IDでもっと便利に新規取得

ログイン

怯まず前へ
設楽兄弟を支えた選手の存在が
チーム力を左右した

第6回

2013年度、酒井監督は設楽啓太(写真左)をキャプテン、双子の弟・悠太を副キャプテンに任命。同学年が設楽兄弟を支えチームはまとまっていった
2013年度、酒井監督は設楽啓太(写真左)をキャプテン、双子の弟・悠太を副キャプテンに任命。同学年が設楽兄弟を支えチームはまとまっていった【写真は共同】

 駅伝は出場選手だけではなく、控えの部員を加えた総力戦です。


 2013年の第89回箱根駅伝で日本体育大に敗れて2位となり、翌日の1月4日に設楽啓太をキャプテン、設楽悠太を副キャプテンと、双子の兄弟を新しいチームリーダーに指名しました。

 これは私の一瞬のひらめきで即決したこと。コーチ陣に話したところ、初めはとても驚いていましたが、すぐに賛成してくれました。チームとして、負けた後には何かを変えなくてはならないという考えは、私もコーチ陣も共通していました。


 本人たちの内諾を得ようとすると断られそうなので、朝練習のときにテレビ取材のカメラが入っている前で伝えました。早朝だったせいか、2人ともボーっとしていましたが、すでに決定事項だと言い聞かせました。


 2人はもともと、人の上に立つような性格ではありませんでしたが、役が人を作るもの。いろいろな経験をして、感性を磨いていきました。


 また、2学年上の柏原竜二の姿を見てきたことで、走力だけではなく日常生活での立ち居振る舞いや言葉に責任を持つこと、チーム内で存在感を示すことなど、みんなに認めてもらえるようになろうと変わっていきました。


 設楽兄弟をキャプテン、副キャプテンにすると選手たちに伝えたとき、みな走力的には納得するも、キャラを考えると驚いた様子でした。

 設楽兄弟の学年は、3年時までは小池寛明が学年主任、大津顕杜が副主任でした。学年ミーティングでもこの2人を中心に話し合っていましたが、それでもキャプテンとなってからの啓太はミーティングで率先して発言するようになりましたし、そして、小池ら同学年の仲間たちも設楽兄弟を支え、見守っていました。


 支え役がしっかりしている学年はまとまりがあり、チームワークも良くなります。ただ、駅伝での結果は変わらず、出雲駅伝、全日本大学駅伝で共に2位でした。


 柏原らが卒業した後、2012年の出雲から13年の全日本まで、三大駅伝で5大会連続2位と、勝てそうで勝てない大会が続きました。


 全日本大学駅伝でゴールした後の選手たちの表情は、悔しさを通り越し、自信をなくしきっていました。

和やかな雰囲気でポーズを取る選手たち
和やかな雰囲気でポーズを取る選手たち【写真提供:東洋大学】

 もう一度、選手たちの心に灯を点けたい。私は思い切って、彼らに言いました。


「100回やったら、100回負ける」


 チーム内にある膿を全部出し切ろうと決め、全日本大学駅伝が終わった晩、現地の宿舎でミーティングを実施しました。メンバーとして走った8人だけでなく、補欠やサポートの選手たちにも発言させました。


 ミーティングは中身が大切です。この大会には、サポート役としてメンバー外の4年生を全員連れて行ったこともあり、中身の濃い話し合いができました。


 また、埼玉・川越の寮に帰った翌朝にも、4年生だけを集めてこう伝えました。


「このままでは、箱根でも負けてしまう。設楽兄弟に頼るのではなく、活かすチームにしよう。箱根だけは譲れない。主力を往路につぎ込み、往路優勝を取りにいくぞ」


 出雲駅伝と全日本大学駅伝の敗戦を、絶対に無駄にしたくありませんでした。敗因はある程度わかっていました。駅伝に最も必要な結束力が足りなかったのです。


 選手たちには徹底的に話し合うように言い、その後のミーティングの中身や進行方法も改善しました。そこでも、マネジャーやメンバーから外れた4年生たちの存在が大きかったです。さらに、私の妻や幼い息子たちが間に入ったことで、温かい家族のような雰囲気がチーム内に生まれました。


 箱根駅伝が近づくにつれて一体感が出てきて、メンバーの調子が上がってきたことから、12月中旬には勝利への手応えを感じることができました。

酒井俊幸

1976年福島県生まれ。学校法人石川高等学校卒業後、東洋大学に入学。大学時代には、1年時から箱根駅伝に3回出場。大学卒業後、コニカ(現・コニカミノルタ)に入社。全日本実業団駅伝3連覇のメンバーとして貢献。選手引退後は、母校である学校法人石川高等学校で教鞭をとりながら、同校の陸上部顧問を務めた。2009年より東洋大学陸上競技部長距離部門の監督(現職)に就任。就任1年目でチームを優勝に導くという快挙を達成、箱根駅伝では、優勝3回、準優勝5回、3位2回という成績を達成。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント