IDでもっと便利に新規取得

ログイン

声優・濱野大輝、平ちゃんに弟子入り!?
「楽しみだけど緊張」J1ライブ配信に出演

G大阪は宇佐美の仕掛けとミドルに期待

G大阪が勝利するには宇佐美貴史の爆発が不可欠。得意のドリブルで積極的に仕掛けたい
G大阪が勝利するには宇佐美貴史の爆発が不可欠。得意のドリブルで積極的に仕掛けたい【(C)J.LEAGUE】

──対するG大阪はどうですか?


 リーグ再開後は好調で、第8節では首位の川崎フロンターレに敗れはしましたが、好勝負(0-1)を演じました。正直、今季の川崎はどこも止められそうにないほど圧倒的なサッカーをしているので、逆にガンバの善戦が目を引きましたよね。川崎はチームとしての意図がはっきりしていて、うまく表現できないんですが、しっかりとした形を持って守備をして、しっかりとした形を持って攻撃をしている。ただガンバも、宮本(恒靖)監督の3バックシステムが、この2年ぐらいの間で確実に定着してきました。さらに前線には宇佐美(貴史)選手やアデミウソン選手など、爆発力のあるタレントがいる。選手層も厚いですし、やっぱり強いチームですよ。


──タイプで言うと、どんな選手が好みなんですか?


 パンチ力のある選手。今のトッテナムで言うと、ハリー・ケインみたいな選手ですね。Jリーグだと、今なら例えば横浜FCの一美(和成)選手とかかな。あと、タイプは少し違いますが、同じ横浜FCの斉藤光毅選手も好みですね。思い切ってドリブルで仕掛けられるし、シュートも果敢に打ってくる。


──勝負することを恐れない選手?


 そうですね。そういう意味でも、ガンバの宇佐美選手には、もっともっと仕掛けて、ミドルもバンバン打ってほしい。もしかしたら余裕がありすぎるのかもしれませんが、最近はちょっとプレーがおとなしいのかなと(笑)。


──では、両チームからそれぞれ注目選手を挙げてもらえますか?


 ガンバだと、小野(裕二)選手や小野瀬(康介)選手ですね。2人ともペナルティーエリアの角にスッと顔を出すのがうまくて、正確なミドルシュートも持っている。最近の鹿島の守備を見ていると、積極的にミドルを打たれたらちょっと厳しそうだなって感じがするので。


──なるほど。では、鹿島は?


 エヴェラウド選手はもちろん注目ですが、個人的にはそうですね、出られるかどうか分からないですけど2年目の関川(郁万)選手とか、あとはやっぱり染野選手や荒木選手など、途中出場で流れを変えてくれそうな若手は気になりますね。


──関川選手を挙げた理由は?


 空中戦が抜群に強いセンターバックですからね。あとは、スタメン出場した神戸戦で勝ちきれず、すごく悔しそうな表情をしていたので。ああした悔しさを糧に成長すれば、すごいセンターバックになれると思うんです。

平畠さんにスタジアム情報を聞きたい

ライブ配信では、濱野さんが憧れる(?)平畠啓史さんと共演。どんな掛け合いが見られるのか
ライブ配信では、濱野さんが憧れる(?)平畠啓史さんと共演。どんな掛け合いが見られるのか【(C)J.LEAGUE】

──勝敗を分けるポイントはどこになりそうですか?


 3バックのガンバに対して、鹿島は4-4-2。システム的にはまったく噛み合わないので、絶対にスペースはできるはずなんです。そこでガンバは、いかに早く縦につけて相手陣内でプレーできるか。鹿島の方も恐れずに縦方向のパスを出したり、サイドの選手が思い切って仕掛けたりして、相手3バックの脇のスペースを突きたい。いずれにしても中盤の勝負になりそうな気がしています。そこでどこまでオフェンシブな守備ができるか。奪ってからの攻守の切り替えが少しでも早い方が、主導権を握るんじゃないかと見ています。


──解説者っぽいですね(笑)。


 いえいえ(笑)。ただ、どちらかと言えば鹿島の方が未知数な部分が多いですよね。試合の入り方が不安定だし、中盤でもレオ・シルバが孤立していて、すごくスペースを空けてしまっている。まあ、未完成だからこそ面白い部分もあって、さっきも言いましたけど、後半の最後の最後で急に良くなったりするんです。あれはワザとやっているんじゃないかな(笑)。理想としては、広瀬(陸斗)選手のクロスにエヴェラウド選手が頭で合わせた神戸戦のゴールシーン。ああいった形が増えてくるといいですね。


──ズバリ、濱野さんの勝敗予想は?


 うーん、難しいですね(笑)。期待の若手が多い鹿島にも頑張ってほしいですが、やっぱり守備の不安は否めない。現時点での完成度ではガンバの方が上ですからね。2-1、もしくは3-1でガンバが勝つんじゃないかと予想します。


──期待しているのは鹿島だけど、勝つのはG大阪だと?(笑)


 はい(笑)。ガンバは第10節のサガン鳥栖戦が中止になったことも大きいと思います(※鳥栖の選手・スタッフ複数人に新型コロナウイルスの陽性判定者が出たため)。この過密日程の中で、休養が取れましたから。


──さて、今回はスポーツナビのライブ配信で、試合中継を見ながらサッカートークをすることになりました。こうした仕事は初めてですか?


 そうですね。こういった形でお仕事としていただいたのは初めてで、とても楽しみではありますが、緊張もしています(笑)。でもこの機会に、声優の世界にもこんなサッカー好きがいるんだってことを知ってもらえたらうれしいですね。


──ライブ配信では、お笑いタレントでサッカー解説者の平畠啓史さんとご一緒されるそうですね。


 平畠さんのことはずっと番組で見ていたので、「テレビの中の人に会える!」みたいな感覚です(笑)。実は僕、Jリーグの全スタジアムを制覇したいなって密かに思っていて、できれば平畠さんに、周辺情報も含めていろんなスタジアムのお話を聞いてみたいんです。


──平畠さんはスタジアムグルメにも詳しいですよね。


 そうなんですよ! だから本当に、弟子入りしたいくらいの気持ちなんです(笑)。

【スポーツナビ】

濱野大輝(はまの・だいき)

3月30日生まれ、東京都出身。声優。勝田声優学院、日本ナレーション演技研究所を経て、アーツビジョン所属。アニメ、ゲーム、吹き替えなど数多くの作品に出演。「遊☆戯☆王VRAINS」の鬼塚豪/Go鬼塚役や「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」のダンテ・モグロ役、「アイドルマスター SideM」シリーズの円城寺道流役などを務める。趣味・特技は英会話、スポーツ観戦、フットサル、映画鑑賞、音楽鑑賞。

吉田治良

1967年、京都府生まれ。法政大学を卒業後、ファッション誌の編集者を経て、『サッカーダイジェスト』編集部へ。その後、94年創刊の『ワールドサッカーダイジェスト』の立ち上げメンバーとなり、2000年から約10年にわたって同誌の編集長を務める。『サッカーダイジェスト』、NBA専門誌『ダンクシュート』の編集長などを歴任し、17年に独立。現在はサッカーを中心にスポーツライター/編集者として活動中だ。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント