IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Bリーグ中止決定までの舞台裏
再びバスケを見るために今こそ結束を

CS開催はギリギリまで可能性を探っていた

 新型コロナ問題が拡大する中で、通常の開催はもちろん、無観客の開催も厳しくなっていた。議論はレギュラーシーズン、ポストシーズンの扱いに移っていく。


 Bリーグは経営者と外国籍選手、選手会との話し合いを重ねた。3月23日には新型コロナ問題が発生してから4度目となる実行委員会が開催されている。チェアマンを中心にまず状況の共有が行われ、クラブ側がそれぞれの意見を表明した。


 その時点で、小池百合子東京都知事による外出自粛要請はまだ出ていなかったが、K-1の開催が大きな波紋を呼び、批判も受けていた。プロ野球、Jリーグも直前に4月の後半までは開催を行わない方向性を打ち出していた。


 実行委員会ではレギュラーシーズンの打ち切りについてほとんど異論が出ず、実質的に決定の意向だった。一方でB1のチャンピオンシップに絡む上位クラブは外国籍選手の帰国もなく、公平性を維持して試合が「やれる」体制にあった。


 実行委員会では「終わり方」の重要性を説く経営者もいた。選手や観客の安全は大前提だが、最後にBリーグをしっかり印象づける機会を用意することが、来季以降につながるという主張だ。大河チェアマンもポストシーズン、特にB1チャンピオンシップの開催についてはぎりぎりまで可能性を探り、クラブ側の反応を確かめていた。


 クラブ側の要望として強かったのは「早期の結論」だ。20-21シーズンの開催は9月もしくは10月となる予定だが、早くシーズンが終わればスポンサーへのアプローチにすぐ移ることができる。スモールクラブを中心に次へ切り替えたい、来季以降の準備をしたいという発想を持つ経営者が多かった。

逆風に負けず、来季への準備期間に

インタビューの際に(3月17日に実施)、1月末から感染拡大のリスクを感じていたと語った大河チェアマン。「早期の結論」を出し、来シーズンへ歩み始めた
インタビューの際に(3月17日に実施)、1月末から感染拡大のリスクを感じていたと語った大河チェアマン。「早期の結論」を出し、来シーズンへ歩み始めた【スポーツナビ】

 25日には英語が堪能な古川宏一郎COOを中心に、外国籍選手とのオンラインミーティングが行われた。選手側はやはり安全性の確保に対して懐疑的な意見が多く、PCR検査の実施を求める声も強かった。ポストシーズン開催に理解を示す声はほぼなく、1カ月以上にわたって大会を待つことへの抵抗も強かった。感染の拡大がしばらく続くリスクを想定し、仮に開催するなら今すぐやるべきといった主張も出ていた。


 同日には選手会とのミーティングも再び行われた。実行委員会と同様に外国籍選手の帰国による影響を懸念する声が出た一方で、B2所属でしかもプレータイムの少ない選手の不安感も大河チェアマンに伝えられていた。次の契約を見つけられるか危うい、立場の弱い選手には「コートに立ってアピールしたい」という切迫感がある。経営者、外国籍選手、日本人の有力選手とは違うリスクを彼らは感じている。


 とはいえプレーヤーの総意、社会の安定はポストシーズンを開催する上で欠かせない前提だ。クラブ側、外国籍選手から早期の「答え」も求められていた。社会情勢も26日に出された小池都知事による外出自粛要請、感染ルートが分からない感染者の増加と、ネガティブに振れていた。

 そんな流れの中で27日、Bリーグは今季の終了を決定した。来季に向けた準備期間が取れることは唯一の明るい材料だが、逆風はまだしばらく続くに違いない。外国籍選手の動向によっては、20年秋の新シーズン開幕にも影響が出るだろう。


 16年秋に開幕したBリーグにとって、今が創設以来の危機に違いない。しかしこれでバスケットを愛する人が減るわけではないし、再びアリーナでファンの笑顔が見られる日は必ず来る。リーグと経営者、選手が結束し、全クラブで厳しい環境を乗り越え、再出発をともに迎える――。それこそが今のわれわれが後押しするべき「戦い」だ。

大島和人
大島和人

1976年に神奈川県で出生し、育ちは埼玉。現在は東京都町田市に在住する。早稲田大在学中にテレビ局のリサーチャーとしてスポーツ報道の現場に足を踏み入れ、世界中のスポーツと接する機会を得た。卒業後は損害保険会社、調査会社などの勤務を経て、2010年からライター活動を開始。バスケットボールやサッカー、野球、ラグビー、バレーなどの現場にも小まめに足を運び、試合観戦数は毎年300試合を超える。日本を実はサッカーだけでなくバスケ強国であるスペイン、バレー王国・ブラジルのような球技大国にすることが一生の夢で、“球技ライター”を自称している。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント