連載:プロ野球クイズ

プロ野球クイズ<ルール編> ロッテ編の答えと解説も掲載

スポーツナビ
 プロ野球に関わるクイズを球団別、テーマ別に掲載。今回はルール編のクイズ20問と千葉ロッテマリーンズ編の答え・解説をお届けします。
 ルール編の答えと解説は18日、巨人編のクイズと合わせて掲載予定です。

※リンク先は外部サイトの場合があります

ルールに関するクイズ20問

野球のルールに関するクイズを20問出題。あなたは何問答えられる? 【写真は共同】

※一部選択肢がない問題があります。

【問1】野球の起源には諸説あるが、1845年にニューヨークで結成されたチーム「ニッカーボッカーズ」が、現在の野球につながるルールを考案したとされている。では、当時のルールになかったものは?

1.21点先取制
2.3アウトで攻守交代
3.打ちたい球が来るまで待つことができる
4.選手にボールを投げ当てることでアウトに

【問2】MLBでは2020年から投手の投球義務が「打者1人」から「連続する打者3人」に変更になった。21年シーズン、日本での導入が見送られたこのルールの正式名称は?

【問3】走者がいるときの投手の違反行為「ボーク」。近年、低い発生件数で推移しているボークを2021年シーズン、複数回宣告された投手が2人いる。それは誰?

1.栗林良吏、清水昇
2.上沢直之、中村稔弥
3.奥川恭伸、公文克彦
4.藤浪晋太郎、森原康平

【問4】公認野球規則5.07では、投手の遅延行為を防ぐため、塁に走者がいないとき、投手はボールを受けた後12秒以内に投球しなければボールを宣告されると定めている。日本では2009年から「15秒以内」に改めて採用されたこのルール、初めて適用された投手は?

1.工藤公康
2.森福允彦
3.成瀬善久
4.林昌範

【問5】投手が使用する滑り止め「ロジンバッグ」に関するルールで、間違っているのは?

1.投手板の後方に置いておく
2.粉が舞うくらい大量に使用してもいい
3.雨天時は両チームに1個ずつ支給
4.ボールに直接かけてはならない

【問6】規則違反のため審判が試合終了を宣告し、9-0で過失のないチームが勝ちになる「没収試合」。日本のプロ野球では10試合が該当するが、最後に起こったのはいつ?

1.1946年
2.1954年
3.1971年
4.1995年

【問7】狡猾な併殺を防ぐための規則「インフィールドフライ」。難解なことで知られるこのルール、以下の4つで正しいのは?

1.0アウトまたは1アウトで、走者が一、二塁のときに限り適用される
2.インフィールドフライと故意落球が同時発生したときは、前者が優先
3.インフィールドフライは外野手が前進して捕球したときは適用されない
4.インフィールドフライの宣告は芝生、ベースラインが判断基準になる

【問8】内野へのフライ、ライナーをわざと落として走者を混乱させる「故意落球」は、アンフェアなプレーとして禁止されている。このルールで、以下の4つのうち間違っているのは?

1.適用は0アウトまたは1アウトのときに限られる
2.適用は走者が少なくとも一塁にいる場合に限られる
3.打球に触れずに地上に落とした場合にも適用される
4.外野手が内野で守備をしていた場合にも適用される

【問9】走路の追い越しは禁止されていて、追い越してしまうと後位の走者はアウトになる。2004年9月20日の日本ハム対ダイエー、9回裏2死満塁でSHINJOの打球はレフトスタンドに入り、サヨナラ満塁本塁打となるはずが、一塁走者と抱き合って喜んで回転。その結果、一塁走者を追い越したとされ、打者走者のSHINJOがアウトになる珍事があった。このときの一塁走者は?

1.森本稀哲
2.小笠原道大
3.田中幸雄
4.小谷野栄一

【問10】打順の誤りを指摘されてアウトになったことがある、日本人メジャーリーガーは?

1.岩村明憲
2.田口壮
3.福留孝介
4.松井稼頭央

【問11】公認野球規則ではボールの縫い目の数に関する規定はないが、現在は日米ともに同じ数となっている。さて、その数は?

【問12】次の4つの例で、最も多くの「安全進塁権」が与えられるケースは?

1.野手がグラブを故意に投げて、フェアボールに触れさせた
2.野手がグラブを故意に投げて、送球に触れさせた
3.すっぽ抜けた送球がスタンドに入ってしまった
4.インフライト(空中にある)の打球が鳥に触れた

【問13】かつては球場ごとにまちまちだった、ドーム球場の「天井ルール」。東京ドームの天井ルールを最初に適用された外国人選手といえば?

1.ブーマー・ウェルズ
2.ラルフ・ブライアント
3.ダラス・ウイリアムズ
4.オレステス・デストラーデ

【問14】危険防止のため、ヘルメットの着用義務は年々拡大している。次の中で、公認
野球規則でヘルメットの着用義務がないのは?

1.ベースコーチ
2.バットボーイ(ガール)
3.ボールボーイ(ガール)
4.塁審

【問15】次の中で「振り逃げ」できないケースは?

1.2死一塁、打者が空振り三振も捕手が後逸
2.1死一塁、打者がバウンドした変化球を三振
3.無死走者なし、打者が見逃し三振も捕手が落球
4.無死三塁、打者が空振り三振も捕手が落球

【問16】2014年の日本シリーズ、阪神対ソフトバンクの第5戦。打者走者の西岡剛は、本塁と一塁の間の後半にある「枠」から外れたところを走ったことで、一塁手の守備を妨害したとみなされ、アウトになってゲームセット。ソフトバンクの日本一となった。さて、この枠の名称は?

【問17】公認野球規則8.01で規定されている、試合を主催できる審判の人数は?

1.1人以上
2.2人以上
3.4人以上
4.6人以上

【問18】投手が投げるボールに異物を付着させたり加工させることは禁止されている。公認野球規則で実例として挙げられている、不正投球「スピットボール」とは?

1.ワセリンを塗ったボール
2.唾液を塗ったボール
3.樹脂を塗ったボール
4.泥で汚したボール

【問19】日本では2018年に導入された、監督が審判に映像によるリプレー検証を要求できる「リクエスト制度」。2021年シーズン時点で、対象ではないプレーは?

1.併殺崩し狙いの危険なスライディング
2.本塁での衝突(コリジョン)プレー
3.ハーフスイングの判定
4.頭部への死球(危険球)の判定

【問20】グラブ、ミットに関するルールで、間違っているのは?

1.グラブ、ミットともに重量、サイズ制限がある
2.グラブ、ミットともに使用できない色がある
3.捕手はミットを使用しなければならない
4.一塁手はミットを使用しなくてもいい

 以上20問いかがでしたか?
 ルール編の答えと解説は18日掲載予定です。他球団編も順次掲載予定なのでお楽しみに。
 次ページは16日掲載のロッテ編の答え・解説です。

1/2ページ

著者プロフィール

スポーツナビ

スポーツナビ編集部による執筆・編集・構成の記事。コラムやインタビューなどの深い読み物や、“今知りたい”スポーツの最新情報をお届けします。

新着コラム

コラム一覧を見る

編集部ピックアップ

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

新着公式情報

公式情報一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント