IDでもっと便利に新規取得

ログイン

名波浩と岬太郎「俺にピッタリでしょ」
例えるならマグロを生かす醤油やワサビ
スポーツ漫画の金字塔「キャプテン翼」と「キャプテン」をあげた
スポーツ漫画の金字塔「キャプテン翼」と「キャプテン」をあげた【スポーツナビ】

 自宅でゆっくり過ごすには、読書や映画鑑賞がおススメ。そこで、アスリートに人生を変えた一冊・一本、推薦したい作品を聞いた。これまでどんな本、映画と出会い、考え方や生き方の参考にしてきたのか。アスリートに影響を与えた名作に触れて、おうち時間を充実させよう。


 元サッカー日本代表の名波浩さんが紹介するのは、言わずと知れたスポーツ漫画の金字塔「キャプテン翼」と「キャプテン」。キャラクターの魅力も熱く語ってくれた。

全国に出たら日向みたいなヤツが…

 自分の人生で最も影響を受けた本と言ったら、漫画になっちゃうけど、間違いなく『キャプテン翼』でしょう。


 今、DAZNでアニメが配信されているから、うちの息子と一緒に見ています。この前、南葛対武蔵(主人公の大空翼の小学生時代の全国大会準決勝)をやっていて、岬(太郎)くんのダイビングヘッドで4-4の同点に追いつくところまで見ました。


 この試合が一番好きかな。三杉(淳)くんがいる武蔵は、小学生なのにオフサイドトラップを駆使するから、ロベルト(本郷)がビックリするんだよね、「この世代で、オフサイドトラップをかけるのか!」って。


 僕らは子どもの頃、リアルタイムで『キャプテン翼』の漫画を読んだり、アニメを見ていた世代。好きなキャラクターはもちろん、岬くん。例えるなら、マグロを生かす醤油やワサビなわけですよ、岬くんは。それって、俺にピッタリでしょ(笑)。

 南葛は島田小や志水FCを倒して静岡県予選を突破して、全国大会で立花兄弟の花輪、三杉くんの武蔵、日向小次郎の明和と対戦するんだけど、俺は藤枝出身だったから、清水がライバルで、全国に出たら日向みたいなヤツがいるんだろうな、って自分に重ね合わせる部分があったよね。以前、作者の高橋陽一先生に会ったとき、「島田も清水(漫画では志水)も出てくるのに、なんで藤枝は出てこないんですか?」って、思わず聞いたこともありましたね(笑)。


 小学生時代、校庭の砂場に鉄棒があったんだけど、その鉄棒を蹴って若島津(健)くんの三角飛びをマネしたり。ヒールリフトとかをやった覚えもある。


 DAZNで今、放送されている『キャプテン翼』は、僕らが子どもの頃に見ていたものとストーリーは同じなんだけど、時代背景を今に合わせているから、携帯電話とかiPadを使っているんだよね。それもビックリしちゃって。俺らの時代には、そんなのなかったぞって(笑)。

キャプテンは監督でもあるんだってこと

 DAZNと言えば、『キャプテン』も放送していて。これも大好きな漫画です。


 主人公の谷口(タカオ)くんは、野球の名門、青葉学院から墨谷二中に転校してくるんだけど、これが下手なんですよ。でも、青葉から来たってだけで周りから尊敬の目で見られちゃう。バッティング練習でも目をつぶって打ったら、奇跡的にホームランになったりして、自分が2軍で補欠だったことを言い出せなくなっちゃう。


 みんなの期待に応えるべく、陰でお父さんと猛特訓して、キャプテンに選ばれるまでに成長していく。そんなストーリー。


 その後、キャプテンは谷口から丸井、イガラシへと引き継がれていくんだけど、このチームには監督がいないんですよ。キャプテンがチームを引っ張り、チームを成長させていく。イガラシの時代を見ていて気づいたのは、キャプテンって監督でもあるんだってこと。そこが自分にリンクした感じはありましたね。


 イガラシ自身、1年生の頃は生意気で自分のことしか考えていないんだけど、2年になって近藤という後輩の面倒を見るようになり、3年でキャプテンになると、立派なリーダーになっていく。そんな成長過程を見るのも面白い。

 今は家にいないといけない時期だけど、本や漫画、映画から学べること、気づけることってたくさんあると思う。ただ、動画やテレビも含めてずっと画面を見ていると目が疲れちゃうから、体を動かす時間も作ってほしいな。家の中でもエクササイズはできるし、サッカーなら、リフティングをしたりして。


 あとは、コロナ禍が終息するときに向けてモチベーションを高く保っていてほしい。サッカーでも、習い事でも、なんでもいいから、目標に向かってやれるかどうか。気がめいってしまうことがあるかもしれないけれど、できるだけ閉鎖感を取っ払って、みんなで明るく頑張っていきましょう。

飯尾篤史
飯尾篤史

東京都生まれ。明治大学を卒業後、編集プロダクションを経て、日本スポーツ企画出版社に入社し、「週刊サッカーダイジェスト」編集部に配属。2012年からフリーランスに転身し、国内外のサッカーシーンを取材する。著書に『黄金の1年 一流Jリーガー19人が明かす分岐点』(ソル・メディア)、『残心 Jリーガー中村憲剛の挑戦と挫折の1700日』(講談社)、構成として岡崎慎司『未到 奇跡の一年』(KKベストセラーズ)などがある。

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント