー戦は雨中のプレシーズンマッチvs釜石シーウェイブス戦 岸岡選手のクボタスピアーズデビュー戦は雨中のプレシーズンマッチvs釜石シーウェイブス戦 【クボタスピアーズ(ラグビー)】トップリーグ2021第5節 マッチプレビュー

関連リンク

クラブ名
クボタスピアーズ
クラブ説明文

1978年創部。1990年、株式会社クボタの創業100周年を機にカンパニースポーツと定め、千葉県船橋市内にグランドとクラブハウスを建設。船橋市及び周辺エリアを本拠地にチーム強化を図ってきた。 「Proud Billboard 」のビジョンの元、強く、愛されるチームを目指し、ステークホルダーの「 誇りの広告塔」となるべくチーム強化を図る。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント