IDでもっと便利に新規取得

ログイン

NMB48渋谷凪咲が語るラグビー愛
辛い時は「兄ががんばる姿を…」

アプリ限定

NMB48の渋谷凪咲さんは、兄の拓希さん(右)の影響で、ラグビーが大好きになったと言う
NMB48の渋谷凪咲さんは、兄の拓希さん(右)の影響で、ラグビーが大好きになったと言う【写真:本人提供】

 100回目を迎える『全国高校ラグビーフットボール大会』の開幕に向けてお届けしている、この連載。今回は、ラグビーの町・大阪府を拠点に活躍するアイドル、NMB48の渋谷凪咲が登場。兄が帝京大学で選手として活躍するなど、小さな頃からラグビーに触れてきた彼女に、そのラグビー愛を語ってもらった。

強く、優しく、仲間思いの兄が私のヒーロー

――ラグビーを好きになったきっかけは、兄の拓希さんの影響が大きいと思います。初めてラグビーに触れた時を覚えていらっしゃいますか。

 兄が中学生の時にラグビーを始めたのですが、男子が部活動でやるスポーツと言えば野球やサッカーだと当時は思っていたんです。なので、「え、なんでラグビーなん?」と思った記憶があります。その時は私もまだ小学生で、もちろんルールもまったくわかっていませんでしたが、よく練習試合とかを母に連れられて見に行っていましたし、そこで撮った動画を兄が家で見ているのを横で一緒によく見ていたことを覚えています。


――ラグビーを初めて見た時は、どう感じましたか。

「危ない」とか「ケガしそう……」だなというのが正直なところです。兄はいつも擦り傷だらけで練習着もドロドロ、家に帰ってきたらすぐにひっくり返って寝ているし、とにかく大変なスポーツなんだろうなと思っていました。


――最初は見ているだけだったと思いますが、ラグビーの魅力というのに気付いたのはいつ頃からでしょうか。

木村雄大(ライトハウス)

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント