IDでもっと便利に新規取得

ログイン

高校屈指の左腕、静岡商・高田の新たな夢
プロで「父と仲間を甲子園に…」

アプリ限定

夏の甲子園中止のショックを乗り越え、前に向かって突き進む高田の新たな夢とは?
夏の甲子園中止のショックを乗り越え、前に向かって突き進む高田の新たな夢とは?【写真:高木遊】

 侍ジャパンの左腕エースにもなっている今永昇太(横浜DeNA)を目標に掲げ、バランスの良いフォームから最速148キロを投じる、静岡商の左腕・高田琢登(たくと)。


「コントロールが良くて球も力強い。四球で崩れることもなく試合を作れるし、まだまだスピードも出そうな伸びしろを感じます」(阪神・吉野誠スカウト)

「下級生の頃からスピードも出ていますし、打撃も良いし足も速くてバネがある。野球センスがあるので将来性が高いですね」(千葉ロッテ・小林敦スカウト)


 このようにNPB球団スカウトの高い注目を集めており、既に全12球団が視察に訪れている。


 高校入学時から目標としていた「父と甲子園」の夢は思わぬ形で絶たれたが、仲間や父との最後の大会や新たな夢に向けて、力強く語る姿には頼もしさを感じた。

野球一家で生まれ育ち、父のいる静岡商へ

「父(写真左)とともに甲子園へ」と夢を抱き、静岡商への進学を決めた高田(写真右)
「父(写真左)とともに甲子園へ」と夢を抱き、静岡商への進学を決めた高田(写真右)【写真:高木遊】

 おもちゃで遊ぶ息子の姿を見て違和感に気付いた父。左手でいろんなものを扱う姿に「左利きなら将来は左ピッチャーかな」と想像を膨らませた。


 それから10数年の時がたち、父・高田晋松(たかだ・しんまつ)は甲子園優勝経験もある伝統校・静岡商の監督として、息子・高田琢登はそのチームのエース左腕として「親子鷹(おやこだか)での甲子園出場」を目指してきた。

高木遊

1988年、東京都生まれ。幼い頃よりスポーツ観戦に勤しみ、東洋大学社会学部卒業後、スポーツライターとして活動を開始。関東を中心に全国各地の大学野球を精力的に取材。中学、高校、社会人などアマチュア野球全般やラグビーなども取材領域とする。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント